波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「心穏やかに…」 サイモン&ガーファンクル/若き緑の日々

<<   作成日時 : 2017/11/10 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 徹夜で朝を迎えた今日、同時進行で準備を進めていた大きな仕事の一つが終わりました。
 明日は明日で5時起きで出張なのですが、今は心地よい疲労感を感じながら、心穏やかな時間を過ごしています。

 BGMは、S&Gのベスト盤「若き緑の日々」♪
 この盤は中学生の時にLPで聴きまくったアルバムで、当時、超ヘヴィ・ローテーションで聴いていたことを覚えています。それこそ、レコードの溝がすり減ってしまうくらい(笑)。

 でも、今日はCDで聴いています。
 先日、近所のブックオフで見つけて、安価で購入したのです(^^)。

 久々に聴いていますが、本当に懐かしいです。
 このアルバムの曲順は、なんだか耳が覚えてしまっていて、曲が次に変わる時も、自然に鼻歌も次の曲になってしまいます(^^)。
 当時は、「コンドルは飛んで行く」と「スカボロー・フェア」が大好きで、歌詞を見ながら歌えるように必死に練習したものでした。
 それから、担任だった英語の先生や隣のクラスの美術の先生もビートルズやビーチ・ボーイズ、S&Gなんかが好きで、先生たちからもよくLPを借りたりしてました(^^)。あ!そうそう、クラスのお楽しみ会で、ビートルズだけのイントロクイズをしたりもしたなあ(笑)!
 いろんなことが思い出されてきました(笑)。

 たまには、こういう落ち着いたサウンドもよいですね(^^)。

 今日は、このまま心穏やかに眠れそうです(^^)。
 明日も早いことですし、そろそろ布団に入ろうかと思います。(久しぶりに!←このところ、毎日床でうたた寝の日々でしたから。笑)

 では、皆さん、おやすみなさーい(^^)。


 このベスト盤…曲数も多すぎず少なすぎず、とってもよいですよ♪
 S&Gのベスト盤をお探しでしたらお勧めです。最新の盤ではありませんが(^^;)。
 

コンドルは飛んで行く



スカボロー・フェア



<ROCK>
サイモン&ガーファンクル/若き緑の日々 (1981)
1. アイ・アム・ア・ロック
2. 早く家に帰りたい
3. アメリカ
4. 59番街橋の歌
5. 水曜の朝、午前3時
6. コンドルは飛んで行く
7. 動物園にて
8. スカボロー・フェア/詠唱
9. ボクサー
10. サウンド・オブ・サイレンス
11. ミセス・ロビンソン
12. キープ・ザ・カスタマー・サティスファイ
13. ソング・フォー・ジ・アスキング
14. 冬の散歩道
15. いとしのセシリア
16. 旧友
17. 明日に架ける橋
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「サイモン&ガーファンクル」・・、ビートルズやエルトンジョンと並んで、小生に洋楽の素晴らしさを教えてくれた恩人です。小学校時代(1967)に不二家CMで流れていたS&Gの「サウンド・オブ・サイレンス」を聴いて感銘。半音のイントロギターから、透明感あるガーファンクルの美しい声、それに合わせるポールサイモンの低音ハーモニー、静寂をテーマとし暗闇の中から響いてくるような美しいS&Gのアコースティック世界には、詩の中に強いメッセージが秘められていました。洋楽に本格的に興味を持ち始めた13歳の頃、「赤い限定盤:S&Gグレーテストヒッツ」を購入、これこそ小生が生まれて初めて買ったLPレコードです。映画「卒業」では「ミセス・ロビンソン」に誘惑される主人公ダスティホフマンが娘役キャサリンロスへの純愛を貫く物語がよかったですね〜!その後、「コンドルは飛んでいく」「スカボロフェア」「ボクサー」そして最大名曲「明日に架ける橋」など数々のヒット曲を生み出し、小生も洗練された美しいフォークロック世界に一遍に虜となりました。
RW
URL
2017/11/10 06:23
何と言うか、うまく表現できませんけど、サイモンとガーファンクルの詩は、今でも自分の中の大きな部分を占めています。

触発されて、記事にしちゃいました!
FirstMESA
URL
2017/11/11 00:48
波野井さんこんにちは。
日々の激務、お疲れ様です!

S&Gではないのですが、
ラモーンズのブログ読みました!
ベイシティローラーズの影響も
あったんですね。
8ビート&3コード、
ポップでキャッチー、
ライダース&ジーンズ(右膝は破けている)等々、
自分の中で、ものすごく、
rock'n'rollド真ん中な感じがして、
かっこいいです!

明日は自分も大きな仕事が控えてます。
ラモーンズとプレッシャードロップで、もう一頑張り!
そして、仕事の後はS&Gで心穏やかに
となるように、頑張ります(^^)
bound for glory
2017/11/12 09:18
RWさん!
こんばんは。
S&Gの曲は素晴らしい曲ばかりですよね!
自分もS&Gが洋楽の入り口でした。
ビートルズかS&Gか、という感じです(^^)。

赤い限定盤というのがあったんですね。
それぞれの思い出の1枚という感じでいいですよねえ(^^)!

いつもありがとうございます!!
波野井露楠
2017/11/13 00:40
FirstMESAさん!
こんばんは。

なるほど〜!
歌詞かあ!!
私の場合は英語が苦手なので
対訳がないとほぼアウトという感じです(笑)。

でも、確かにどの曲も歌詞がいいですよね!

記事も拝見しました。
写真もカッコよかったです(>v<)!
波野井露楠
2017/11/13 00:44
bound for gloryさん!
こんばんは。

ラモーンズ、いいですよね。
自分も今日、久しぶりに聴きました(^^)。
ブログ記事は違うやつを書きましたが(^^;)。

ところで、仕事も大一番なんですね。
頑張ってください!
で、夜は是非S&Gで穏やかな時間を(^^)!
波野井露楠
2017/11/13 00:49
嗚呼、もうジャケもいいっすねえ。S&Gとかクリスマスこの時期に聞くとたまんねえなぁ。
「みんな自由を求めてアメリカにやってきたんだ」大好きなんですよ!あの時代のムードを象徴してるような気がして。「木の葉は緑」も好きですねえ。どうやらこのレコードには収録されて無い様だけど。家の父が言ってたけど、ビートルズとS&Gはいつもヒットして無い曲にいい曲がたくさんあった。LPを買う価値があった、と。
アートガーファンクルの1st.についてた写真部屋のステレオの後ろに画鋲でとめてます。

「ハローハローハローハローグッバイグッバイグッバイグッバイ」
耕作
2017/11/14 05:31
耕作さん!
こんばんは(^^)。

「木の葉は緑」!!
わあ、渋いところ、きましたねえ(>v<)♪
自分は、実家の自分の部屋に
レコード屋でもらったS&Gのモノクロのパネルが飾ってあります。
(ところで写真部屋があるんですねえ!!)

昔のアーティストはシングル曲はアルバムに入れなかったようですから、アルバムの曲には名曲も多かったのでしょうね(^^)。

コメント、ありがとうございます!
「ハローハローハローハローグッバイグッバイグッバイグッバイ」
おやすみなさい(^^)。
波野井露楠
2017/11/16 01:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「心穏やかに…」 サイモン&ガーファンクル/若き緑の日々 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる