波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新年からサーフィン!しかし、波に乗れず!?」 ザ・ベンチャーズ/ウォーク・ドント・ラン ’64

<<   作成日時 : 2013/01/06 12:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

 今年は、1月1日の夜から2日の朝にかけて、「対応が悪い」としかられた釣具店の店主に謝りに行き、でも、そこで店主と仲良しになり、店主お薦めの場所で釣りをしました。でも、大物が泳いでいるのがすぐそこに見えるのになかなか釣れず(><)。小物こそ釣れ、とうとう大物は釣り上げることができませんでした。

 1月2日の昼間は、サーフィンをしました。場所は、自分が小さい頃に毎年海水浴で訪れていた南房総のとある海水浴場。青い空と青い海。まるでハワイのような輝き。何度も打ち寄せるビッグウェーブに、「なんとしても乗りたい!」と、何度も波に向かってパドリング。しかし、どうしても乗れないのです。待ちに待っていた大波が、自分の近くに来ると小さくなってしまったり、自分が待っている場所を避けるように波が別の方向に行ってしまったり…。結局、波乗りも、小さな波にこそ乗れ、大波にには乗れず失敗。

 昨日は、財布の中身をすられがっくり。落ち込んでいるところに、悪者が攻めてきて、テンションがあがらないまま迎え撃つ私。クレジットカードを止めてもらおうと電話しても受け付けてもらえず、気持ちがめげていたので、繰り出すパンチやキックもパワーがいまいち。完璧に相手にヒットしているのに、なかなか相手にダメージを与えられず…。納得のいく攻撃ができない私。

 なんとももどかしい…(><)。


 と、新年は、毎日、こんな夢ばかり見ています(涙)。


 いきなり、しかられ…。
 狙った獲物を釣り上げられず…。
 波にも乗れず…。
 財布の中身をすられ…。
 悪者に決定的なダメージを与えることもできない…。


 これらの夢の表しているものは、何なのでしょうか(^^;)!?


 なーんて、毎日の夢に苦笑いの新年ですが、「せっかくサーフィンの夢を見たのだから」と、正月から毎日、ベンチャーズを聴いています(笑)。

 
 今では、サーフ・ミュージックというとレゲエとか、ジャック・ジョンソンとかを指すらしいのですが、自分のイメージでは、ビーチ・ボーイズ、ジャン&ディーン、アストロノウツ、ベンチャーズなんかなんですよねえ。(古い!笑)

 で、ベンチャーズなんですが、実は、若い頃はちょっと、いいイメージは持ってなかったんです。なんか、メジャーすぎるというか…軽いというか…。
 でも、忌野清志郎がMG’Sとアルバムを作った頃、テレビで「清志郎の好きなバンド、ベスト10」という番組をやっていて…。確か、10位がベンチャーズだったんですよね。その時に、紹介されていたのが、今日チョイスしている「ウォーク・ドント・ラン ’64」だったんです。

 それで、「清志郎が好きというのなら…」と、自分も聴くようになったんです。

 そしたら、今まで知らなかったことがたくさん!

 なんだ!ベンチャーズって、テケテケだけじゃないんだ!…と(^^)。


 このアルバムも、…ベンチャーズの代名詞的な曲、「ダイアモンド・ヘッド」「ウォーク・ドント・ラン ’64」といった曲も入っていますが…、全体的には、超ソウルフルなんですよ!

 アニマルズの「朝日のあたる家」、ジェームス・ブラウンで有名な「ナイト・トレイン」、レイ・チャールズで有名な「ワン・ミント・ジューレップ」なんて、カバーのセンスもグッド!!

 さらには、「ピーチ・ファズ」や「ナイト・ウォーク」「ザ・クリーパー」などのオリジナル曲も、ソウルフルでカッコいいんです。力強いカッティングや軽快なリフに、「おお!いいねえ」と、思わずにんまりです(^^)。

 「ハンガリア舞曲」の元になったジプシー民謡のカバー「ラップ・シティ」などは、ご愛敬(^^)。


 とにかく、テケテケだけではない、ベンチャーズ!

 固定観念以上のカッコよさを再発見すること、請け合い!


 さて!今年は、ベンチャーズを聴いて、波に乗るぞー!!

 なんてね(笑)。


 明日から、3学期スタート!!子どもたちとの毎日がまた始まります。前向きに、笑顔で明るくいきたいと思います(^^)。



朝日のあたる家(ライヴ映像)



ピーチ・ファズ



ザ・クリーパー
ヘヴィなギターとソウルフルなオルガンが、カッコいい♪



<ROCK>
ザ・ベンチャーズ/ウォーク・ドント・ラン ’64 (1964)
1. 朝日のあたる家
2. ダイアモンド・ヘッド
3. ナイト・トレイン
4. ピーチ・ファズ
5. ラップ・シティ
6. ブルー・スター
7. ウォーク・ドント・ラン’64
8. ナイト・ウォーク
9. ワン・ミント・ジューレップ
10. ペダル・プッシャー
11. ザ・クリーパー
12. 白い渚のブルース
画像




ザ・ベンチャーズ スーパー・ベスト KPG-02A
株式会社ピジョン
ザ・ベンチャーズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・ベンチャーズ スーパー・ベスト KPG-02A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井露楠大先生様、どうもこんにちは。

僕は今日から仕事始めに出掛けました。九日間も休みがありましたので、体がかなり鈍っています。(笑)
波野井さんも本日から新学期なんでしょうか?
こちらの学校は8日からみたいなんですが…。

あぁ、初夢ですか…僕は妙な初夢でしたよ…二年前に死んだ犬と、昨年他界した親父が出てきましたからね。もうすぐ親父の命日…一周忌になりますね。

ベンチャーズですか…ん?季節外れ!?みたいな感じもするんですが、なかなかいいですね。
やはり「パイプライン」が定番ですよね。
彼らは今も現役ですね…しかしミュージシャンは皆年老いても、若いですね〜。

そういえば、リンゴ・スターも今年来日するんですよね…観たいなぁ〜。

さぁ〜て、また午後から頑張りますか・・

便所スリッパ
2013/01/07 12:36
波野井さん、こんにちは。
うちは始まりが遅くて、ようやく今日から学校が始まりました。二学期制なので始業式もなくいきなり授業なんだそうです。変な感じ(笑)。

夢は悪いくらいの方がいいらしいですよ。日常のモヤモヤは悪い夢といっしょにポイしちゃえるそうです。
goldenblue
2013/01/10 08:20
初夢にサーフィンとは アウトドアーですねえ。
ベンチャーズ私らの世代はなじみが深いです。

よく日本にも来てたし 楽曲も提供してましたねえ。

今日は成人式なのに大阪は雨です。
関東方面は雪らしいですね
まり
2013/01/14 20:08
ベンチャーってベンチャー企業みたいでどうもねえ。

しかし60年代の彼等は本物です。ジャケットも恰好良いものが多い。

初夢は悪い方が良い、という話をどこかで聞いたことがあります(嘘。ププッ(`∇´ゞ)
耕作
2013/01/15 11:26
中学の頃よく聴いたなー。
10番街の殺人って曲が大好き。
ケイ
2013/01/16 15:13
便所スリッパ様(^^)。

私の学校は7日に始業式がありました。
なんだか、あっという間に2月になっちゃいそうな気がしています(^^;)。

便所スリッパさんの夢は、なんかいい夢ですね。
私は、本当に変な夢ばかりでした(^^;)。

パイプ・ラインはキラーチューンですよね!

リンゴ・スターも、行きたいです(^^)。
波野井露楠
2013/01/20 13:54
goldenblueさん!

始業式がないっていうのは、ちょっと
拍子抜けしてしまいますね(^^;)。

こちらも2学期制の学校がありますが、
自分の学校は3学期制なので、普通に
始業式も終業式も、通知票も3回ずつあります。
自分は、大変ですが、こちらの方が
しっくりします(^^)。

夢のアドバイスもありがとうございます!
これからは、嫌な夢を見ても、
前向きでいられます(^^)。
波野井露楠
2013/01/20 13:58
まりさん!

先日の雪はなかなか大変でした。
自分の家の周りは平気でしたが、
3連休に出かけた同僚や、学校の子どもが
通行止めなどで帰ってこれなくなって
いました(^^;)。

ベンチャーズと日本って
相性がいい感じがしますね(^^)。
波野井露楠
2013/01/20 14:01
耕作さん!

ほんと!
60年代のベンチャーズはカッコいいです。

初夢。正夢にならないように気をつけます(笑)。
波野井露楠
2013/01/20 14:02
ケイさん!

中学生でベンチャーズって、
渋いなあ(>v<)!!
大人みたいですねえ。。。

「10番街の殺人」!
これも、いいですよねえ!!
波野井露楠
2013/01/20 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新年からサーフィン!しかし、波に乗れず!?」 ザ・ベンチャーズ/ウォーク・ドント・ラン ’64 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる