波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「千葉にキッスがやって来た!」 キッス/モンスター〜地獄の獣神

<<   作成日時 : 2013/10/20 01:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

 行ってきました!
 キッス来日公演!幕張メッセ!!
 千葉にキッスが来るなんて(>v<)!!

 余裕を持って家を出たはずなのに事故渋滞にはまりそうになり、高速から一般道におりてみたものの下道も渋滞で、結局会場に到着したのが、開演ぎりぎり(TT)。

 駐車場からダッシュして、一瞬グッズ売り場を覗いたのですが、ライブが始まってしまってはいけないと思い、Tシャツはライブ後に買うことにして、会場内へBACK!

 席はBブロックということで、かなり前の方(^^)。

 SEがそれまでの雰囲気と変わってクイーンが流れ始めたあたりから、「お!そろそろかな?」という感じに」なって、その次にレッド・ツェッペリンの「ロックン・ロール」になったところで客のテンションも上昇!
 「おおー!」というどよめきが生まれ、立ち上がる客が増え始め…。

 そこで、暗転!
 会場のモニターに映し出される、楽屋から出てきてステージに向かうメンバーの映像!!
 会場内は、もう完全にヒートアップ!
 映像が消えたところで、お馴染みの場内アナウンス、「You Wanted The Best!  You Got The Best!  The Hottest Band In The World...KISS!」(>v<)♪

 天井から下りてくる(ドラムも!)4人!!!!

 ライブ、スタート(>▽<)!!


 1曲目は「サイコ・サーカス」!
 メイクをしての再結成来日でのドーム公演を思い出しました(あの時は、エースとピーターもいました(><)!)。

 で、2曲目はいきなり「シャウト・イット・アウト・ラウド」!
 ステージ後ろに映し出された会場のオーディエンスの映像には、拳を振り上げ、口を大きく開けてサビを一緒に歌っている、あきらかにオーバー50のおばさまの姿。その姿を見て、なぜか感動して涙ぐみそうになる私(笑)。

 ジーン64才!
 ポール61才!

 若手だったはずのエリック・シンガーもすでに55才だし、最年少のトミー・セイヤーだって52才(11月で53才)!

 ニュー・アルバム「モンスター」を引っさげての来日公演ですが、まさに彼らはモンスター・バンド!!
 その貫禄、迫力…ポールの声が出なくなっちゃったとしても(><)…もう、本当に最高でした!!

 あっという間の2時間。

 「TOKYO!」ではなく、ちゃんと「CHIBA!」を連呼してくれたポール&ジーン&エリック!(トミーは喋りませんでした(^^;)。)
 千葉県民以外は思わず笑っていましたが、私は滅茶苦茶嬉しかったです。
 
 ライブ終了後のステージ後ろに映し出された文字も「KISS LOVES YOU CHIBA」だったし(>v<)!


 アカペラで「上を向いて歩こう」をポールが歌ってくれたり(歌詞がわからなくなっちゃったのもご愛嬌。ちゃんと観客が一緒に歌ってフォローしてたのも温かくてよかったです。)、もちろんジーンは観客全員が楽しみにしていた「火吹き」「血吐き」「空中浮遊」をちゃんとしてくれるし(曲の途中で「I LIKE SUSHI.」「FUJIYAMA!」とか言うお茶目な場面もありました)!
 トミーとエリックのソロ合戦では、トミーのギター砲に加え、エリックまでバズーカを取り出し会場を盛り上げてくれるし!
 あ、それから、ポールの「ターザン・ロープで2ndステージへ空中散歩」も健在で、大いに盛り上がりました!!
 (ラストの「ブラック・ダイヤモンド」の前奏で、ツェッペリンの「天国の階段」を弾いて「この曲は俺たちも大好きだ!しかし!俺たちはキッスだ!」みたいなことを言って、曲をやり直すというのもナイスでした!)

 会場の関係で、演出は多少スケールが小さい気もしましたが、レーザー光線、炎、火薬(花火)、上下するステージ(今回は、スパイダー型セット!)、紙吹雪、ミラーボールといった演出も、まさに「キッスのライブ」という感じでした。

 ほとんど全曲、腕を振り上げ、絶叫しながら歌いまくった2時間。
 亡くなったエリック・カーの元気な頃の映像が映し出された時には、思わず涙が出そうになりましたが…。
 44才波野井、年を忘れてはしゃぎまくってしまいました(^^;)。

 アンコールの時、客たちから「We want KISS!」コールが起こらないことを、隣の女性二人組が残念がっていたので、見ず知らずの人なのにも関わらず、「一緒に、『We want KISS!』やっちゃいます?ここから、会場全体に広げちゃいます?」なんて声をかけて、「We want KISS!」コールをしちゃったりもしましたし(笑)。


 いやいや本当に最高のライブでした。


 ポールとジーンは老体に鞭打って、「若いものには負けないぜ」とばかりに頑張ってくれていたし、エリックとトミーは本当に頼もしくなってたし(特にトミーは、完全にキッスのメンバーとなっていました。もう、決してエースの代役ではありません。)、こうやって家に帰ってきても、4人の勇姿が思い出されて興奮が蘇ってきてしまいます(^^)。 


 ※セットリストは以下の通りです。
 Psycho Circus
 Shout It Out Loud
 Do You Love Me
 I Love It Loud
 Hell or Hallelujah
 War Machine <ジーンの火吹き>
 Sukiyaki
 Heaven's on Fire
 Calling Dr. Love
 Say Yeah
 Shock Me〜Outta This World
 Eric & Tommy Jam/Solo<トミー&エリック、バズーカ>
 Gene Solo<ジーン血吐き&空中浮遊>
 God of Thunder
 Lick It Up
 Love Gun <ポール空中散歩>
 Rock and Roll All Nite

 (encore)
 Detroit Rock City
 I Was Made for Lovin' You
 Black Diamond


 
 現在、家に帰ってきて、ライブの余韻に浸りながら、最新アルバム「モンスター(邦題:モンスター〜地獄の獣神)」を聴いているのですが、本当にカッコいいアルバムです!!
 バラードなし!キーボードやストリングスなどもなし!演奏は、自分たちのギターとベースとドラムのみ!
 曲は、自分たちの楽曲のパロディ的なものもありますが、それもまた楽しく、一つ一つがどれも70年代の全盛期に負けないくらいの良曲ぞろい。

 1曲目の「ヘル・オア・ハレルヤ」なんて、前奏のリフも含めて全部が滅茶苦茶カッコいいキラー・チューン!
 エリックが「MC5にたいなのをやりたい!」と言ったのがきっかけで生まれた「バック・トゥ・ザ・ストーン・エイジ」も、MC5ファンとしてはかなりの「押し」!
 エリック・カーとトミー・セイヤーもそれぞれメイン・ボーカルを執っている曲もあるし…。

 現在の4人で作り上げた最高傑作!という気がします。


 ずーっと、「トミー・セイヤーなんて、エースの代役じゃん。もともと、トリビュートバンドのそっくりさんじゃん!」なんて思っていた自分を反省(><)。
 トミー、ごめんよ。。。


 これからも、私はずーーーーっと、キッス・ファン(キッス・アーミー)でいることを誓います(>v<)!
 



 最後に、ウィキペディアから、トミーについての紹介やエピソードを抜粋して載せておきます(^^)!

◆1981年11月にジェイミー・セント・ジェイムズと共にBlack 'n Blueを結成。

◆1984年8月、Black 'n Blueはエアロスミスのバック・イン・ザ・サドル・ツアーで前座を務め、同年11月には来日。

◆1985年末、キッスのアサイラム・ツアーの前座を務め、ジーン・シモンズと親しくなる(ジーンは後にBlack 'n Blueのアルバム2枚のプロデューサーを務めた)。

◆1989年、Black 'n Blueがゲフィンに契約を切られ崩壊した後、ジェイミー・セント・ジェイムズと共に、フルメイクのキッス・トリビュートバンドCold Ginを結成。LAを中心に活動し、日本公演(Monster、川崎クラブチッタ、鹿鳴館など)も行った。

◆80年代後半からバイトでキッスの雑用係をするようになり、90年代はそれが本職となる。ジーンのパーソナルアシスタントとして、キッスの歴史書である『KISSTORY』の編集にも携わる。

◆1995年から1996年にかけて行われたキッス・コンベンションを企画実現(それが元でMTVアンプラグドのキッスオリジナルメンバー揃い踏み、さらにはキッスリユニオンへと繋がった)。

◆1996年から始まったキッスのリユニオン以降のツアーではツアー・マネージャーを勤めた。また、過去に自ら作ったギターフレーズを忘れかけていたキッスのオリジナルギタリスト、エース・フレーリーにギターフレーズをレクチャーした。キッスのリユニオンに伴う様々な映像を記録編集して『セカンド・カミング(Second Coming)』を作り上げる。

◆2002年、キッスのエース・フレーリー脱退後、後任としてキッスの第9期メンバーとなった。

◆元キッスファン、ツアー・マネージャーを経てキッスメンバーになった経歴のため、ファン側から見た意見をメンバーに伝える役目もしている。ポール・スタンレーが「キッスとしてどうするべきか迷った時は、トミーに意見を訊く事にしている」と述べる程信頼されている。

◆キッス雑用係(ジーンのパーソナルアシスタント)時代は、ジーンのコーヒーを入れること、バンドのために移動先のホテルを予約、ポールの家の壁塗り、ジーンの家の雨どいの掃除など、公私に関わらず何でもこなしていた。




ヘル・オア・ハレルヤ


バック・トゥ・ザ・ストーン・エイジ



<ROCK>
キッス/モンスター〜地獄の獣神 (2012)1. ヘル・オア・ハレルヤ
2. ウォール・オブ・サウンド
3. フリーク
4. バック・トゥ・ザ・ストーン・エイジ
5. シャウト・マーシー
6. ロング・ウェイ・ダウン
7. イート・ユア・ハート・アウト
8. ザ・デヴィル・イズ・ミー
9. アウタ・ジス・ワールド
10. オール・フォー・ザ・ラヴ・オブ・ロックンロール
11. テイク・ミー・ダウン・ビロウ
12. ラスト・チャンス
13. 暗黒の帝王 (ライヴ-ロック・ザ・ネイション・ロスト・トラックス) (日本盤ボーナス・トラック)
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井先生、こんにちは!
KISS観に行かれましたか!記事を読んでいて波野井先生が思う存分楽しんできたのがビンビン伝わってきましたよ!僕はまだ一度もKISSのライブは参戦したことがありません。記事を読んで一度は観ておかないといけないかなと思いましたが、もしかして最後の来日公演になってしまうのかなぁ?最新作は友人が購入したようなので今度聴かせてもらいます。
ぶらうん佐藤
2013/10/20 15:13
あ、やはり幕張メッセに行かれたんですね。曲の途中で「I like SUSHI」ですか(笑)さすが私のジーン!
エリック・カーの映像も流れたんですか…DVDの中に病室でおどけている姿があるんですが、なんか泣けてきます。何気に彼とブルースの時代のライブも好きです。

トミー・セイヤーは健気だなぁと思うんですよ。弾き方がエースにそっくりで。もしかしたら癖になっちゃってるだけかもしれませんが。認めるからあなたの好きなように弾いちゃって〜!と思いながらDVDを見ております。
lemoned
2013/10/21 00:02
まいどです
幕張にKISS、来てたんですか〜 知らなかった・・
しかしライブに参戦されたとは素晴らしい! 
近作はまったく聴いてませんが、
聴きたくなりましたヨ。
ナイスレポートありがとやんした!
ezee
2013/10/25 00:36
本日はこちらから...こんにちは
メインストリートのなまけ者管理人kingbeeです。
長らく放置しておりました拙ブログを再開しました。
まずはご挨拶にお邪魔した次第です。
こちらにもぜひお立ち寄りお待ちしております。
kingbee
2013/10/26 16:37
ぶらうん佐藤さん!
コメント、ありがとうございます!!
ライヴ、キッスはもう何回も行ってるのですが、何度行っても楽しませてくれます。
ただ、今回、ポールの喉の衰えがすごくて、ちょっとショックでしたが、それを差し引いてもすごいライブで、やっぱり最高!というのが結論です(^^)。
でも、ジーンもポールも60越えですから、いつ活動休止ということになってもおかしくないですよねえ(><)。
アルバムは、年齢なんか少しも感じない大傑作です!
機会がありましたら、是非聴いてみてください!!
波野井露楠
2013/11/17 06:46
lemonedさん!
コメント、ありがとうございます!!

ブルース・キューリック!
私も好きです。
エースがリタイヤした時は、ブルースがメイクすればいいじゃん、って思ったくらいですから(^^;)。
そんなわけで、トミーのことは最初受け入れられなかったのですが、今は完全に応援しちゃってます(^^;)!

トミー、確かにエースでいようとしているところはすごくあると思いますが、今は、もう(最初から?)エースを超えてますよね。特にテクニック面では。

やっぱり、エースって偉大なんだけど…。
そんなエースをある意味超えちゃったトミーに心から敬意を表したいです。
波野井露楠
2013/11/17 06:51
ezeeさん!
コメントありがとうございます!

幕張ですからねえ!
びっくりしました(^^;)。
市川からも近いですし!!

久しぶりのキッス・ライヴでしたが、まだまだ行くぞ!って感じですごかったです。

また、今度近いうちにどっかのライヴでお会いしたいですね(^^)。
この間は、お会いできて嬉しかったです!!
波野井露楠
2013/11/17 06:54
kingbeeさん!
ブログ再開、お待ちしてました(^^)!

いろいろありますが(ありましたが。苦笑)、お互いぼちぼちやってきましょう(^^)!

これからも、どうぞよろしくお願いします!!!
波野井露楠
2013/11/17 06:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
「千葉にキッスがやって来た!」 キッス/モンスター〜地獄の獣神 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる