波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「全部乗せの如く(前編)」 VA/スタックス/ヴォルト・レヴューVol.1 ライヴ・イン・ロンドン

<<   作成日時 : 2017/12/28 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 2017年12月29日。今日が今年の仕事納めでした。
 明日からは閉庁日。
 休みの間、ガラスが割れたり不審な人物が彷徨いていたりしてないか…の見回りはあるにせよ、一応我々職員も冬休みです(^^)♪

 そんな訳で、今夜はホッと一息つきながら、これを聴いてくつろいでいます(^^)。

 オーティスを始めとしたスタックス・レコードの面々が「スタックス/ヴォルト・レヴュー」と銘打って1967年に行ったヨーロッパ・ツアーから、ロンドン公演の演奏をピックアップしてリリースされた本作。
 「スタックス/ヴォルト・レヴューVol.1 ライヴ・イン・ロンドン」です♪

 ダイジェスト版なので、出演者それぞれの曲数は少ないのですが、このロンドン盤はその時のライブと同じく、MG’sから始まり、次にマーキーズが出てきて、それから歌い手が登場!という構成になっているので、当時のライブ全体の雰囲気を感じることができ、そこがまたよいのです(^^)。

 この盤では、オーティスは「シェイク」1曲だけですが、「ヨーロッパのオーティス・レディング」のイントロダクションと繋げたりして(^^;)、なかなかカッコよく編集(?)されていますし、なんと言っても「シェイク」はキラー・チューンですから、この1曲だけでもオーティスの勢いが伝わってきます。実際、演奏のテンポも速めで、かなりの迫力です!

 で、オーティスのライヴの様子は、「ヨーロッパのオーティス・レディング」「ライヴ・イン・ロンドン&パリ」を聴いてじっくり楽しむとして(^^;)…。
 今回特筆すべきは、やはり、前述のMG’sやマーキーズ…それから、エディ・フロイド、カーラ・トーマス、サム&デイヴのライヴを、こうやってまとめて聴くことができるということなのではないでしょうか。

 まだメインの歌い手が出てきてないのに、ブッカー・T.&MG’sの「グリーン・オニオン」からすでに盛り上がっているオーディエンス!
 エディ・フロイドの人気の高さ!
 カーラ・トーマスの堂に入ったパフォーマンス。(「イエスタデイ」は必聴です!)
 ダブル・ダイナマイト、サム&デイヴの貫禄のステージ!

 1枚で、これだけの演奏が聴けるのですから、ラーメンや海鮮丼で言えば所謂「全部乗せ」といったところでしょうか(^^;)。

 以前の「ヨーロッパのオーティス・レディング」の記事でも書いたのですが、当時、リアルタイムでこのライヴを観ることのできた人たちは本当に幸せですよねえ(ため息)…。
 そんな、1967年ロンドンの熱いステージに思いを馳せながら、今夜はもう少しこのアルバムをリピートでかけていようかと思います♪

 続編の「スタックス/ヴォルト・レヴューVol.2 ライヴ・イン・パリス」は、次回の記事で(^^)!
 

 ところで、このところ毎日夕焼けが綺麗ですね(^^)。
 先日、職場からスマホで撮った夕焼けを3枚ほど、一番下に貼りました。よろしければ、そちらもどうぞご覧ください(^^)。

 それでは、また(^^)。



グリーン・オニオン/ブッカー・T.&MG’s


ノック・オン・ウッド/エディ・フロイド


シェイク/オーティス・レディング


イエスタデイ/カーラ・トーマス
※1967年ワシントンD.C.(ピアノはダニー・ハサウェイ!)


ホールド・オン、アイム・カミン/サム&デイヴ


<R&B>
VA/スタックス/ヴォルト・レヴューVol.1 ライヴ・イン・ロンドン (1967)
1. グリーン・オニオン/ブッカー・T.&MG’s
2. フィリー・ドッグ/マーキーズ
3. 天使のハンマー/エディ・フロイド
4. ノック・オン・ウッド/エディ・フロイド
5. シェイク/オーティス・レディング
6. イエスタデイ/カーラ・トーマス
7. ベイビイ/カーラ・トーマス
8. アイ・テイク・ホワット・アイ・ウォント/サム&デイヴ
9. 僕のベイビーに何か?/サム&デイヴ
10. ホールド・オン、アイム・カミン/サム&デイヴ
画像


<職場から見える夕焼け 〜12月〜>
※真ん中の写真には、小さく富士山も写っています(^^)。
画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新年あけましておめでとうございます。2018年RWブログコメントの一番乗りを頂き誠にありがとうございます。今年も洋楽記事ともどもお付き合いのほどよろしくお願いします!
RW
URL
2018/01/01 07:47
RWさん!
あけましておめでとうございます。

私の方は単なる雑感ですが、
こちらこそ今年もよろしくお願い
いたします。
いつも、ありがとうございます。
波野井露楠
2018/01/02 10:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「全部乗せの如く(前編)」 VA/スタックス/ヴォルト・レヴューVol.1 ライヴ・イン・ロンドン 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる