波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ジョニー・B・グッドが止まらない(><)!」 ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC

<<   作成日時 : 2011/11/18 00:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

 前回の記事でも触れた、konomiさん率いるめれんげのライヴは、まさにR&Rパーティーというにふさわしい、本当に素敵な素敵なライヴでした。

 オリジナルを中心に、ストーンズあり!ビートルズあり!清志郎あり(><)涙!マディ・ウォーターズあり!チャック・ベリーあり!
 オリジナル曲もカバー曲も、どれもみんなで大合唱(^^)!

 楽しかったなあ…。

 と未だに、その夜のことを引きずってる私(笑)。


 「シャララ」も「ブルースは聴かせないで」も、「ブラウン・シュガー」も「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」も、「ボーイズ」も「Bring It On Home To Me」も「Mojo Workin'」も「トランジスタラジオ」も「Rock Me Baby」も…耳からと言うか、頭からと言うか…心から離れない(><)!!

 それからもう1曲!
 
 そう!

 ジョニー・B・グッドも(><)!!


 ライヴの次の日、何故か(笑)、懐かしの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」なんか見ちゃって(^^;)。
 その中にあるじゃないですか!1955年にタイムスリップしたマイケル・J・フォックスがダンス・パーティーで「ジョニー・B・グッド」を演奏するシーン(^^;)。
 手を怪我してギターを演奏できないメンバー(そのギタリストの代わりに弾いてるのがマイケル)が、「ジョニー・B・グッド」を聴いて、いとこのチャック・ベリー(笑)に電話で聴かせてるっていう笑えるシーン(^^)。(ちなみに、チャック・ベリーが「ジョニー・B・グッド」を発表するのが1957年。芸が細かい!笑)

 「マイケル・J・フォックスもやるじゃないか〜!」 

 なんて思いながら見てたものですから、完全に「ジョニー・B・グッド」にはまっちゃったと言うか(笑)。


 そんな訳で、「ボーイズ」(前回の記事を参照してください(^^)!)の次は、毎日、「ジョニー・B・グッド」(笑)。


 オリジナルのチャック・ベリー。
 ジョニー・ウィンター。
 ジミヘン。
 エアロスミス。
 AC/DC。
 ストレイ・キャッツ。
 エルビス。

 そして、ビートルズ!

 とにかく、自分の持っている「ジョニー・B・グッド」を聴きまくりました(笑)。


 ストーンズのようなブルースを感じることは難しいのですが、初期ビートルズのR&Rも、ストーンズとは違う勢いがあって大好きです(^^)。

 「ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC」に収録されている、ビートルズ版「ジョニー・B・グッド」もなかなかカッコいいんですよ(^^)!



 このアルバムは、ビートルズが積極的にラジオに出演して演奏していた頃(1962年〜1965年)の「BBCラジオ・セッション」の曲を集めたもの。
 なんでも、当時のイギリスではレコードをラジオでかけることが規制されていたため、バンドはラジオ局のスタジオで生演奏をしていたのだとか!!
 そんなビートルズが、BBCに52回出演し、92曲をのべ270回以上演奏した(すごい!)中から厳選された56曲を聴くことができる本作(なんと、56曲中31曲が公式発売されていない曲!しかも、「アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ」と「フロム・アス・トゥ・ユー(フロム・ミートゥ・ユーの替え歌。番組のテーマ曲)」は未発表オリジナル曲!)。

 ストーンズと違ってエルビスのカバーが結構あるなあ…。
 チャック・ベリーの曲はジョンが歌ってて、リトル・リチャードはポールなんだ…。
 オリジナルはもちろん最高だけど、カバー曲もいいなあ…。

 なんて聴きながら、ビートルズのR&Rをこれでもかというくらい堪能できるライブ盤です!

 聴いていてお腹いっぱいになっちゃいそうな程のボリュームですが、若くて瑞々しいビートルズ…しかも未発表音源多数!…の演奏が詰まった貴重な2枚組。


 ちょっとそこのストーンズを聴きまくっているお兄さんにお姉さん!
 たまにはビートルズもいかがですか(>v<)??笑♪
 

「ジョニー・B・グッド」特集(^^)!

ザ・ビートルズ


チャック・ベリー


ジミ・ヘンドリックス


ジョニー・ウィンター


マイケル・J・フォックス 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」


ザ・ビートルズ/ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC (1994)
- DISC 1 -

1. ビートルズ・グリーティングス
2. フロム・アス・トゥ・ユー
3. ライディング・オン・ア・バス
4. アイ・ゴット・ア・ウーマン
5. トゥ・マッチ・モンキー・ビジネス
6. キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー
7. アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ
8. ヤング・ブラッド
9. ア・ショット・オブ・リズム・アンド・ブルース
10. シュアー・トゥ・フォール
11. サム・アザー・ガイ
12. サンキュー・ガール
13. シャ・ラ・ラ・ラ・ラ!
14. ベイビー・イッツ・ユー
15. ザッツ・オール・ライト
16. キャロル
17. ソルジャー・オブ・ラヴ
18. ア・リトル・ライム
19. クララベラ
20. アイム・ゴナ・シット・ライト・ダウン・アンド・クライ
21. クライング,ウェイティング,ホーピング
22. ディア・ワック!
23. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
24. トゥ・ノウ・ハー・イズ・トゥ・ラヴ・ハー
25. 蜜の味
26. ロング・トール・サリー
27. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
28. ザ・ハネムーン・ソング
29. ジョニー・B・グッド
30. メンフィス,テネシー
31. ルシール
32. キャント・バイ・ミー・ラヴ
33. フロム・フラフ・トゥ・ユー
34. ティル・ゼア・ウォズ・ユー

- DISC 2 -
1. クリンスク・ディー・ナイト
2. ア・ハード・デイズ・ナイト
3. バナナをおたべ!
4. 彼氏になりたい
5. ジャスト・ア・ルーマー
6. ロール・オーバー・ベートーヴェン
7. オール・マイ・ラヴィング
8. 今日の誓い
9. シーズ・ア・ウーマン
10. スウィート・リトル・シックスティーン
11. 1822!
12. ロンサム・ティアーズ・イン・マイ・アイズ
13. ナッシン・シェイキン
14. ザ・ヒッピー・ヒッピー・シェイク
15. グラッド・オール・オーヴァー
16. アイ・ジャスト・ドント・アンダースタンド
17. ソー・ハウ・カム
18. アイ・フィール・ファイン
19. アイム・ア・ルーザー
20. みんないい娘
21. ロックン・ロール・ミュージック
22. ティケット・トゥ・ライド(涙の乗車券)
23. ディジー・ミス・リジー
24. メドレー:カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
25. セット・ファイアー・トゥ・ザット・ロット!
26. マッチボックス
27. アイ・フォガット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォゲット
28. グーン・ショウ 大好き!
29. アイ・ゴット・トゥ・ファインド・マイ・ベイビー
30. ウー!マイ・ソウル
31. ウー!マイ・アームズ
32. ドント・エヴァー・チェンジ
33. スロウ・ダウン
34. ハニー・ドント
35. ラヴ・ミー・ドゥ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ひと足先にLIVE後遺症から脱出したkonomiです^^)

予定外の「Jumpin' Jack Flash」が、どーもイマイチだったので
何となくもう1曲〜な感じで始めてしまった「Johnny B Goode」。
つーか最初は「Bye-Bye Johnny」だったんですよね(笑)
急遽で歌詞が飛んでしまったので変更←相変わらずいいかげん
でもあんな感じで終われたので良かったッス。

「BBC LIVE」は音源あるけどほとんど聴く機会ないなぁ。
ルーツがわかって楽しいんですけどね。

でも「サムアザーガイ」は特別。
ガレージなビートルズがたまらない。

ありがとー♪
めれんげkonomi
2011/11/18 08:30
こんにちは!!『Johnny B Goode』は俺らが若い頃は対バン同士の最後のセッションで定番だったものです。最近のバンドはそんなのやれないかな? 先月の15日『子供だましのモンキー・ビジネス』つう記事でチャック・ベリーのカバー・アルバム〔あくまで架空のもの〕てのを書いてみました。一度見てみて!!
ロック仙人TF
2011/11/18 15:47
ビートルズってどんなバンドですか

1日中ミックばかり見てたら〜
もう口がでっかくなっちまった〜
(関係ないけど、トランジスタラジオ♪より)

実はビートルズがすべての始まりでした。アハ
チャックベリーは偉大な人ですね

ハノイさん、早く時代に追いついてくださ〜い
megumick
2011/11/18 22:41
波野井露楠先生様、どうもご無沙汰致しておりました。お元気ですか?

これは懐かしいですね…ジョンの唄う「ジョニー・B・グッド」はスゴくカッコいいんですよね!
そうなんですか…当時イギリスではレコードをかけていけなかったんですか?ラジオでは…。
これって、テープレコーダーに録音すると、レコードが売れなくなるからですかね?(笑)
僕も昔はラジカセによく録音したもんですよ。

で、この二枚組ですが、やはり若々しいですよね。
初期のエネルギッシュな様子が目に浮かびますよ。

「ハリウッドボウル・ライヴ」もCD化してくれないかな〜来年はビートルズのデビュー50周年ですね。
半世紀ですよ…スゴいなぁ〜。来年、何か楽しみですよね!

便所スリッパ
2011/11/19 02:32
チャック、ジミヘン、ジョニー・ウィンターのは 聴いたことあり。
ビートルズのも いい感じ♪
沖縄ポップスでは 「唐船ど〜い」という曲が ラストで盛り上がるんですが それと似てますね(笑)
弾けるというのが ROCKの最大のええところであります!
まり
2011/11/20 10:24
ビートルズの「ジョニー・B・グッド」は初めて聴いたのですが、なかなか良いですね〜! 良い発見でした!ありがとうございます。 私のブログと波野井さんのブログをリンクさせていただきますね。今後とも
よろしくお願いいたします。
ぶらうん佐藤
2011/11/20 11:50
このアルバムは目立たないんだけどオレに取っては重要。
なぜなら。
シーズ・ア・ウーマンってこれまた地味な曲が好きなんだけど、ハリウッドボールともう一枚(名前忘れた。確か日本編集盤)とこれにしか入ってないのよ。

ケイ
2011/11/20 13:59
波野井さん、こんばんは。
ビートルズはこのアルバムが一番かっこいいと思います!
ロックンロールやねぇ!
goldenblue
2011/11/21 01:16
konomiさん!
そうそう!
「Bye-Bye Johnny」からのジョニー・Bでしたね!
カッコよかったです〜(>v<)!!
なかなか後遺症から脱しきれませんよ(笑)。
「サム・アザー・ガイ」も
完全R&Rでカッコいいですよね(^^)!!
波野井露楠
2011/11/23 14:14
ロック仙人さん!
拝見しましたよー(^_^)。
楽しい記事ですね!
架空のトリビュートアルバム!
みんなで考えて披露し合ったらまた楽しいですね(^_^)!
波野井露楠
2011/11/23 14:30
megumickさん!
自分が洋楽聴くきっかけになったのがビートルズだったんですよねえ。それと、サイモン&ガーファンクル(^_^)。

ストーンズはそのあと(^_^;)。
そろそろ天の邪鬼やめようかなって思って、さっきはニッキー・ホプキンスのやつを聴いてました。笑
波野井露楠
2011/11/23 14:36
便所スリッパさん!
自分もたくさん、カセットテープに録音しましたよー!レコードやラジオから(^_^)。
ハリウッドボウルは自分も大好きです。それこそ、レコードなので最近は聴いてないのですが、中学生の頃はヘビーローテーションで聴いていました!
来年は50周年ですか!すごいですねえ…。
波野井露楠
2011/11/23 14:42
まりさん!
「唐船どーい」ですか!今度チェックしてみますね♪。YouTubeで聴けますかねえ(^_^)?
ロックは弾けてこその音楽ですね(^o^)/。
波野井露楠
2011/11/23 14:46
ぶらうん佐藤さん!
ビートルズのジョニー・B!なかなかよいでしょ(>v<)!
ブログ、こちらでもリンクさせていただきました!プロフィール拝見しましたが、同い年なんですね(^_^)!
これからも、よろしくお願いします!♪
波野井露楠
2011/11/23 14:51
ケイさん!
シーズ・ア・ウーマンですか!しぶい(^_^)!
これとハリウッドボウルとかにしか入っていないんですか!そこまでチェックしてなかったです(^_^;)。
そう思うと貴重ですねえ!
波野井露楠
2011/11/23 14:55
goldenblueさん!
ライブしてた頃のビートルズは本当にカッコいいですねえ(^o^)/!
まさにロックンロールですね!
波野井露楠
2011/11/23 14:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ジョニー・B・グッドが止まらない(><)!」 ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる