波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小川メソポタミア文明さん、安らかに…」 すかんち/ゴールド 

<<   作成日時 : 2014/06/28 15:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 6月25日にキーボーディストの小川文明氏が亡くなったとの報道。
 自分が知っているのは、後期すかんちのメンバーとして、すかんち解散後のロックローリーのメンバーとしての彼。
 真心ブラザーズのバックメンバーとしての彼も知っていましたが、自分にとっては、やっぱりローリーの片腕としての彼。

 この間のすかんち再結成ライヴは行けなかったので、「次の機会には絶対」と思っていたのですが、こんなことになるなんて…。
 53歳。まだまだこれからでしょ…。

 日本人のキーボーディストとしては一番好きだった文明氏。

 ショック…。
 
 と言うか、悲しいです。

 
 昨日も仕事の行き帰りは、車の中ですかんちの5枚目「GOLD」を聴いていました。

 ドクター田中が脱退して、確か、このアルバムではまだ完全には正式メンバーという感じではなっかったような…。

 でも、サウンドが、今までのすかんちよりもへヴィな感じになって、「なんかカッコいいなあ!」「小川文明ってすごい!」って、そのメンバーチェンジをとても喜んだことを覚えています。

 田中さん、ごめんなさい(^^;)。ドクター田中時代の楽曲ももちろん大好きです!


 ステージは、すかんちで1回、ロックローリーで1回。
 たった2回しか生で見たことはありませんが、本当にカッコよかったです。

 一緒にプレイしているローリーも楽しそうだったなあ…。


 それで、この「GOLD」なんですけど…。

 サウンド的には、レッド・ツェッペリンとエマーソン・レイク&パーマーが合体して、ところどころにクイーンとフィンガー5とはっぴいえんどのような味付けがされているという感じの曲&詞&演奏!

 キース・エマーソンのような文明氏の鍵盤に支えられて、オリジナルメンバーの3人もものすごく伸び伸びと生き生きと演奏しています。


 それにしても…。

 相変わらずなのは、ローリー。

 1曲目は、曲があいざき進也の「恋のリクエスト」だし(^^;)。
 2曲目は、イントロが郷ひろみの「男の子女の子」だし(^^;)。

 「ソング・フォー・ヘヴン」はクイーンで…。
 「恋は最後のフェアリー・テール」は、知る人ぞ知るイギリスのミスター・ビッグ…!

 ローリーによる拝借は、完全に神がかっています(^^;)。

 すごすぎ…。

 でも、某バンドと違って、それでも愛されているのは、その元ネタがマニアックだったり、「皆さん、わかります?」という感じでちゃんとヒントが散りばめられているからなんでしょうねえ(^^;)。

 だって、「恋のリクエスト」をもとに、ラジオ番組を模しての「ミッドナイトDJ」。
 「男の子女の子」をもとに、少年と少女の恋の歌。
 「ジュリエット」という歌詞も出てくる「ロメオ」をもとに、「ぼくの名前はロミオ♪君の名前はジュリエット♪」なんて歌。

 完全に確信犯です(^^;)。

 
 その他にも、「とげぬき地蔵でおばあちゃんが」みたいな内容で始まるのに、最後は壮大な宇宙の内容になっちゃってる、ローリーの真骨頂「時間の言葉」や、日本のロックバンド黒夢に捧げた(?)「ブラック・ドリーム」など、聴きどころは満載。




 と、ローリーのおかげで、ちょっと気持ちが明るくなりかけましたけど…。


 そんな楽しくてカッコいいアルバムだけに、キーボディスト小川文明がもう、この世にいないなんてことを思うと、余計に悲しくなります。。。



 前の記事がまだ2つも未完成なのですが、今日はどうしても文明氏を偲びたくてブログを更新しました。

 未完成の記事は、ようやく仕事が少しだけひと段落したので、近いうちに完成させます。
 その時は、また、どうぞ読んでやってください。


 20年前に観に行った、すかんちの中野サンプラザでのライヴのこと。
 今でも、思い出せます。

 文明氏には、これからもずっと、ことあるごとにローリーと一緒に素敵なプログレッシヴでグラマラスなロックを作っていってほしかったです…。


 どうぞ、安らかに…(涙)。

 



MANGO JUICE
 

ソング・フォー・ヘヴン


時間の言葉


恋は最後のフェアリー・テール


ミスター・ビッグの「ロメオ」
※70年代に活躍したイギリスのバンド。
 アメリカのMR.BIGとは別のバンド。


<J−ROCK・POP>
すかんち/ゴールド (1994)
1. いかすぜ!ミッドナイトDJ
2. うそつき天国
3. おまえは俺のモノ(アルバム・ヴァージョン)
4. 恋は最後のフェアリー・テール
5. リメンバー
6. MANGO JUICE
7. Song For Heaven
8. 時間の言葉
9. Black Dream
10. Sugar Sugar Baby
11. 恋はBANG! BANG! BANG!
12. 眩しい光
13. 惑星ギリニウム
画像


すかんちに加入した頃の文明氏(><)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ドクターと言えば本家中松さんの方もガンで余命宣告。残りの人生をガンの研究に使うとか。こちらの方は小保方さんのようにはならないで欲しいですねえ。

ローリー寺西さんツイッターを始めたらフォローしている人がリツイートしていたので何か面白そうだなぁ、と思って
そうなんですよね。寺西さんの方は原曲への敬意があるから嫌じゃないんですよね。

波野井さんはガールポップは好きそうですが今度「僕らの音楽」で7月3日にガールポップ特集やりますよ。川本真琴、森高千里、中川翔子、きゃり〜ぱみゅぱみゅとか出るみたいです。面白そうなので予約しちゃいました。
耕作
2014/06/28 18:42
耕作さん!

そうなんです!
ローリーには、元歌(曲)への敬意と愛が感じられるんですよねえ。
だから、嫌じゃないし、憎めない(笑)。

ガールポップですか。
自分は、そんなに詳しくないんですけど、
今まで、一番はまった女の子バンドは
GO!GO!7188ですねえ。
残念ながら解散しちゃいましたけど。

耕作さんは知ってます?
GO!GO!7188…。

なかなかよいですよ(^^)。
波野井露楠
2014/07/23 04:48
Go!Go!7188名前は知ってますが全然聴きません(笑)
でも好きなの分かります。面白いなぁ。。。

ジョニーウインターラジオで特集聴いてからブログで書くなりコメントするなりしようと思ってます。。実はウッドストックで彼はあまり印象に残らなかったんです。バンドとかテンイヤーズアフター、サンタナ、ジャニス、ジミヘン、フーと強烈なグループが続いた中で何故か彼は地味に感じてしまった。。


しかし今回のラジオでの追悼特集は頑張って聴いて彼の偉大さを理解したいと思います。。
耕作
2014/07/23 19:36
耕作さん!

GO!GO!7188は、
昭和歌謡とパンクをミックスしたような
なかなか面白いバンドでした。

ジョニー・ウィンター、確かに
今までの扱いはあまり大きくなかったですね。
超有名なオリジナル曲があるわけでもないですからね…。

でも、プレイはものすごいですよ。

ライブでの人気もすごくて
日本でこんなに人気があったのかって
びっくりしたほどでした。

いつもコメント、ありがとうございます!
波野井露楠
2014/08/06 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「小川メソポタミア文明さん、安らかに…」 すかんち/ゴールド  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる