波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マーク・ボランは死ぬ気なんかなかったのでは?」 T.レックス/ファイナル・カッツ 

<<   作成日時 : 2013/03/04 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 仕事が忙しいのに、敢えての連日ブログ更新(笑)。
 腰が痛いのに、敢えての酷使(苦笑)。
 自分を敢えて追い込む、この感じ!なんか、久しぶりにいい感じです。
 最近、ずっと守りに入っていたと反省。
 追い込んで、追い込んで…一気にパワーを出す!いわゆる逆療法。昔はよくやっていたなあ…なんて思いながら、久しぶりに若々しい気分になっています(笑)。
 体調は疲労困憊で、絶不調ですが(^^;)。だからこその逆療法!

 では、今日の1枚!
 いってみましょう(>v<)♪

 
 今日の1枚は、昨日に引き続き、T.レックスのレア音源集!
 マーク・ボランのラスト・スタジオ・ワークと言われている「ファイナル・カッツ」です。

 これは、マーク・ボランが1976年10月から1977年4月にかけて録音したデモ・トラックのマスター・テープをデジタル・リマスタリングしたもの!

 全盛期のようなソリッドできらびやかなR&R!…という感じではありませんが、完成度の高い名曲がずらり。

 ゆったりとした、どちらかと言うと「温かい」感じを強く受ける曲たちが、聴いていて、こちらの気持ちをすっかりほぐしてくれます。

 なんか、ずごく幸せな気持ちになれちゃう…というか(^^;)。

 こんなマーク・ボランもいいなあ…って、本気で思ってしまいます。


 解説によると、1978年の春にはニュー・アルバムを出す予定だったというマーク・ボラン。

 このアルバムの曲たちが、本来ならば正規のオリジナル・アルバムとして日の目を見ていたのかも知れません。

 そう考えると、「自分は30歳まで生きられないだろう」という自身の予言(?)通り、この後、30歳の誕生日を目前にして自動車事故で他界してしまうマーク・ボランですが、本当は、30歳になった後もバリバリ現役ミュージシャンとして活動する気満々だったのではないでしょうか。

 本作は、そう思わずにはいられないほどの傑作作品集となっています。


 「ライト・ミー・ア・ソング」(別のアルバムでは「シング・ミー・ア・ソング」として収録されています)、「メロウ・ラブ」「地下世界のダンディ」「逢ったとたんに一目惚れ」など、どの曲も、キーボードやストリングスで絶妙に味付けされていて、コーラスも練られているし、何よりマーク・ボランの歌声が優しく力強く…いわゆる「デモ」以上の仕上がり!

 これは、T.レックス・マニアじゃない方にも、是非聴いてもらいたいと思うアルバムです(^^)。



ラブ・ドランク


ライト・ミー・ア・ソング


逢ったとたんに一目惚れ


T.レックス/ファイナル・カッツ (2006)
1. ホット・ジョージ
2. ラブ&フォクシー・ボーイ
3. セレブレイト・サマー
4. ラブ・ドランク
5. ライト・ミー・ア・ソング
6. メロウ・ラブ
7. 地下世界のダンディ
8. クリムゾン・ムーン
9. 逢ったとたんに一目惚れ
10. テイム・マイ・タイガー
11. シャイ・ボーイ
12. 20センチュリー・ベイビー
13. テイム・マイ・タイガー(グロリア・ジョーンズ・ボーカル)(イクステンデッド・プレイ)
14. メロウ・ラブ(オルタネイト・バージョン)(イクステンデッド・プレイ)
15. 逢ったとたんに一目惚れ(インストゥルメンタル)(イクステンデッド・プレイ)
-BONUS TRACKS-
16. エンドレス・スリープ
17. ヤング・ボーイ・オブ・ラブ
18. 20センチュリー・ベイビー(ソロ)
画像





T.REX?素顔のマーク・ボラン
PARCO
キャロン ウィランス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by T.REX?素顔のマーク・ボラン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

マーク・ボラン TVショウ 「MARC」 [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント
デヴィッド・ボウイ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マーク・ボラン TVショウ 「MARC」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はのい先生 おはようございます

マーク・ボラン日の当たる時も落ち目の時も知ってるだけに複雑やけど 結論は彼は本物の天才ということ。

ビートルズと同じく 人に訴えかけるメロディーを紡ぎだす才能は死ぬまで持ち続けてましたね。

このアルバムも 給料日になれば買いますよ(*^_^*)
まり
2013/03/08 08:57
波野井さん、今晩は。
このジャケットのマークボランは少し太ってますね(笑)。
中期以降は確か、自分のレーベルを作ってトニービスコンティとも別れたんでしたっけ?
確かに全盛時とは一味違った歌が多いですね。

関係ありませんが腰痛は大丈夫ですか?
私には腰痛の苦しみは分かりませんが無理せず過ごしてくだい♪
たく
2013/03/10 21:42
まりさん!
おはようございます!
返事、遅くなってすみません。
ようやくと言うか、
とうとうと言うか、
1年間が終わってしまいました。

まりさんは、マーク・ボランをリアルタイムで
ご覧になってるんですものね!!
自分なんか、完全後追いですから…。

マーク・ボラン、ある意味
本当に天才だと思います。

全盛期と比べては…と思いますが
これはこれで本当に
味わいのあるアルバムです(^^)。
波野井露楠
2013/03/24 08:38
たくさん!
お久しぶりです(^^)!

ぷっくりボランですね(^^;)。
シャープな感じはないのは
曲にも表れてる!?(笑)
曲は全体的に角がとれて丸くなった感じです。
リラックスして聞ける曲ばかりです。

マークは自分の会社を作って
セッションやデモなんかを
みんな録音してたので
こういう音源がいっぱい発見されてるんですよね!
さらにお宝音源が見つかるかも
知れないですよね(>v<)!

コメント、ありがとうございました(^^)!
波野井露楠
2013/03/24 08:42
コメントありがとうございました。m(_ _)m
お礼が遅れてすいません。_(._.)_

ボラン、大好きですよぉ〜(^o^)/

私、ティラノザウルスの頃のアルバム
3枚持ってます。(#^.^#)

こんなレアな音源があったんですね(゚д゚)

教えていただいてありがとうございます♪

リンダ
2013/04/23 02:54
リンダさん!
こんばんは!
復活されたのですね!
よかった(^^)。

リンダさんも、ボラン、好きなんですか??
なんだか嬉しいです。
しかも、ティラノザウルス・レックスとは!

いつか、ブログでアップしてほしいです(^^)。

また、訪問させてもらいますね〜♪
波野井露楠
2013/05/03 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「マーク・ボランは死ぬ気なんかなかったのでは?」 T.レックス/ファイナル・カッツ  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる