波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「秘密」 E.C. AND S.W./LIVE FROM MADISON SQUARE GARDEN

<<   作成日時 : 2011/12/29 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

 遅ればせながら、今月の頭に武道館で観てきたクラプトン&ウィンウッドのライブについてご報告させていただきます。
 と、その前に、皆さん、少々お耳を拝借(^^;)。ちょっと、聞いて欲しいことがあるんです(^^;)。


 皆さん、突然ですが、金子みすゞの「つゆ」という詩を知っていますか?
 花びらの上に見つけた朝露を涙に例えた詩で、「花が泣いたことを蜂のために秘密にしておいてあげましょう」という、何とも心優しい詩です。


   つゆ   金子みすゞ

 誰にもいわずにおきましょう。

 朝のお庭のすみっこで
 花がほろりとないたこと。

 もしもうわさがひろがって
 はちのお耳へはいったら
  
 わるいことでもしたように
 みつをかえしにゆくでしょう。




 さて、それでは…ここで、私の秘密をカミングアウトいたしましょう。


   チケット   波野井露楠

 誰にもいわずにおきましょう。

 コンサートの日にちを間違えて
 波野井露楠が泣いたこと。

 もしもうわさがひろまって
 誰かのお耳へはいったら

 まるで破産でもしたように
 責められまくってしまうでしょう。




 そうなんです!
 先月、楽しみにしていたクラプトン&ウィンウッドの横浜アリーナ…1週間日にちを間違えてしまって、チケットを無駄にしてしまったんです(><)。2枚分(@@;)。

 あまりにも忙しかったのと、自分がそそっかしいのと…様々な理由が考えられますが、結論といたしましては、とにかく、チケット2枚がパーになってしまったと…(^^;)。
 もちろん、家の者には秘密にしましたよ(^^;)。

 痛かった(><)。

 でもですねえ…。

 一緒に行く予定だった校長先生(勤務校の校長先生ではありません!笑)にも申し訳ないし、自分も行きたかったので12月10日の最終公演(追加公演)のチケットを取り直したんです。実は、12月3日にも武道館公演に別の人と行く予定があったのですが(^^;)。


 という訳で、今回、12月3日、10日と2週間連続でクラプトン&ウィンウッドを武道館で観られるという幸運(!?)が訪れたのでした(^^;)。


 いやあ…本当に痛かったです、2万4千円(><)。


 でも…それでも、2回観に行けてよかったです。
 セットリストが全く同じでしたが(>v<;)!!笑

 
 1回目は、初めて観る生スティーヴ・ウィンウッドと絶対に演るだろうブラインド・フェイスの曲を思ってワクワクし、初めて生で聴いたトラフィックの曲、デイヴ・スペンサー・グループの「ギミ・サム・ラヴィン」に大興奮し…。
 2回目は、1回目のセットリストを思い出しながら落ち着いて聴くことができ…それでも、1週間前より断然に高くなっているクラプトンのテンションにドキドキし…(^^)。

 それぞれのよさがあって、それぞれのライブを堪能することができました。


 で、そのセットリストは以下の通り。(両日、全く同じ(^^;)!)
1. Had to Cry Today (Blind Faith)
2. Low Down (J.J. Cale)
3. After Midnight (J.J. Cale)
4. Presence of the Lord (Blind Faith)
5. Glad (Traffic)
6. Well All Right (Buddy Holly)
7. Hoochie Coochie Man (Muddy Waters)
8. While You See a Chance (Steve Winwood)
9. Key to the Highway (Big Bill Broonzy)
10. Pearly Queen (Traffic)
11. Crossroads (Robert Johnson)
12. Georgia on My Mind (Hoagy Carmichael)
13. Driftin' (Johnny Moore's Three Blazers)
14. That's No Way to Get Along (Robert Wilkins)
15. Wonderful Tonight (Eric Clapton)
16. Can't Find My Way Home (Blind Faith)
17. Gimme Some Lovin' (The Spencer Davis Group)
18. Voodoo Chile (Jimi Hendrix)
---アンコール---
19. Dear Mr.Fantasy (Traffic)
20. Cocaine (J.J. Cale)


 いつもより、控えめなクラプトンがウィンウッドとの共演をしっかりと支えている感じがひしひしと伝わってきた今回の公演。
 マデソン・スクエア・ガーデンの時と一緒で、1曲目からブラインド・フェイス!!
 予想通りでしたが、イントロが始まった瞬間に大盛り上がり!!…ただ、周りの人、と言うか会場全体のほとんどは座ったままでしたが…あ、私も周りの落ち着いた雰囲気に合わせて座ったままでいました(^^;)。

 どちらも、観客が一番盛り上がったのが「ワンダフル・トゥナイト」だったというのが、私としては「ああ、なるほどね」と思いながらも、ちょっと違和感だったのですが(でも、まあ…クラプトンの代表曲だし、いい曲ですからね(^^;)。)、最初から最後まで温かい感じの最高のライブでした。(全体的にまったりとした緩い感じで、でも、押さえるところはびっしと押さえてるのが気持ちよくてカッコよかったです。)

 個人的には、クラプトンがメインの曲の中では、クラプトンのアコギが炸裂したブルース・ナンバー「ドリフティン」が一番よかったかなあ…。それまで、淡々と演奏していたクラプトンが、水を得た魚のようにアコギを弾きまくり、力を込めて歌う様子には、物凄くしびれました!クラプトン、嬉しそうだったし(^^)。

 あとは…、やっぱり、ブラインド・フェイスの曲たちと、「ギミ・サム・ラヴィン」が聴けたことが嬉しかったですねえ。トラフィックの「Mr.ファンタジー」も!

 お互いの曲のボーカルやギターを分け合って演奏してるのも、「おお!」って感じでよかったなあ!ウィンウッドが歌う「クロスロード」とか(^^)!
 「Mr.ファンタジー」のラストで、マディソン・スクエア・ガーデン同様に二人がギター・ソロの掛け合いをするところも滅茶苦茶カッコよかったなあ(>v<)!!
 ちょっとまったりした「コカイン」もよかったし。(キーボードのクリス・ステイントンが、キーボードでコードを乱れ打ちしたあとに「コケイン!!」って終わる終わり方もよかったです。←これもマディソン・スクエア・ガーデン・バージョン!)




 今、2008年の二人の再共演ライブ「LIVE FROM MADISON SQUARE GARDEN」を聴いているのですが、曲がかなり被っているので、聴いてると今回の来日公演を聴いているような気になって、すごく気持ちいいです(笑)。

 バックのメンバーは、ベースがウィリー・ウィークスで、キーボードがクリス・ステイントンで、ドラムがイラントーマス(今回の来日公演では、ドラムがスティーヴ・ガッド!)。鉄壁の布陣(^^)。

 クラプトンもカッコいいんですけど、60歳を超えているとは思えないウィンウッドの声のはつらつさとギターの上手さ(鍵盤は言わずもがな、です(^^)!)、リズム隊の安定感、クリスのウィンウッドに負けないくらいカッコいいキーボードを再認識させられる名盤です。

 クラプトンとウィンウッドのキャリアの全時代からの曲を楽しむことができますしね(^^)。




 さてと、今日は年休だったのですが、お呼びがかかったのでこの後、出勤してきまーす…。


<ROCK>
ERIC CLAPTON AND STEVE WINWOOD
/LIVE FROM MADISON SQUARE GARDEN 
(2009)

- DISC1 -
1. Had To Cry Today
2. Low Down
3. Them Changes
4. Forever Man
5. Sleeping In The Ground
6. Presence Of The Lord
7. Glad
8. Well All Right
9. Double Trouble
10. Pearly Queen
11. Tell The Truth
12. "No Face, No Name, No Number"
- DISC2 -
1. After Midnight
2. Split Decision
3. Rambling On My Mind
4. Georgia On My Mind
5. Little Wing
6. Voodoo Chile
7. Can't Find My Way Home
8. Dear Mr. Fantasy
9. Cocaine
画像





THE DIG Special Edition エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック・エンタテイメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE DIG Special Edition エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド (シンコー・ミュージックMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン
ワーナーミュージック・ジャパン
エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
それは痛かったですね〜・・・。
僕は10月に仕事中、結婚指輪を紛失してしまい、
先日 新しい指輪(もちろんペアです)を買いまして
数十万出費・・・(トホホです)
クラプトン&ウィンウッド、観に行きたかったなぁ。
羨ましいです。
アルバム購入して少しでも雰井気を味わおうかな。
ぶらうん佐藤
2011/12/29 18:52
初めて見たウィンウッドは本当に良かったですね。
久しぶりにクラプトンの気合の入ったアコギも聞けたし。
それにしても観客はおとなしかったですね。 アンコールまで立つ人がほとんどいなかったのには驚きです。
翌日は車でマディソン・スクエア・ガーデンのDVDを見ながら、前日のライブの感激を味わっていました。
ひぐらし
2011/12/29 21:53
チケット2枚、痛かったですね
僕は、ヨメと2人で、1発目の横浜アリーナを観ました。最初はWinwoodさんの調子がイマイチかな、なんて印象がありましたが、中盤から終盤にかけては、バッチリ。衰えないソウルフルな声を聴かせてくれました。
Presense of the Lord, Well All Right, Key to the Highway, Gorgea on My Mindなどなど、流石! そんなどれもこれも素晴らしい中でも特に、Gimme Some Lovin'は良かったな〜
substitute
2011/12/29 22:04
あ〜 そういう秘密だったのね
そりゃ 落ち込みますわ
そやけど ライヴの値打ちは それぐらい払ってもおつりがくる内容でしたね。
金子みすゞの詩は知らなかったけど やさしくて いじらしい詩ですねえ・・・
まり
2011/12/29 22:29
ハノイさ〜ん、こんばんは!
今日の面白かったです。100点です。
あっ、ごめんなさい!金子みすゞのかえ詩のところが面白いってことですよ(笑)

失敗しちゃった事は残念だけど、好きなライブを2回も観られるなんてラッキー!ってポジティブに考えるのっていいと思います。

私、代わりに行きたかったなぁ〜本気で。
megumick
2011/12/30 22:32
今となっては笑い話に出来ても、
その時はマンガの吹き出しみたいな
「ガーン!」って文字が頭に突き刺さっていたんでしょうね。
でも、ライブは良かったみたいだし、結果オーライってことで。
24000円で時々使える笑い話を買ったと思えば、少し気が楽になったりして。
Okada
2011/12/30 23:11
波野井さん、俺にチケット譲ってくれたらよかったのに!!半額で・・・なんつって。見に行けなかったから俺は「マジソン」のDVDで我慢してたよ。しかし、波野井さんはマジ損しましたね。マジソンだけにねぇッて・・・ヘタクソでしたね。お後がよろしいようで(笑)
ロック仙人TF
2011/12/31 02:19
波野井さん、こんにちは♪
そしてお久しぶりです!
随分とご無沙汰してしまって(^^;

武道館最終公演、僕も行きました!
凄く良かったですね(^o^)/
クラプトンもギンギンに弾きまくっていたし、ウィンウッドが観れたのが何よりも嬉しかった〜。

それにしても、チケット2枚もったいなかったですね(>_<)!
HIRO@世捨て人
2011/12/31 11:12
僕の友達が大阪に行ったんですが
一番盛り上がったのはやっぱり「ワンダフル〜」だったみたいです(笑)

2回も見れてスゴイなぁ。
めれんげkonomi
2011/12/31 15:37
波野井さん、こんばんは。
大散財でしたねえ〜。
自分も予約していた新幹線に乗り遅れて2万円無駄にしたことがあります。

それはそうと、素晴らしいライブだったようで良かったですね!
来年は拙ブログもブルースと行きますか!
あ、ブラインドフェイスはサイケでしたっけ?

来年もよろしくお願いします!







たく
2011/12/31 23:39
それはショックでしたね。
でも会場に到着して
チケットがなかったらもっと青くなったかも・・・

こんな出来事が
さらに印象深いコンサートにしてくれましたね。

来年は良い年になってほしいです。

良いお年を〜☆
canguru
2011/12/31 23:46
ぶらうん佐藤さん!
数十万の指輪は痛いですねえ!!
チケット代が小さく感じます(^^;)。
ライブ、よかったですよ〜!
それからこのCDも。
DVDだとなおいいですよ〜(^^)♪
波野井露楠
2012/01/01 21:16
ひぐらしさん!
本当に観客は上品な人が多かったですね!
10日の時は、斜め前のご婦人がスーパードライとあたりめをやりながら観ていて、その臭いに辟易としてしまいましたが(^^;)。
それにしてもいいライブでしたね!!
DVD、自分も見返しちゃいました(^^)!
波野井露楠
2012/01/01 21:19
substituteさん!
横浜初日ということは、まさに私が行き損なったライブですね(^^;)。
ウィンウッドが観られたのは本当によかったですよね〜!
「ギミ・サム・ラヴィン」、最高でした(^^)!!
痛い出費でしたが、気持ち切り替えて楽しめたのでよかったです(^^;)。
波野井露楠
2012/01/01 21:24
まりさん!
はいっ。こういう秘密だったんです(笑)。
かなり痛かったですが、
まあ自業自得なので…諦めて
楽しんできました(^^;)。

金子みすゞの詩は「いかにも」な感じもするのですが、そんな邪心を打ち消すくらいの
優しさと温かさがあります(^^;)。
いいですよねえ(^^)。
波野井露楠
2012/01/01 21:43
megumickさん!
やったぁー!!
100点もらっちゃったー(>v<)!!
どんなことでも100点もらえるって
嬉しいですねえ(^^)!笑
最近、褒められること少ないから特に(笑)。

ところで、megumickさん。
代わりに行きたかったっていうのは、
自分の代わりに校長先生と二人で行きたかったってこと!?(^^;)笑
波野井露楠
2012/01/01 21:50
Okadaさん!
そうなんですよお…。
本当は「ガーン」っていう固まりがたくさん頭を直撃しました(^^;)。
まじめに落ち込みましたもん。
金額もそうなんですけど、
大事なコンサートの日にちを間違えるくらい追い込まれてる自分に(><)。

でも、やっと笑って話せるまでに
なりました(^^;)。
ちょっと高い買い物でしたが(^^;)。
波野井露楠
2012/01/01 21:50
ロック仙人さん!
す、すごい洒落ですね(^^;)笑
思いつきませんでした、自分(^^;)!!
確かにマジ損だったんですけど、
お陰で最終日の盛り上がりを体験できたということで…前向きにいこうと思います(^^;)。

DVDもかなりいいですよね!!
波野井露楠
2012/01/01 21:53
HIROさん!
お久しぶりです(^^)。
お帰りなさーい(>v<)!!

連絡取り合ってれば、またお会いできてたんですねえ。
残念(><)。

また次の機会にはお会いしたいです(^^)!!

チケットのことは、やっと笑って話せるようになりました(^^;)。
波野井露楠
2012/01/01 21:56
めれんげkonomiさん!
い、いや…。
全然すごくないです(^^;)。
自分がぼけてただけで(><)。涙

あれから、ずっと小遣いは節約節約の毎日です(苦笑)。

ところで、「ワンダフル・トゥナイト」、やっぱり人気なんですね(^^;)。
波野井露楠
2012/01/01 21:59
たくさん!
どうもです〜(^^)。
新幹線のチケットも痛いですね(^^;)!!

けっこう、痛い思いをされてる方って意外といるんですね(^^;)。

自分の場合は完全な自分のミスなので、これからは本当に気をつけます(^^;)。

たくさん、新年はブルースで
ぶっ飛ばしましょう(^^)!!
波野井露楠
2012/01/01 22:01
canguruさん!
いやあ、ホントそうですね!!
会場着いてチケットなかったら…。
本気で青くなります。

自分、未遂がすでに2回ありますから(^^;)。

以後、本当に気をつけます(^^;)。

今年は(も)お互い、いい年にしたいですね!
波野井露楠
2012/01/01 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「秘密」 E.C. AND S.W./LIVE FROM MADISON SQUARE GARDEN 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる