波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラーメン屋でビートルズを聴いて…『ラバー・ソウル』の思い出」 ザ・ビートルズ/ラバー・ソウル

<<   作成日時 : 2011/11/23 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 ブログ仲間の皆さんがストーンズで大盛り上がりしている中、ひとりビートルズを聴きまくっている天の邪鬼な波野井です(笑)。

 と言うか、本当のことを言うと、意固地になっている訳でもなんでもなく、ただ単にこのところ無性にビートルズが聴きたくなっているだけ(^^;)。まあ、「サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス’78」の注文も、皆さんよりかなり遅れたのでまだ手元に届いてないってのもあるんですけどね(笑)。

 と、まあ…。
 そんな言い訳やら説明やらはどうでもいいことで、今日の話題はビートルズの言わずと知れた名盤「ラバー・ソウル」です!

 先日、職場の近くに新しく出来た味噌ラーメン専門店に行ったのですが、そこが、いつもビートルズばかり店内に流している地元では人気のラーメン店と同系列の店で…、入ってみたら、やっぱりビートルズがずーっと流れてたんです(^^;)。

 こないだまで、R&Rな感じの初期ビートルズを聴きまくっていた私ですが、ラーメン食べながら「言うまでもないけど、ビートルズのオリジナル曲って、やっぱりすごいよなあ…」(←ただ「いい」って言うんじゃなくて、「すごい」って感じる感覚、わかってもらえますでしょうか?)って思った私は、急に「ラバー・ソウル」が聴きたくなって、今週はずっと一人「ラバー・ソウル」ウィークを展開中(笑)。


 私はR&Rなビートルズが大好き!ですから、ビートルズ・ファンという立場だったら、オリジナル・アルバムの中では「プリーズ・プリーズ・ミー」が一番(とか言いながら「マジカル・ミステリー・ツアー」もかなり好き!笑)!
 しかし、美しいメロディのビートルズも好きで、特にジョン・レノンの曲は大好き!ちなみに、ジョンのソロで言うと「マザー」が大好き!そんなジョン・レノン・ファン(R&Rなジョンはもちろん大好きなんですけど、陰の部分を表現したり、繊細な部分が感じられたりするジョンの曲も大好きなんです!汗)という立場だったら、ダントツで一番はこの「ラバー・ソウル」!


 それは何故か…。

 簡単です(^^;)。

 ジョンの歌う、大好きな「ひとりぼっちのあいつ」と「イン・マイ・ライフ」が入っているから(>v<)!

 中学生の時から、この2曲を聴くと胸がキューンとなるんです(^^;)。
 「ああ、ジョン・レノン…いいよなあ…」と、つい、しみじみ…(^^;)。


 で、こんな感じで、本当に久しぶりに「ラバー・ソウル」を聴きまくっているのですが、聴いているうちにいろんな思い出が蘇ってきて、それでまた何となく、ひとりで若い頃を懐かしんだり一人苦笑したりしている私(←人が見たら、完全に変な人。笑)。


 どんな思い出かと言うと…。

 まず、ジャケットのことでは…。
@「教員になって3年目の夏、このアルバムのジャケットを全面にプリントしたTシャツを夏休み中の水泳指導の時に着ていて校長先生に叱られたこと(^^;)」
★ビートルズなら大丈夫かと思ったんですけどダメでした(笑)。ちなみに、そのTシャツは初の海外旅行先のハワイで買いました(^^)。買って20年近くたちますが、今でも現役で着ています(^^)。

A「大学生の時、ジャケットのジョンが着ているのと似ているスウェードのジャケット(ハーフコート?)を着て悦に入っていたこと(^^;)」
★フランス土産で、パリの蚤の市でかなり安く売っていたとか。マクレガーの襟の大きいカッコいいやつでした。いろんなところが傷んでたのですが、修理して随分長いこと着てました。今はもうありません(><)。

 それから、アルバムに入っている曲のことでは…。
@「大学の時、ハノイ・ロックスのコピーバンドなのに、何故か『ドライブ・マイ・カー』をコピーしたこと」
★急に「ビートルズやらない?」ってことになって、「デイ・トリッパー」と一緒にコピーしました。結構カッコよくコピーできた記憶が。証人はいませんが(^^;)。

A「中学の時のクラスのお楽しみ会で、友だちがビートルズの曲だけでイントロクイズをして、自分と担任の先生だけで答えまくったこと」
★今思えば、私もその担任の先生も相当空気を読んでないな…と(^^;)。でも、当時、曲名をほとんど邦題で覚えた私に対して、先生は原題で覚えていて…。「ノルウェーの森」を「ノーウェジアン・ウッド」と言っているのを聞いて、「カッコいいなあ」って思いました(笑)。

B「最初は、フランス語の混じった『ミッシェル』が甘ったるく感じて好きになれなかったこと」
★まあ、今でも似たような気持ちなんですけど、中学生の頃よりは好きになりました(^^;)。

C「中学生の時、リンゴが歌う『消えた恋』の『What goes on〜♪』が『お父さ〜ん』と聞こえたこと」
★完全に自分の耳がおかしいだけなんですけど、「お父さん・イン・ユア・ハート?」「お父さん・イン・ユア・マインド?」と、間違ってると分かっていながら、勝手な訳をして一人で笑ってました(^^;)。

D「中学の時、『ガール』の曲中の息を吸う音や、ティッティッティッティッ…というコーラスのトリビアを知って、ビートルズはエッチだなあ…と思ったこと」
★とってもウブだったので(笑)。息の音は、女の人の体臭を嗅ぐ音を表してるという説の他にも、マリワナを吸っている音を表してるという説もありますが(^^;)汗。「ティッティッティッティッ」については、気になる方は英和辞典で「tit」を引いてみてください(^^;)。

E「中学の時、ラジオで桑田佳祐が『ビートルズの中でイン・マイ・ライフが一番好き』と言っているのを聞いて感動したこと」
★性格が単純なので、「おお!自分の感覚は桑田佳祐と同じなのか!!」と勝手に盛り上がっていました(笑)。



 と、まあ…。
 読んでくださった方にはどうでもいい思い出話をだらだらと書いてしまいましたが(すみません。汗)、とにかく、若い頃はこのアルバムをかなり聴き込んでいて、今でも大好きだってことが言いたかったのです(笑)。


 文章中に出てきてない他の曲もみんな大好きです(^^)。




 と、この2週間ほどの間、久しぶりにビートルズを満喫したので、そろそろストーンズに行こうかなあ…という気分になってきました(^^;)。
 DVD&CDが届いたら、早速ストーンズ・モードに突入したいと思います(笑)。


 あ、ストーンズと言えば…。
 「ラバー・ソウル」というタイトルは、当時、とある黒人ミュージシャンがミック・ジャガーの歌を「プラスティック・ソウル」と揶揄したことを受けて、ポールが考えたのだそうです。
 厳しいことを言う人もいたのですねえ(^^;)。




ひとりぼっちのあいつ



イン・マイ・ライフ




<ROCK>
ザ・ビートルズ/ラバー・ソウル (1965)
- SIDE A -
1. ドライブ・マイ・カー
2. ノルウェーの森
3. ユー・ウォント・シー・ミー
4. ひとりぼっちのあいつ
5. 嘘つき女
6. 愛のことば
7. ミッシェル
- SIDE B -
1. 消えた恋
2. ガール
3. 君はいずこへ
4. イン・マイ・ライフ
5. ウェイト
6. 恋をするなら
7. 浮気娘
画像



※ちなみに、ビートルズが流れる味噌ラーメン専門店の3種類の味噌、制覇しました(笑)!
 一言コメントは、あくまでも私の独断と偏見によるものです…。あしからず。

北海道赤味噌使用 「絶品!」
画像


名古屋八丁味噌(黒味噌)使用 「まあまあ!」
画像


京都白味噌使用 「うーん…。(写真までピンぼけに。汗)」
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井先生、お元気でいらっしゃいますか?
なるほど…ビートルズの曲が主流!?のラーメン店ですか?いやー、凄いです。
私事ですが僕は最近は、ピンク・フロイドが聴くことが多いですね。

さてこの「ラバーソウル」ですが、僕は最初聴いた時はあまりピンとこなかったんですよ。
「リボルバー」や「ホワイトアルバム」の時は非常に衝撃を受けたのですが・・
何か正直インパクトに欠けるのではないか…てな感じでしてね。

しかし二回、三回と何度も何度も聴いていくうちに、良さが解ってきたわけですね。まぁ、スルメイカみたいなもんですわ。(笑)

「ノルウェーの森」、「ザ・ワーズ」、「ガール」など今ではお気に入りのナンバーですからね。
「ラバーソウル」は本当に奥の深い作品だと思いますよ。
ま、ビートルズは全部どれも良いんですがね!(苦笑)
便所スリッパ
2011/11/23 21:33
「ひとりぼっちのあいつ」と「イン・マイ・ライフ」俺もこの2曲に凄くやるせないものを感じます!!
個人的には最近、頭の中で時々「シュッド・ハブ・ノウン・ベター/恋する二人」(ハードデイズナイトの2曲目)のメロディが繰り返し鳴ってて、本気でブルースハープ12本買っちゃおうかなって気になってます。もしそうなったら弾き語りライヴまたやるかも・・・。
ロック仙人TF
2011/11/23 21:52
こんばんわ♪

なんでビートルズのTシャツが だめなんですか??

日本って絶対、おかしい!!!
花マロリン
2011/11/23 21:52
マロリンの次にこんばんは!
共感します!
私も思い出いっぱいのアルバム
きいてきいて!
中2の時いじめが流行ってて、私、学級委員(笑)
やってたせいか、何故か「先生にちくった」などと
意味不明なこと言われて無視されるという幼稚ないじめにあったんだけど、藤井君は無視するどころか「コレ聴いてごらん」ってこのアルバムかしてくれました。
どう?いい話でしょ(笑)
という訳で、それ以降ラバーソウル大好きです。
このエピソードに関係なく好きなアルバムだった。

ビートルズが駄目なんてナンセンスな校長ね
父はビートルズが大好きでしたよ
megumick
2011/11/23 22:27
俺も大好きです、このアルバム。
3枚選んでも入らないかもしれないけど5枚なら入ります、間違いなく。
俺の場合、「ひとりぼっちのあいつ」、「イン・マイ・ライフ」に「ガール」も加えますね、ジョンの曲。
ちなみに俺もひょっとするとビートルズで一番かな?
「イン・マイ・ライフ」
LA MOSCA
2011/11/24 21:32
リボルバー、僕も好きですよ。
でも、先生の思い出話の方がずっと好き。
誰でもアルバムや曲に対して、思い出があるものです。そういう話を聞くのが僕は一番好きですね。

それから、ラーメン屋も興味津々。でも、曲が気になってしょうがないんじゃないの?
土佐のオヤジ
2011/11/24 22:25
ビートルズのアルバムで一番好きです。
その2曲は好きなんて言わなくてもいいくらい好きです。要するに主食。

でも地味な『愛のことば』(邦題にしてみた)も好き。

イン・マイ・ライフはねー、友人の結婚披露宴のときの最後に流れたんですよー。ずるいよねー。
お色直しはウーマン。ずるいよねー。

ケイ
2011/11/25 13:59
ビートルズの中で一番好きな曲が「イン・マイ・ライフ」
今の時期なら「ノルウェイの森」がええけど、「ノルウェイの家具」というのが味気ないから森にしたようですね。
「ガール」もビートルズならではの 切なさがある。
私もビートルズやストーンズを 素直に追いかける気がしなくてグラム・ロックから入りましたからね(^_^.)
まり
2011/11/26 20:36
便所スリッパさん!
ピンク・フロイドですか!!
プログレは疎くって…。
完全に未開拓分野です(^^;)。
ラバーソウルは、確かに物凄くインパクトがあるって感じじゃないかもしれませんね。
でも、琴線に触れるって言うか…
好きなんですよねえ(^^)!
「ザ・ワーズ」…大人っぽくてカッコいいですよね!
波野井露楠
2011/11/27 20:59
ロック仙人さん!
相変わらず渋いですねえ(^^)!!
ブルース・ハープ12本!!
すごい!自分は2本しか持ってないです(^^;)。
弾き語りライヴ、
カッコいいんだろうなあ(>v<)!!
波野井露楠
2011/11/27 21:02
花マロリンさん!
昨日の土曜日は、モッズの赤と青の丸いマークのTシャツに紺のジャケット着て、学区のお祭りに行こうとしたら、ものすごく怒られました(@@:)。襟付きネクタイが基本みたいです。休みの日でも。
つらい…。
波野井露楠
2011/11/27 21:13
megumickさん!
ホントにいい話!!
藤井君、カッコいい(>v<)!!
自分もそういう男になりたいです(^^)。
て言うか、いじめは嫌ですね(@@;)。
自分、毎年、いじめだけは許さないクラス本気で目指して取り組んでいます(><)!
それから、
お父さん、素敵な校長先生ですね(^^)!!
波野井露楠
2011/11/27 22:13
こんなにたくさんの方にとって特別な思い出のあるアルバムって、他にないんじゃないですかね〜*^^*
私も、一番思い入れあります…「ひとりぼっちのあいつ」はとくに好き。
中学生のとき、『一週間で弾けるビートルズ』という教本を見ながら、兄のアコギを借りて「ミッシェル」と「ガール」の練習したのも思い出します^^;
あ、ラーメン屋、気になってたので今度行ってみます♪まずは赤味噌試してみまーすw
りんりん
2011/11/29 23:38
LA MOSCAさん!
「ガール」の気怠い雰囲気もいいですよね〜!
「イン・マイ・ライフ」は曲も歌詞もいいのですが、
ジョージ・マーティンのチェンバロ風ピアノの
メロディがたまらなく好きなんです(^^)!!
波野井露楠
2011/12/03 06:54
土佐のオヤジさん!
くだらない思い出話につきあってくださり
ありがとうございます(^^;)!!
ホント、アルバムごとに思い出ってありますよね。
あと、ある曲を聴くと思い浮かぶ
場所や場面とか(^^;)!
ラーメン屋のBGMは仰る通り、
毎回気になってしまっています(^^;)。
波野井露楠
2011/12/03 06:57
ケイさん!
「愛の言葉」はすごく大人の雰囲気で
中学生の頃、「カッコいいなあ」って
思いながら聴いていた覚えがあります(^^)。
今聴いてももちろんカッコいいですけどね!!
「イン・マイ・ライフ」と「ウーマン」がかかる披露宴って、確かにずるいですねえ〜(^^;)!!
カッコいい(^^;)!!
波野井露楠
2011/12/03 07:07
まりさん!
村上春樹も誤訳と承知の上で
あの小説の題名は『ノルウェーの森』と
したそうですね(^^;)。
まあ、「ノルウェーの家具」よりも「ノルウェーの森」の方が雰囲気出ますしね(^^;)。
やっぱり「イン・マイ・ライフ」ですよねえ!
と言うか、「イン・マイ・ライフ」が一番好きという人が多くてびっくりしました(^^)。
波野井露楠
2011/12/03 10:00
りんりんさん!
おはようございます。
中学生の時にアコギで「ミッシェル」と「ガール」!
カッコいいんですねえ(>v<)!
今度生で聴かせてもらいたです(^^)!!
ラーメン屋、赤味噌がおすすめです!
もう行きました(^^)?
波野井露楠
2011/12/03 10:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ラーメン屋でビートルズを聴いて…『ラバー・ソウル』の思い出」 ザ・ビートルズ/ラバー・ソウル 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる