波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ゆる〜く…でも、ぶれずにとんがってる人たち」 THE PRIVATES/SPEAK EASY

<<   作成日時 : 2012/08/17 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

 皆様、残暑お見舞い申し上げます。

 相変わらず暑い日が続きますね。

 今日は、午前と午後にそれぞれ違った講演会があったのですが、両方とも役員として関わり、充実した一日を過ごしてまいりました(^^)。


 毎日の暑さに加え、残暑見舞い代わりのボスからのプレッシャーメール(ボスなりの愛情だと思うことにしました)の連続攻撃(^^;)にもめげず、前向きに行こうと心に決めた波野井です。


 で、そんな今日この頃…毎日、車で聴いているのが、日本のロックバンド、ザ・プライベーツのメジャー3枚目「SPEAK EASY」です。


 プライベーツは、80年代の終わりに結構TVにも出て活躍していたバンドで、自分の中ではスライダーズやシェイディ・ドールズなんかと同じ位置にいるバンドなんです。

 ただ、当時は、スライダーズやシェイディなんかと比べると、「ちょっと、とんがり具合が足りないかな?」…なんて、失礼なことを思ったりしたこともあって、超お気に入りのバンドという訳ではなかったんです(すみません(><)!)。

 でも、「気まぐれロメオ」は本当に大好きで、「わあ、今の(当時、80年代終わり)日本にはいないバンドだなあ。ルーズだけど明るさもあって、なんか気持ちいい曲だなあ!」…なんて思ったものでした。

 スライダーズとはまた違った迫り方でストーンズに迫っているというか…。

 特に、ピアノがすごくよかったんです。
 …キーボードの吉田さんは、途中でバンドを脱退してしまいましたが(><)。


「手を伸ばせばそこに/うまい話はあるけれど/No No No…/しらけたふりして見過ごすさ」…なんて歌詞も最高にクールで!(こういうスタンスに憧れちゃうんですよねえ(^^;)!)

 その他の歌詞も、結構自分にオーバーラップしたりして(><;)。

 ゆるいんだけど、確実にとんがってる!
 そういう空気というか、そういう音を出せるバンドって、そうそういないと思うんですよ!!


 「気まぐれロメオ」が好きすぎて買ってしまった、このアルバムなんですけど、聴いてみたら「気まぐれロメオ」以外の曲もカッコよかったんですよねえ…!


 ストーンズ色の曲のR&Rはもちろん、レゲエやニュー・オリンズの感じを取り入れた曲もあって…。


 ボ・ガンボスのどんとの追悼ライブに、プライベーツの延原さんが出演してたり(野音で見ました!)、延原さんの息子のレイジ君(現、OKAMOTO’Sのドラマー。小さい頃は、子役として「あっぱれ(やっぱり?)さんま大先生」に出演(^^;)!)とどんとの息子のラキタが一緒にバンドを組んでいたことがあったり…なんていうのも、納得できたりします。


 ちょっと、話が横道に逸れましたが(^^;)、いいですよ!「SPEAK EASY」。


 ちょっとお気楽に見せかけておいて、芯の部分はとんがっていて…そういうところは、昔も今も全然ぶれていなくって…!

 マイペースでとんがってるって言うか(^^;)。
 そういう感じ、見習いたいです(^^)。

 途中、いろいろありましたが、今も現役でバンドを続けてるっていうのも、すごいし!
 見習いたいところ、いっぱいです(^^;)。




 さて、話は変わりますが、今日は、この後、とある場所で午前1:00に教員仲間30人と合流して、ちょっくら(死後(^^;)?)宮城県に行ってきます。

 日帰り弾丸ツアー(ツアーじゃないかな?)です。

 偽善的?自己満足?…と、ちょっと悩んだのですが、何もしないよりはいいかな…って、自己弁護です。

 人にどう思われてもいいや…って(^^;)。
 ただ、逆に迷惑にならなければいいな…って(><)。
 
 いや、迷惑になるような気持ちや行動にならないよう、気持ちが引き締まってれば大丈夫ですよね?
 また、自己弁護??



 なーんて、書いてるとまた、女々しい感じになるので、ごちゃごちゃ言わずに、とにかく行ってきます!

 では!




STEADY ROLLIN’TRAIN(スタジオ・ライヴ)
なんと、オールナイトフジ(びっくり)!
プライベーツの演奏にオールナイターズ(女子大生だったっけかな?)が拍手喝采。なんていい時代なんだ!


気まぐれロメオ(ライヴ)
プライベーツの曲の中で一番初めに好きになった曲。
この曲のPVもいいんだよなあ。見つけられませんでしたが(TT)。



<J−ROCK・POP>
THE PRIVATES/SPEAK EASY (1989)
1. STEADY ROLLIN’TRAIN
2. 気まぐれロメオ
3. FOOL TO CRY
4. ALL DOWN THE RIVER
5. SWAMP TURKEY
6. TIME WAITS FOR NO ONE
7. SHAKIN’DUDE
8. SPEAK EASY
9. LONELY SUMMER NIGHT
10. GONE DEAD TRAIN
11. EVERYBODY SAY YEAH!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
オレはWILD & VAIN っていう「切り裂きジャック」が入ってるアルバムしか持ってない。
けど大好き。
オリンピックで見たけどカッコよかったなー!

つーか、日帰りは大変ね。
うちに泊まってく?30人は無理だけど(笑)
ケイ
2012/08/18 15:30
俺も好きです、このバンド。
特にこのアルバムと次の「イッツ・フリーダム」
ロック少年が無邪気にバンドやってる風な良い意味での軽さが好きです。
「お前、キースな。で、俺がミック」みたいな(笑)
このアルバムだと「ゴーン・デッド・トレイン」が一番好きです!
LA MOSCA
2012/08/18 20:13
ハノイさん、こんばんは!
宮城はいかがでしたか?
このバンド、よく知りませんが今見てたら、ピアノがいい感じで、バンドもいい感じで気に入りましたよ!
全くかんけいないけど、おかげさまでブログT年経ちました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします!
megumick
2012/08/18 22:16
波野井さん、こんにちは。東北行き、お疲れ様でした。
プライベーツ、いいですねー。セカンドアルバムに入っている"Lucky Man"が大好きでした。
ゆるいけど尖っている、そんな感じで行きたいですよね!
goldenblue
2012/08/19 09:40
こんにちは!
このアルバム、妹が持ってました(笑)
時々聴かせてもらってましたよ。
確かに「気まぐれロメオ」かっこいいですね!
僕は、一条徹がメンバーでツイン・ギター時代の
「ハニー・ドロップス」を持ってます!
ぶらうん佐藤
2012/08/19 17:26
ケイさーん!
どうもです(^^)!!
「WILD & VAIN」は持ってないです(><)。
でも、プライベーツ久しぶりに聴いて
カッコよさ再発見って感じです(^^)。

日帰り…というか、バスの中が
まったく眠れず、つらかったです(汗)。
行ってみて、いろいろ考えたり
考えさせられたりしたことがありました。

また、仙台行きますので、
その時はまた会ってください!
波野井露楠
2012/08/24 14:42
LA MOSCAさん!
すっごくわかります(^^)!
完全にミックとキースを
意識してますよね(^^;)!
微笑ましいくらいです(^^;)。
横ノリな感じが気持ちいいです♪

「ゴーン・デッド・トレイン」もいいですね。
この曲のギターが特に好きです(^^)。
波野井露楠
2012/08/24 14:58
megumickさん!
こんにちは(^^)。
気に入ってもらえました??
嬉しいなあ(^^)。
ピアノがいいでしょ(^^)!!

ブログ、1周年おめでとうございます!!
なんか、もっと
長くやってる気になってました〜(^^)。
波野井露楠
2012/08/24 15:02
goldenblueさん!
こんにちは!!

宮城…いろいろ思うところはあるのですが、行ってきてよかったと思っています。
なんか、意識の中から完全に忘れてしまうっていうのは絶対にいけないことだ!って
強く思いました。

「ラッキーマン」!
これまたゆるくてカッコいいよくですね(^^)。
ゆるさととんがり具合を普段から絶妙なバランスで保つのって難しいですね(^^;)。
波野井露楠
2012/08/24 15:07
ぶらうん佐藤さん!
こんにちは!

吉田さんが抜けたあとのプライベーツは
結構スルーしちゃってたんです(><)。
でも、きっとカッコいいんでしょうね!

今度、チェックします!
ブックオフ行ってみます(^^)!
波野井露楠
2012/08/24 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ゆる〜く…でも、ぶれずにとんがってる人たち」 THE PRIVATES/SPEAK EASY 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる