「冬になると聴きたくなるんです」 ダニー・ハサウェイ/ライヴ

 いよいよ明日はクリスマス・イヴ!
 しかし、研究のまとめも大詰め…と言うか、まったく詰められていない私には、今年はクリスマス・イヴもクリスマスも(おそらく正月も)ありません(涙)。
 今日も、研究のまとめが進まず、PCの画面と参考文献や子どもたちのアンケート結果などとにらめっこしているうちに半日が過ぎてしまいました(@@;)。本気で焦ります(大汗)。

 そして、こんなにも焦っているのにも関わらず、悪い癖が出てしまい、ただ今現実逃避の真っ最中の私でございます(^^;)。

 ふー。
 脳みそが考えることを拒否しています(××;)。

 と言うわけで、こんな時は音楽タイムです(笑)。(←本当は、笑えない!)

 今、私の後ろで流れているのは、ダニー・ハサウェイの「ライヴ」です。
 このアルバムは、毎年、冬になるとどうしても聴きたくなるアルバムの1枚。この冬はまだ聴いていなかったのですが、やはり今年も聴きたくなりました(^^)。

 本作は、前半4曲が1971年の8月に行ったロサンジェルスでの公演から、後半4曲が同年10月に行ったニューヨークでの公演からの選曲となっているのですが、どちらも本当に味わい深い名演奏となっており、いきなりの「ホワッツ・ゴー・イン・オン(愛のゆくえ)」から始まり、ラストの「エヴリシング・イズ・エヴリシング」まで、「これでもか!」というくらい大人の雰囲気に酔いしれることができます。

 ダニーのお洒落だけど力強いボーカルとエレクトリック・ピアノ!
 前半のフィル・アプチャーチのお洒落な感じのギターと、後半のコーネル・デュプリーのブルージーな渋めのギター!
 それから、全編でうねりまくっているウィリー・ウェークスのベース!
 タイトで確実なリズムで演奏を支えるフレッド・ホワイトのドラム!
 絶妙なスパイスとなっているアール・ディロウエンのコンガ!

 ライブならではの、楽器同士の掛け合いや即興演奏に鳥肌が立ちまくりです!

 特に私が気に入っているのが、マーヴィン・ゲイの「ホワッツ・ゴー・イン・オン」はもちろん、2曲目の「ゲットー(ここでの間奏がまたスゴイ!特に、アール・ディロウエンのコンガが大活躍!!)」、キャロル・キングの「きみの友だち(前奏のピアノが聞こえた瞬間のオーディエンスの歓喜の叫び声と、会場が一体となった大合唱に胸がキュンとなります)」、ジョン・レノンの「ジェラス・ガイ(これがまたカッコいいのです!)」、ラストの「エヴリシング・イズ・エヴリシング(ラストにふさわしい迫力の演奏!)」。

 どの曲も、ボーカルパートの演奏だけでなく、間奏部でのそれぞれのプレーヤーの演奏に耳も心も釘付け!

 昨年の今頃、ちかくのCDレンタル屋で「クリスマスに、恋人同士で聴くにはピッタリ」と紹介されていた本作。
 雰囲気たっぷりなこのアルバムで温かい気持ちになれるという点では当たっていますが、あまりの名演に熱くなりすぎてクリスマスどころじゃなくなるという危険性も含まれていますので、取り扱いには要注意です(笑)。

 かく言う私も、つい夢中になりすぎて、レポートのことをすっかり忘れていました(汗)!

 気持ちを切り替えて頑張らなくては!!
 …って、うまく切り替えられるかなあ(苦笑)。

試聴はこちら

<R&B>
ダニー・ハサウェイ/ライヴ (1971)
1. 愛のゆくえ
2. ゲットー
3. ヘイ・ガール
4. きみの友だち
5. リトル・ゲットー・ボーイ
6. ウィ・アー・スティル・フレンズ
7. ジェラス・ガイ
8. エヴリシング・イズ・エヴリシング
画像

この記事へのコメント

2007年12月23日 20:26
私が感じたことを ほとんどいってくれるので
なんにも ゆうことありません。
松田優作が ダニー・ハザウェイが 好きだったようです。お仕事 ほんとに 大変そうで せめてクリスマス・イヴで メリクリして下さいね。
2007年12月23日 22:01
昨日僕もこれを聴いていたので偶然にビックリ! 何だか聴きたくなったのでした。カバーの数曲は彼の演奏と歌がコピーなのにオリジナルに思える不思議な力を感じます。
2007年12月24日 11:31
まりさん。
こんにちは!
今日もイヴなのにレポートです(涙)。
でも、少し閃いたので頑張ります!
明日の大学のゼミで、OKをもらえたら嬉しいのですが(^^;)。
ダニー・ハサウェイ、サザン・ソウルが大好きだった私に新しい風を吹き込んでくれた人です(^^)。
2007年12月24日 11:33
日向小僧さん。
こんにちは!
おお!
素敵な偶然ですねえ(^^)!!
私は冬と言えば毎年、
この1枚は欠かせないんです(^^)。
カバー曲もオリジナル曲も素晴らしい演奏ですよね!!
滅茶苦茶素晴らしいです(^^)!
2007年12月24日 11:55
聴いてるだけで温まってくる素晴らしい演奏ですよね。
ダニーの歌も、バックの演奏も、もはや何も言うことはありませーん(^^)。ただただ聴き入るのみです。
あ、TBどうもありがとうございました~

リュウ
2007年12月24日 20:54
これとカーティスのライヴは聴かない週がない位、お気に入りです♪聴けば聴くほど、凄さ実感!
2007年12月25日 00:31
リュウさん同様、聴けば聴くほど凄いと思える名演。
パフォーマーと、その空気を切り取ったエンジニアにも拍手!
2007年12月29日 14:35
MINAGIさん。
こんにちは!
本当に名演ですよねえ。
私は今ちょっとウィルスにやられて
体が絶不調なのですが、
こんな時に聴くと、心身ともに温まって
すごく効果があるかも知れませんね(^^)。
2007年12月29日 14:37
リュウさん。
こんにちは!
なるほど~。
カーティスもスゴイですからねえ。
私は、あとオーティスとアレサ…かなあ。
でも、とにかくライヴっていいですよねえ。
演奏中の熱気がグッと伝わってくるので大好きです!
2007年12月29日 14:40
ezeeさん。
こんにちは!
おお、エンジニアかあ(^^;)。
ezeeさん、さすがですねえ。
トム・ダウドとか有名ですが、それぞれのライヴ盤にはそれぞれのエンジニアがいるんですものねえ!
いやあ、目から鱗です(^^)!
ナイスな視点、ありがとうございます!!

この記事へのトラックバック

  • Live / Donny Hathaway * 1971 Atlantic

    Excerpt:  もし音楽に目覚めた友達に「ソウルのライヴ盤なんかええの貸してくだはい」って言われたら、「これ、どないでっか」と多分差し出すであろうのがこのダニーのライヴ盤。生音主�... Weblog: 音系戯言 racked: 2007-12-25 00:34
  • LIVE/DONNY HATHAWAY(ダニー・ハサウェイ)

    Excerpt: ”ゆる~い”・・・でも”熱い”! 一つのライヴ盤と表現するよりかは、これぞまさに実況録音盤(意味はどちらも同じなのですが・・・)で、その言葉こそが相応しいまでのDONNY HATHAWAY(ダニ.. Weblog: 7-sihuku-人からの回覧板! racked: 2008-02-09 21:45