波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プレッシャー・ドロップ祭りB 〜悪くない!」 ザ・スペシャルズ/トゥデイズ・スペシャルズ

<<   作成日時 : 2017/10/21 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 今日は、学校の文化祭&地区の文化祭&学校評議員会…この3つがコラボし合った、なかなか忙しい一日でした(^^;)。
 でも、今回は、自分よりもまわりの同僚たちが頑張ってくれた一日で…子どもたちの発表も素晴らしく…本当に素敵な素敵な土曜日になりました(^^)。

 文化祭担当の後輩もすごく頑張ってたなあ!
 たぶん、かなりのプレッシャーがあったと思うのですが、見事に跳ね返していました。
 それが、とっても頼もしく、とっても嬉しかったです(^^)。

 そんな、疲労困憊のはずなのに、気分は妙に軽やかな土曜の夜!
 とってもいい気分のまま、プレッシャー・ドロップ祭り3日目、スタートです(^^)♪


 今日紹介するのは、スペシャルズの「トゥデイズ・スペシャルズ」。

 レゲエの兄貴的存在のスカと、70年代当時新勢力として勢いのあったパンクを合体させて2トーンという新しいジャンルを創り上げたのがスペシャルズ!
 白と黒を基調にした衣装…肌の色も!…と、軽妙なリズムとホーンの絡んだ明るい演奏。だけどその歌詞はとても鋭くメッセージ性も強くて…。見た目もサウンドも思想も最高にクール。

 そんな2トーンを生み出したスペシャルズ(1stと2ndはマストアイテム!)ですが、解散後、主要メンバーだったテリー・ホールとジェリー・ダマーズがそれぞれのグループを作り分裂してしまいます。
 本作は、そんな彼らが紆余曲折を経て、そのテリー・ホールとジェリー・ダマーズを除いたオリジナル・メンバーで再結成、再出発したアルバムなのです。

 リリースが発表された当時は、「スペシャルズが帰ってきた!」と、ファンの間で話題になったようです。
 しかし、前述のとおり、主要メンバーの2人が不在ということもあり、また、全曲が他のミュージシャンのカバーということもあり、複雑な思いをしたファンも多かったと、以前、スカに詳しい友人から聞いたことがあります。
 実際、シンセサイザーや打ち込みを多用したサウンドを批判する意見もあったらしいです。

 
 ただ…私の場合は、大変申し訳ないのですが、スペシャルズのコアなファンという訳ではなく、単純にカッコいい音楽が好きという人間なものですので…個人的に打ち込みはあまり好きではないのですが(汗)…、このアルバムを聴いたときは、素直に「あ、カッコいいなあ」と思った次第で(^^;)。

 なんと言っても、私の大好きな「プレッシャー・ドロップ」のカバー(シングル・カット!)が入ってますし(>v<)♪
 個人的には、それだけで「買い」です(^^;)。
 このアルバムの「プレッシャー・ドロップ」は、ゴスペルチックなオルガンと美しいコーラスで始まり、途中陽気なラップでの味付けもあって、新生スペシャルズならではのアレンジがなされています。

 それから、「プレッシャー・ドロップ」以外にも、いい演奏がたくさん収録されています。
 例えば、1曲目の「テイク5」。デイヴ・ブルーベック・カルテットのカバーですね(^^)。「テイク5」という題名やデイヴ・ブルーベックの名前は知らなくても、「この曲、聴いたことある!」という人は多いはず。ジャズの名曲です。
 スペシャルズのオリジナルの2枚のアルバムにも参加していた、伝説のトランペット奏者、リコ・ロドリゲスの演奏をお手本にしているのかな?とも思いましたが、スペシャルズの演奏もなかなかです。

 その他にも、ジャマイカを代表するコーラス・グループ、ヘプトーンズの「ヒポクリット」(←これもシングル・カット!)、ちょっと(かなり?笑)意外なモンキーズの「恋はちょっぴり(A Little Bit Me, A Little Bit You)」(←これまたシングル・カット!笑)、彼らがリスペクトするクラッシュの「誰かが殺された(Somebody Got Murdered)」、映画「ハーダー・ゼイ・カム」を思い出さずにはいられない「007(シャンティ・タウン)」、ボブ・マーリーの最初期の名曲「Simmer Down」と、聴きどころ満載!


 オリジナルのスペシャルズとは区別して、“スペシャルズ・マークU”とも呼ばれることもある、この時期のスペシャルズですが、なかなかどうして、決して「悪くない」アルバムです。

 ネットでは随分安く売られているようです。
 実際、自分もなんと「1円!」でゲットしました(驚)。

 お持ちでない方は、この機会にいかがでしょう(^^;)?♪



Pressure Drop



Pressure Drop (Live)



Hypocrite (PV)



Take Five



A Little Bit Me, A Little Bit You



007



<SKA>
THE SPECIALS/TODAY’S SPECIALS (1996)
1. Take Five
2. Pressure Drop
3. Hypocrite
4. I Don't Want To See You Cry
5. A Little Bit Me, A Little Bit You
6. Time Has Come
7. Dirty Old Town
8. Somebody Got Murdered
9. 007
10. Simmer Down
11. Maga Dog
12. Bad Boys
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
プレッシャードロップ祭り第3弾
ありがとうございます!
スペシャルズ、大好きです(^^)
1stしか持ってないのですが…
やはり、大好きです☆
学生時代、スペシャルズのTシャツを
着てたとか、どこかのライブハウスで
『NewEra』を出囃子に使ったバンドがいて「おおっ!」と興奮したこととかを思い出しました(^o^)
これを機に、スペシャルズをもっと聴いてみたいと思います。
さぁ、明日からまた仕事頑張ります!
bound for glory
2017/10/23 17:54
こちらへの初来訪を頂きありがとうございます!コチラのお気に入り登録をさせていただきました。今後とも情報交換、よろしくお願いしますm(_ _)m
ローリングウエスト
URL
2017/10/24 06:16
bound for gloryさん!

学生時代にスペシャルズのTシャツ着てたんですか?
渋い(^^)!!
セカンドもいいですよ!
今度聴いてみてください(^^)。

毎日大変ですが、お互い頑張りましょう♪
波野井露楠
2017/10/29 16:47
ローリングウエストさん!

こんにちは。
ありがとうございます!!
こちらでも、リンクを貼らせていただきますね。
これからもよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2017/10/29 16:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「プレッシャー・ドロップ祭りB 〜悪くない!」 ザ・スペシャルズ/トゥデイズ・スペシャルズ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる