波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2014ストーンズ初日(≧▽≦)!」 ザ・ローリング・ストーンズ/レット・イット・ブリード

<<   作成日時 : 2014/02/26 18:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

【2014.2.26 18:55】 
 2014年2月26日(水)、東京ドーム!
 ストーンズ8年ぶりの来日公演。
 「14 ON FIRE」ツアーとしての東京初日!
 18時55分、ついに始まりそうな雰囲気です!広い東京ドームが超満員!すでに口笛や歓声&叫声が響いています。
 ドキドキします(>v<)!

 ライブの様子等は、また後ほどアップしますねえ!

--------------------------------------------------------------

【2014.2.26 23:00】 
 興奮のストーンズ・ライブから無事帰宅。
 すると、ブログ友達のezeeさんから「ロッキン・オンのHPに、もうセットリストがアップされてまっせ!」とのメッセージ。
 早速アクセスしてみると…。

 ホントだ…。
 早い、早すぎる!

 と、びっくりしながらも、そのセットリストを見ながら、「そうそう、この曲のときに…」と、数時間前のことを思い出しながらにんまりする私(^^)。
 (そのセットリストは以下の通りです。)

ザ・ローリング・ストーンズ
2014.2.26 東京ドーム
<セットリスト> ※ロッキン・オンのHPより

1. Get Off Of My Cloud
2. It’s Only Rock ‘N’ Roll (But I Like It)
3. Tumbling Dice
4. Wild Horses
5. Emotional Rescue
6. Doom And Gloom
7. Bitch (Fan vote)
8. Honky Tonk Women
9. Band Introductions
10. Slipping Away (with Keith on lead vocals and Mick Taylor joining on guitar)
11. Before They Make Me Run (with Keith on lead vocals)
12. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
13. Miss You
14. Paint It Black
15. Gimme Shelter
16. Start Me Up
17. Brown Sugar
18. Jumpin’ Jack Flash
19. Sympathy For The Devil

ENCORE
20. You Can’t Always Get What You Want
21. (I Can’t Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)


 私は、実は昨年7月のハイドパークのことや今回のツアーのことをいっさいチェックしないまま今日を迎えたので(^^;)、やってくれた曲目や曲順についてはサプライズの連続でした(^^;)。

 
 まずは、1曲目。
 オープニングで「悪魔を憐れむ歌」のようなパーカッションが流れ、「おお!これが一曲目か!!!」と思ったら、それはあくまでもオープニングのSE(?)で、実際の1曲目は「一人ぼっちの世界」!!
 いきなり、「一人ぼっちの世界ですよ」!!
 「わあ、スタート・ミー・アップじゃないんだあ」と、驚きつつも大興奮。

 ミック「Hey!」 観客「Hey!」
 ミック「You!」 観客「You!」
 全員「Get off of my cloud!」
のコール&レスポンスで、いきなりの大合唱。もう、みんな狂喜乱舞(^^;)!


 その後、セットリストの通り、キラーチューンが続き(全部、キラーチューンなんですけどね(^^;)。「Wild Horses」はつくづく名曲…。心にしみました。)、5曲目に「エモーショナル・レスキュー」!
 正直、そんなに大好きな曲ではなかったのですが、生で聴くとすごい迫力。
 ミックのファルセットボーカルが超クール!!
 ダンスもキレキレで、とても70歳には見えません(^^;)。


 7曲目の「ビッチ」は、ファン投票によるもので、自分は投票などはしてなかったのですが、「ほう、ビッチがきたかあー!!」と、ここでまたテンションアップ!

 
 メンバー紹介(ミックがチャーリーをいじりまくり!チャーリーをステージ中央まで引っ張り出して「何かしゃべりなよ」と促すミック。照れまくって断固拒否するチャーリー。二人ともかわいかったです。笑)の次の、キースのソロコーナーで、ようやく今回の目玉ゲストであるミック・テイラーが登場!
 曲は、「スティール・ホイールズ」からの「スリッピング・アアウェイ」。なんと、テイラー時代とは全然関係ない曲(^^;)!
 「この曲で登場!?」と驚きつつも、会場の誰もが待ち望んでいたであろう2人目のミックの登場に、オーディエンスからは大歓声が!
 でも、1曲演奏しただけで、一度退場。
 会場を包む「え?もういなくなっちゃったの??」という空気(^^;)。

 でも、続くキースの「Before They Make Me Run」(「サム・ガールズ(女たち)」収録の名曲)に、「おお!ハッピーじゃなくてこれかあ!!」と、嬉しそうな顔になる観客たち(意外と現金。笑)。


 そして!そして!

 今度こそ!のミック・テイラーの再登場で、「この曲やるしかないでしょう!!」の「ミッドナイト・ランブラー」(>v<)!!
 ミック・ジャガーのブルースハープとミック・テイラーのギターによる掛け合いも披露!
 疾走感…ハンパなし!!
 曲が終わったと見せかけて、後半盛り上がっていくところなんかも最高!
 で、こちらのテンションは、またまたアップ(^^;)!

 その後は、怒濤の超必殺チューン(キラーチューンを超えたキラーチューン!笑)の連続で、「スタート・ミー・アップ(ここで!?笑)」「ブラウン・シュガー」「ジャンピン・ジャック・フラシュ」では、もう大合唱。
 私も声がガラガラ(^^;)。
 完全に昇天(^^;)。


 でもって、「ジャンピン・ジャック・フラシュ」で終わりかと思ったら、間髪入れずに「悪魔を憐れむ歌」!!
 昇天させられたのに、また昇天(笑)。


 アンコールの「無情の世界」では、日本人コーラス隊の生コーラスをフィーチャー。
 サビの部分では、ミックが歌うのをやめて観客も一緒に「You Can’t Always Get What You Want」と合唱。
 いい気持ちになって私も合唱(笑)。
 隣の先輩(某学校の教頭先生)も「生はいいなあ。生はいい。うん、うん。」と感無量の様子でした(^^;)。


 最後の「サティスファクション」が終わったときには、こちらはもう完全燃焼(^^;)。


 来日前は、「ストーンズ、もう終わった」なんて声も一部で聞こえていましたが、まったく終わってませんでした!
 シャープなボディライン(ミック・テイラーは除く。笑)と言い、あのエネルギーと言い、本当にモンスターなおじいちゃんたちでした(^^;)!!
 ミック・ジャガー…声も衰えてないし、スキップするし、軽快にステップ踏むし、80mのステージを端から端まで走り切るし…恐るべき70才です(>v<;)!!

 
 今回(も?)グッズ売り場の対応の拙さには頭にきすぎて意識を失いそうになりましたが(本気で)、そんなことも忘れちゃうほど、最高のステージでした!!
 
 キースは、ヘロヘロとしているところもあって、途中ちょっと心配になってしまいましたが、「サティスファクション」ではパワー全開な姿を見せてくたし…。「おお、これが本来のキースだよなあ」と安心しました(^^)!
 ミックは、何度も3塁側まで来てくれたし…。
 チャーリーは、まさに健在って感じだったし…。
 ロニーは、ギタープレイにさらに磨きが掛かり、キースをしっかりフォローしてたし…。

 
 4人には、これからもずっと、パワフルなR&Rおじいちゃんでいてほしいです(^^)。


 ミック・テイラーは結局、「サティスファクション」ではアコギ(!)での参加で、全体を通してはそれほど存在感を示した!という感じではありませんでしたが、それでも、やっぱりミック・テイラーが一緒のローリング・ストーンズとしてのステージが見られたことは、本当に幸せなことでした。


 先輩は、「もう一日くらい(仕事が)なんとかなりそうだから、また来よう!参加席なら、まだあるんだもんな!」と言っていました(^^;)。


 そうです!
 皆さん、どんな席なのかは分かりませんが、残りの公演…「参加席」ならまだあるそうです。
 
 伝説のステージ。
 是非、体験してみてください(^^)。


 そうそう、初日は最後に、ミックとキースが肩を組んでましたよ(>v<)!
 ミックとキースが肩を!!
 すっごく感慨深かったです(><)!
 

  
--------------------------------------------------------------

 本日、3月9日、日曜日。
 ただいま、朝の5時50分です。

 ようやく「レット・イット・ブリード」のこと書きます(^^;)。

 私たちに興奮と感動を与えてくれたストーンズも、もう日本を離れてしまいましたが、2月26日のドーム公演後からずっと毎日、私「レット・イット・ブリード」を聴き続けております。

 この記事が完成しないので、次のアルバムに行けなかったというのもありますが(^^;)、しかし、ライブの余韻に浸るにはまさにベストなチョイスでありました、毎日毎日これを聴きながら、あの日の感動を思い出しておりました(^^)。

 なんと言っても、「ギミー・シェルター」「カントリー・ホンク(ホンキー・トンク・ウィメン)」「ミッドナイト・ランブラー」「無情の世界」と、今回の来日でやってくれた曲が4曲も入っていますからねえ!

 どうしたって、聴いていてしみじみしちゃいます(>v<)!


 1969年リリース。
 ブライアン・ジョーンズの脱退問題の渦中に作られた本作。

 ブライアンは、「ミッドナイト・ランブラー」と「ユー・ガット・ザ・シルバー」の2曲にしか参加しておらず(TT)、しかも、ギターではなく、パーカッション(ミッドナイト・ランブラー)とオートハープ(ユー・ガット・ザ・シルバー)での参加。

 ブライアンの後釜としてメンバーになったミック・テイラーも全曲で演奏しているわけではなく、結果的にキースの才能と頑張りが全編を通してガンガン伝わってくる作品。

 ギターのフレーズも練られていて、ただただカッコいい(>v<)!

 ニッキー・ホプキンス、レオン・ラッセル、アル・クーパーら豪華ゲスト陣の演奏も、それぞれの曲を絶妙な加減で味付けしてくれていて、GOOD!

 6人目のストーン、イアン・スチュアートのアルバム・タイトル曲「レット・イット・ブリード」でのピアノも最高!

 もちろん、ミックのハープや歌声もパワフルでゾクゾクきますし、…ブライアン・ファンとしては一抹の寂しさを禁じ得ませんが…「やっぱり、ストーンズ最高傑作のうちの1枚と言われるアルバムだよなあ!」と再認識しないわけにはいかないマストなアルバム!!

 ブルージーで、グルーヴ感溢れる「レット・イット・ブルイード」!


 今回のストーンズ来日公演初日の興奮を思い出すにはぴったりの1枚です(^^)。

 



ギミー・シェルター
(2013年 LIVE  リサ・フィッシャー、カッコいい!)
※オリジナルで歌っているのは、メリー・クレイトン。


カントリー・ホンク


ミッドナイト・ランブラー
(2012年 LIVE WITH MICK TAYLOR)


無情の世界
(2013年 LIVE)




<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/レット・イット・ブリード (1969)
1. ギミー・シェルター
2. むなしき愛
3. カントリー・ホンク
4. リヴ・ウィズ・ミー
5. レット・イット・ブリード
6. ミッドナイト・ランブラー
7. ユー・ガット・ザ・シルヴァー
8. モンキー・マン
9. 無情の世界
画像



開演予定時刻ぎりぎり。焦りながらもパシャリ(^^;)。
画像



開演直前、3塁側から見たステージ!
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
感動が伝わってきました。恥ずかしながら最近のストーンズについて「終わった」感が私の中にありました。しかしストーンズ好きのブログ仲間の記事を読んだり色々な声を聞いて終わってない感が募りました。

「シャインアライト」は凄く好きなライブ盤で持ってます。そう言えばビーチボーイズ好きのブログ仲間が「最前列で弁当食べながら今度の来日みたい」と語ってました。

弁当食べながら観戦、するようになったんですな。ロックはww
耕作
2014/03/01 12:52
こんばんは♪
終わった終わらない論争は置いといて(笑)。
本当に行ってよかった〜なライブでしたね。
チャンスがあれば3回観て損はないと思いますよ。
同行した先輩方はチャーリーに感動してました。
もちろんミックの完璧さも認めたうえでね。
リサやジャパニーズコーラス隊の女性サポート陣にも拍手888...。
誰がどうのこうの言いだすときりがないですね。
全曲コメント入れたいですが、
無理ですのでこの辺で失礼します(^^)/
kingbee
2014/03/01 21:56
波野井さん、毎度です。
ライヴの臨場感、めっちゃ伝わりました。
ごちそうさまです。
うーん、ちょっと悔しい(笑)。
goldenblue
2014/03/03 00:16
ミック、動きまくってましたか!
あ〜楽しみっす
オープニングは変えてくるのでは?
ってのが自分の日の予想です。
またチャーリーいじってほしいなぁ〜
ezee
2014/03/03 22:23
最高のライヴを見れて良かったですねえ。
この年齢でRockだなんて 若い頃は想像できませんでした。
でもブルースの世界では70歳はまだひよっこなのでは・・・
ひるのまり
2014/03/07 21:42
耕作さん
雰囲気少しでも感じてもらえてたら嬉しいです(^^)。
シャイン・ア・ライト、自分も持ってます。
映画館でも観ましたがいいライブですよね(^^)。
今回のライブもよかったですよ!
生じゃないとわからないこといっぱいです(^^;)!

弁当ライブの話はビーチボーイズのライブでってことですか(^^;)?
波野井露楠
2014/03/09 13:18
最終日だけ行きました。他の日のことをこうやって知っていくと全日行けばよかったなぁと思います。
金銭的にも時間的にもかなり厳しいですが(苦笑)
「ワイルドホーセズ」と「一人ぼっちの世界」そして「エモレス」、俺も聴きたかった!
LA MOSCA
2014/03/09 21:07
そうです。再前例だったか後ろの列だったか確か真ん中の席で弁当を観ながら観戦と。のんびりしてますなぁビーチボーイズファンは
耕作
2014/03/10 20:12
kingbeeさん!

お会いできず残念でしたが、同じあの時、同じ東京ドームで同じ感動を共有できたことをうれしく思います!

ストーンズ、3日ともセットリストを変えてきたようで、本当にできることなら全部観に行きたかったですね(><)。

でも、初日は初日の感動がありました(><)!

当分は、ストーンズの興奮を引きずりそうです(^^;)。
コメント、ありがとうございます!
波野井露楠
2014/03/15 09:35
goldenblueさん!

ライブの感じ、少しでも伝えることができていたらうれしいです(^^)!
私も、ライブ会場が遠かったら行けてなかったです。
今回は本当に幸運でした!

また、どこかでご一緒しましょうね!!
コメント、ありがとうございます(>v<)!
波野井露楠
2014/03/15 09:38
波野井露楠様

どうもご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいますか?便所スリッパでございます。

そうですか…昨年のKISS、Paul McCartney、そして今年はEric Clapton、そんでROLLING STONSのライブ参戦ですか・・素晴らしい!

STONSのセットリストは、ほぼベストに近い選曲でいいですね。
日によって一部違うのでしょうか?
他の日は「ルビー・チューズディ」や「リスペクタブル」を演奏し、オープニングは「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」だったり…。

しかしここ最近は大物ばかり来日しますね。
ボブ・ディランやジェフ・ベックとか、何かスゴいですね。
地方住まいの私にとっては、全く羨ましいかぎりですよ。

あー、3月だし卒業シーズンですね。
今年も感動の卒業式に出会えましたかね。卒業式かぁ、懐かしいなぁ〜。

便所スリッパ
2014/03/16 00:35
ezeeさん!
セットリスト、3日とも変えてきましたねえ(^^;)。
さすがストーンズ。
すごすぎです。

ミック、ショックな事件が起きてしまい心配ですが、いつまでも悪がきロックンローラーでいてほしいです。

返事遅くなりすみません。
波野井露楠
2014/03/21 17:57
ひるのまりさん!

きっと、本人たちも70歳までやってるとは思ってなかったのではないでしょうか(^^;)。
ほんと、すごすぎます。

ストーンズ、完全にR&Rバンドでした!

あのドライヴ感、奇跡としか言えません(^^;)。
波野井露楠
2014/03/21 17:59
波野井さん、こんばんは。僕は26日行って、あまりの凄さに妻の顰蹙顧みず4日、6日も行ってしまった馬鹿野郎です(=天才)ミックの動きはまさに神!キースもどんどん元気になってくし、チャーリーも英国紳士(パワフル!)というとこでいじられまくり(笑)曲も日替わりで清志郎がらみでジーンとなることしばしば(RCフリークだぜい)勝手に30年待った甲斐がありましたよ。感謝FOR YOU!!
かんちゃん
2014/03/21 19:01
LA MOSCAさん!
おはようございます!

自分も、3日間のセットリストを見たら、前日行けてれば…って思いました(><)!
実際問題、チケット取れなかったり、仕事が終わらなかったりで、無理なんですが(^^;)。

いやあ。
自分は、「ルビィ・チューズデイ」聴きたかったです。
欲を言えばきりがないですが(^^;)。。。。

返事遅くなってすみません(><)。
波野井露楠
2014/03/22 08:42
耕作さん!

ビーチボーイズ、来ますねえ。
3月ですよね。ビルボード。
あれ?違いましたっけ??

ビーチ・ボーイズのライブはまだ未体験なんですよねえ。
行ってみたい(^^)!
波野井露楠
2014/03/22 08:45
便所スリッパさん!

返事が遅くなり、すみません。
現在月1ライブ参戦計画続行中です(^^;)。

2月は大好きなアーティスト達がこぞって来日し、嬉しい悲鳴でした(^^;)。

ストーンズは3日も全く違うセットリストだったようで(アンコール付近は同じようでしたが)、仕事が休めて、お金があれば、是非3日とも行きたかったです。

確かに、東京ではありませんが、近郊に住んでいるのでとてもラッキーだと思います。

卒業式は、今年から司会なんかをしているのですが、卒業生の言葉と歌では、思わずうるっときてしまいました(^^;)。
波野井露楠
2014/04/06 14:23
かんちゃんさん!
はじめまして(^^)!

そうですか!
3日とも!!
羨ましいです(^^)。

聞くところによると、本当にキースは
日に日に元気になっていったようで!

初日は、ちょっとドキドキしました(^^;)。

清志郎、今年は5月2日のライブに参戦します。
清志郎が亡くなってから、初めての参戦です。
やっと自分の中で、踏ん切りがつきました。
メンバーを見て決めたってのもありますが…。

もしよろしければ、これからもよろしくお願いします。

かんちゃんさんは、ブログやられているのですよね?きっと。
タイトルやURLを教えていただけると嬉しいです。
波野井露楠
2014/04/06 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「2014ストーンズ初日(≧▽≦)!」 ザ・ローリング・ストーンズ/レット・イット・ブリード 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる