波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ロッド以外のメンバーの意地を感じる盤でイアンを追悼」 フェイシズ/ウー・ラ・ラ

<<   作成日時 : 2014/12/08 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 肝硬変のためボビー・キーズが70歳で亡くなった翌日、12月3日、なんとイアン・マクレガンまでが亡くなってしまったことのこと…。
 脳卒中で倒れ、運ばれた病院で死去。69歳。

 
 最近は本当に訃報が多くて…。
 こうやって、この先も敬愛するミュージシャン達が一人…一人と亡くなってしまっていくのか、と思うと非常に切ないものがあります(涙)。


 そんなことを考えながら、今日は、フェイシズのオリジナル・アルバムとしては4枚目となり、事実上のラスト・アルバムとなった「ウー・ラ・ラ」を聴いています。

 二日連続の追悼です…(TT)。


 「ウー・ラ・ラ」というアルバムは、私の知る限りでは賛否両論のアルバムで、「最高傑作」とも「ちょっと残念な作品」とも言われることがあります。
 当時、ロッドとマネージャーは他のメンバーを自分のバックバンドにしようと考えていたそうで、そんな状況に対抗するかのように他のメンバーが個性を発揮したのがこのアルバム。
 そういう訳で、同じアルバムでも聴く者によって、「メンバーそれぞれの個性が感じられてよい」という人と「なんだかちぐはぐ」という人に分かれているのです。

 自分はと言うと、最高傑作とまでは言いませんが、ロッド以外のメンバーの意地のようなものが感じられて、そこがまたいいなあ…と(^^)。

 ソロとして成功を収めて勢いに乗ってるとは言え、他のメンバーを自分のバックバンドにと考えちゃうロッド。

 そんなロッドに対して、カントリーチックな楽曲で自分の個性をアピールするロニー・レイン。
 そのロニーと一緒に作った曲(なんとアルバムタイトル曲!)でしっかりボーカルを執ってしまうロン・ウッド。
 ロッドを抜いたメンバー4人で、一緒にインストゥルメンタルの曲を作ったケニー・ジョーンズ。
 ロッドがノリノリで歌う勢いのあるR&Rナンバーでも、味わいのあるロニーの曲でも、「俺は俺だよ」と自分を貫き、転がる鍵盤を叩きまくるイアン・マクレガン。

 決してむき出しではないのですが、静かな中に確実に感じられる4人の意地。
 しかも、そんな状況にも関わらず(このアルバムを発表した後、ロニーは脱退)、音を聴くとやっぱり演奏をとことん楽しんじゃってるのがありありと分かっちゃう5人の演奏。
 
 ロニー中心で作った後半の穏やかな曲達も、シングルカットされたキャッチーなR&R「いとしのシンディ」も、どの曲も私は好きです。
 中でも、5人の音がぶつかり合う「ボースタル・ボーイズ」はスリリングいいなあ(^^)。


 ストーンズとはまた違った個性で輝いていたフェイシズ!
 その個性の源の一つが、イアンの弾く鍵盤だったことは言うまでもありません。
 このアルバムを聴きながら、イアンの功績を改めてしみじみと感じているところです(><)。


 イアン、他のメンバーたちと一緒にこんなカッコいいバンドを作ってくれてありがとう!
 最高のR&Rをありがとう!

 天国に行ってしまったイアン・マクレガンに、そう言いたい気持ちでいっぱいです。


 
 イアン…どうぞ、安らかに。 



ボースタル・ボーイズ


いとしのシンディ


ウー・ラ・ラ

 
<ROCK>
フェイシズ/ウー・ラ・ラ (1973) 
1. シリコン・グロウン
2. いとしのシンディ
3. フラッグス・アンド・バナーズ
4. 俺のせいだ
5. ボースタル・ボーイズ
6. フライ・イン・ジ・オイントメント
7. イフ・アイム・オン・ザ・レイト・サイド
8. グラッド・アンド・ソーリー
9. ジャスト・アナザー・ホンキー
10. ウー・ラ・ラ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はのい先生 こんばんは!

PCの状況が ここんところ悪くて ソフトを買って
危機は脱したようです。
イアン・マクレガンも亡くなり フェイセスの元メンバーも 少なくなりましたね。
ロッドは好きなんですが 彼の性格がフェイセスの崩壊を招きましたね。
ロニー・レインのアルバムを聞いていると この曲をロッドが歌ったならと何度も思ったりしました。
それだけフェイセスは No.1に大好きなバンドでした。
イアンのご冥福を心よりお祈りします。
PCも大丈夫なようなので音楽ブログもぼちぼち書いてみます♪
ひるのまり
2014/12/10 22:05
ひるのまりさん!

PC復活、よかったですね!
実は、自分のPCも調子悪くて…。
買い換えたいのですが、お金が(^^;)。

ところで、フェイシズ!
本当にカッコいいですよね。

これぞR&R!って感じが大好きです。

イアンの訃報、驚きました。
残念です。

自分もブログ、ぼちぼち再開しようと思います。
今後もよろしくお願いします!
波野井露楠
2014/12/21 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ロッド以外のメンバーの意地を感じる盤でイアンを追悼」 フェイシズ/ウー・ラ・ラ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる