波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「仙台で…ケイさん!ボ・ディドリー!青葉城!」  ボ・ディドリー/ホウェア・イット・オール・ビガン

<<   作成日時 : 2012/07/26 06:45   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 焼酎お見舞いお見舞い申し上げます。
 あ…本気で打ち間違い(@@;)。

 改めまして…暑中お見舞い申し上げます。

 毎日、暑いですねえ。

 でも、現在、朝の4:50。
 網戸から入ってくる朝の空気が冷たくて気持ちいいです(^^)。
 この涼しさが昼間も続けばいいのに(^^;)。


 なーんて。
 夏は、やっぱり暑いもの!
 夏が涼しかったら、農業とか海水浴場とか…いろんなこと、いろんなところが大変なことになってしまいますからね(汗)。


 多少の暑さは我慢しましょう!

 とは言うものの…。
 昨日の午後の水泳指導の際にプールサイドで測った気温は、日陰でも37℃!(ちなみに午前中は、エアコンのない教室で保護者面談。保護者の皆様も大変です(^^;)。)

 今日も、熱中症に気をつけて、一日頑張ります(^^)。



 と、前置きが長くなりましたが、今月は楽しいこと、嬉しいことがたくさんありました。

 その中の一つが、ブログ仲間のケイさんとの初対面!!!

 先日、職場の研修旅行で仙台を訪れた際、ケイさんが私の泊まっていた作並温泉というところにわざわざ来てくれたんです(><)!
 家から車で50分もかけて!
 しかも、「いやあ、たいした距離じゃないよ〜」…なんて、軽く言いながら(><)。

 前日に、突然連絡入れたにも関わらず。
 もう、感激(><)!!!


 初めて会ったケイさんは、ブログでのイメージ通り、気さくで男気に溢れた「アニキ」って感じの人でした(^^)。
 歳は同じですが、学年が一つ上、ということで(笑)。

 なんか、全身からロケンローのオーラが出ていて、カッコよかったなあ(^^)。
 本当は深いこと考えてるのに、敢えてそれは表に出さないっていうか…、そういう渋いところも、カッコいいし。
 そういうところ、見習いたいなあ…なんて。短い時間でしたが、一緒に話したり笑ったりしながら、思わず思っちゃいました(^^)。

 そんな、ケイさんは、自分が新幹線で帰る前にも仙台駅まで来てくれて(ケイさんのブログの、あの自転車で!)、いろいろ案内してくれたんです。
 奥さんお薦めの仙台銘菓のお店とか(ご馳走様でした!超おいしかった!もう、「仙台土産=○○の月」ってイメージは捨てます!笑)、ケイさんがいつも行ってる飲み屋さんとか(まだ開いてませんでしたが)。

 で、最後は駅中(?)の牛タン屋さんで、昼食。

 東京と仙台の牛タンの違いについて教えてもらいながら(本場の牛タンは、超おいしかったです!)、音楽の話を中心に盛り上がり…。
 なんか、もう…自分なんかは勝手に旧知の仲みたいな気分になっちゃいました。だって、全然、初めて会ったって感じがしないんですよ(^^;)。…ケイさん、すみません(^^;)。

 レッチリのこと、ヴィンテージ・トラブルのこと、ケイさんお薦めのジャイロ・キャプテンやヘヴンスタンプのこと…お互いのこと…。いろいろ話せて、楽しかったです。
 忙しいスケジュールをなんとかやり繰りしてくれたケイさんに感謝です。

 次は、プライベートで仙台を訪れて、もっともっとじっくりと過ごしたいです(^^)。

 ケイさん、本当にありがとうございました!
 (ジャイロ・キャプテン、最高です(>v<)!)




 と、もうこの最高の思い出を思い出すだけで、酷暑の毎日を前向きな気持ちで乗り切れちゃいそうな気持ちになるのですが、そんな気持ちをさらに後押ししてくれちゃうのが、これから紹介する1枚。

 ボ・ディドリーの72年の作品「ホウェア・イット・オール・ビガン」です。

 実は、今回の仙台旅行、これをiPodで聴きながら、仙台市内を散策したんです。

 理由は省略しますが、仙台駅から青葉城までひとりで歩いたり(遠かった〜。笑)、駅前をレコード屋を探して彷徨ったり(笑)。
 今、こうして聴いてるだけで、あの涼しかった仙台の街を思い出します。


 アルバムの音は、全然涼しくありませんが(笑)。



 と、ここで時間切れ(@@;)。(気づけば、もう6:30!汗)
 仕事、遅刻しちゃうので、続きは帰ってきてから書きます。
 
 ごめんなさーい(><)。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ただいま、帰りました〜(^^;)。
 夜の10:00です。


 えー。
 アルバムの話に戻ります(^^;)。


 そうそう…涼しかった仙台の街を思い出しますが、このアルバムの音は全然涼しくないって話です(笑)。

 なんてったって、キング・オブ・ロケンロー!
 もう、熱い!熱い!
 (ジャケットもかなり熱い感じ(^^;)!カラフルでポップで怪しい感じが「So Good」!しかも、仕様はポップ・アップ風!)

 さすが、ジャングル・ビートのボーおじさんのアルバム!

 ただ、ジャングル・ビートが聴けるのは1曲目の「アイヴ・ハド・イット・ハード」のみで(^^;)、あとはひたすらファンキー&グルーヴィーというレア感満載のアルバム!!

 プロデュースはR&B界のゴッド・ファーザー、ジョニー・オーティス(と、ピート・ウェルディング)。初期のボ・ディドリーとはまた違った魅力を持ったアルバムになっています。

 ドアーズのようなトリップ感と、JBのようなファンキーさと、ジミヘンのようなサイケな感じが同居した音と言いましょうか…。
 思わずトランスしちゃいそうになる気持ちよさ(←危ないですか?笑)。

 女性コーラスもまたいい味出してて、そのゴージャスな感じもよいんです!

 4曲目の「ア・グッド・シング」や5曲目の「バッド・トリップ、」ラストの「ボ・ディドリー・アイティス」なんかは、自分的にはかなりグッときます。
 特に、「ボ・ディドリー・アイティス」のジャム・セッションな感じのぶっ飛び具合は半端じゃありません。迫力のハンドクラップにノリノリのコール&レスポンス、うねるベース、リズムを刻むドラムとタンバリン、弾きまくりのボ・ディドリーのギターソロ…最高です!!

 ちなみに、1曲目の「アイヴ・ハド・イット・ハード」では、ジョニー・オーティスがドラムを叩いています!
 (ジョニー・オーティスは、今年の1月に90歳で永眠(><)。合掌)



バッド・トリップ 
 

ボ・ディドリー・アイティス


<R&B>
ボ・ディドリー/ホウェア・イット・オール・ビガン (1972) 
1. アイヴ・ハド・イット・ハード
2. ウーマン
3. ルック・アット・グランマ
4. ア・グッド・シング
5. バッド・トリップ
6. ヘイ・ジェローム
7. インファチュエイション
8. テイク・イット・オール・オフ
9. ボ・ディドリー・アイティス
画像

 


<仙台旅行メモリアル(^^)!>
今回の旅行では、松島にも行きました。
遊覧船を追いかけてくるカモメがすごかった(汗)。
船内で売られている「かっぱえびせん」を、観光客が空にかざすと、カモメが直接パクッ!
自分なんか、口でえびせんをくわえて、口移しであげました。すごいスリルでした(バカ!笑)。
松島を眺めるのも忘れ、50分間、カモメにえびせんを与え続けてしまいました(大バカ!笑)。
画像



ケイさんでーす!
本当にありがとうございました!!
また、絶対に会いましょう!!!
画像



伊達政宗像はカッコよかったです。
今度、小説を読んでみよーっと。
画像



本場の牛タン。
この分厚さ!!超美味!!!
本場は、とろろ付き。本当は、さらに白米ではなく麦飯が付くそうです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
面談、プール…お疲れ様です(*_*)

初めてコメントしま〜す!

スマホのバッテリーがピンチになりそうですが、今日もブログを楽しませていただきます(*^▽^*)

職員旅行、楽しかったですね!(^^)!

遊覧船での鳥と戯れる少年たちが、素敵でした!(^^)!

温泉も食事も良かったです。
エソラ
2012/07/26 07:58
エソラさん!
はじめまして(≧▽≦)!
もうコメント入っててびっくりしました(^^)!
ありがとうございます(>_<)ゞ。

旅行あとの面談&水泳はヘヴィですが、頑張りましょう(@_@)!

おいらもバッテリーが心配です(^^;)。
波野井露楠
2012/07/26 08:08
お!どーも!(笑)
いやー、色々連れ回して申し訳ない!

でも本当にあれだね、久しぶりに会った感じだった(笑)

また今度!
ケイ
2012/07/26 16:12
ケイさん!
とーんでもない!!!
本当にありがとうございました(>_<)ゞ!
なんか、ずっと友だちだった気になっちゃってます(^^;)。
絶対、また会いましょうね(>_<)♪!
波野井露楠
2012/07/27 09:08
ケイさんとのツーショットは 若者同士って感じです。

ボ・ディドリーって 昔っから この音楽なんなのと衝撃を受けたもんですが これも そんな感じですねえ。

黒人音楽聴くと 我々日本人の音楽は まだまだそうとう遅れてるぞと 深く感じますねえ!
まり
2012/07/29 14:32
まりさん!
いやあ、ケイさん…若かったです(^^)!
アニキです(^^)。

ボ・ディドリーの音楽は
本当に衝撃ですね(^^)!
しかも、いろいろ聴くと
また奥が深くて。。。

もっとアルバムたくさん聴いてみたいです(^^)/♪
波野井露楠
2012/07/31 05:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「仙台で…ケイさん!ボ・ディドリー!青葉城!」  ボ・ディドリー/ホウェア・イット・オール・ビガン 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる