「国語の研究のあとがきに清志郎を登場させてしまった私(汗)」 RCサクセション/カバーズ

 昨日、県の総合教育センターというところで研究のまとめを発表してきました。こんなに徹夜をしたことはない…というくらい徹夜を繰り返し(苦笑)、なんとかここまでたどり着きました。
 子どもたちと一緒に地域の雑誌を作り、その中で国語の力や地域との繋がり・コミュニケーション能力・コミュニケーション意欲などを育てたいというのが私の研究だったのですが、子どもたちの作っている雑誌の最終号を完成させるまではまだ研究が続きます。そして、研究の発表会も、国語教育学会での発表という最後の大きな山が残っています。
 ようやくここまで来ることができましたので、最後まで気を抜かずに、しっかりと頑張りたいと思います。6年生のかわいい子どもたちとももうすぐお別れなので(涙)。

 ところで、その研究のまとめですが、このブログでもたびたび話題にしていた冊子がめでたく完成しました(>v<)!(しかし、印刷屋さんが表紙の学校名を間違えてしまったので、いま製本し直してもらってますが。大汗)

 いやあ、すごく大変でした(笑)。冒頭で「こんなに徹夜をしたことは…」ということを書きましたが、こんなに文章を書いたことも初めての経験でした(^^;)。結局150ページの冊子になりましたが、今回の経験は自分にとってとてもよい経験となりました。

 それで、完成した喜びのあまりと言いましょうか、度重なる徹夜の疲れで意識が朦朧としていたからと言いましょうか…最後の「あとがき」が自分でも訳のわからない文章になってしまいました(苦笑)。
 国語の研究のまとめなのに、なぜかジョン・レノンと清志郎の名前が出てきます!印刷所に持って行く前に読み返した時、自分でも「ちょっとまずいかなあ…」と思ったのですが、もう疲れがピークに達しており、書き直すエネルギーもなくそのまま入稿してしまったのです(^^;)。

 以下が、その「あとがき」ですが、文章が支離滅裂でいかに私が疲れていたかが分かります。どうそ、読んで、笑ってやってください(^^;)。(後で、教授から「ふざけすぎ」と怒られないかとちょっとドキドキしています。汗)


--------------------------
〈あとがき〉

天国は無い ただ空があるだけ
国境も無い ただ地球があるだけ
みんながそう思えば
簡単なことさ

社会主義も 資本主義も
偉い人も 貧しい人も
みんなが同じならば
簡単なことさ

夢かもしれない
でも その夢を見てるのは
一人だけじゃない
世界中にいるのさ


 これは,世界を愛と平和で満たそうとしたイギリスのミュージシャン,ジョン・レノンが作った有名な曲「イマジン」を日本のミュージシャンである忌野清志郎が日本語に直したものである。世界中が平和になったら,どんなに素晴らしいことだろう。現在の世界情勢を見ていると,そういう日はなかなか来ないような悲しい気持ちになってくることもある。しかし,そのような世界中の人間が幸せになれる日を迎えるまでに,私たちにもできることがあるはずである。では,それは何か。私には,その第一歩がコミュニケーション能力の育成のような気がしてならない。
 国語という教科では国語力を育てなければならない。それは当然のことである。だが,それと同時に人と人がつながるための方法や心を教えることができるのも国語であると思う。
 外山滋比古は,自身の著書『エディターシップ』(みすず書房 1975)の中で,「争っている両者の中に立って調停する人も一種のエディターである。…(中略)…ものごとが理解できるというのも,心の目で関係を認めて,既存の秩序と結びつけたときの現象である。こういうことに注意するならば,人間の営みは何ひとつとしてエディターシップによらないものはないように思われる。人間文化はエディターシップ的文化以外の何ものでもない。われわれはすべて,自覚しないエディターである」と述べている。外山は,よりよい人間関係を作り保っていくのも編集だということを言っているのである。
 幸いにも,今回,児童は編集学習を通して,書くことを中心とした様々な目的的・協同的なコミュニケーション能力を身につけることができた。見通しを持てること,相手の気持ちを理解できることは,とても素晴らしいことである。 
 これも,T先生をはじめたくさんの先生方や仲間の支えのお陰であり,私一人では何も出来なかったことは明々白々である。○○大学でお世話になったT先生,S先生,M先生。○○県総合教育センターの先生方。××市立××小学校のY教頭先生。△△市立△△小学校のF校長先生,6年担任T先生,6年生の子どもたちと保護者の皆様。△△の地域の方々。そして,この1年間ともに学んだ長研仲間の先生方。一人一人に心からお礼を申し上げたい。
 もしかしたら,児童以上にコミュニケーションのよさを実感できたのは私自身なのではないだろうかと思うほど,充実した1年であった。この1年で学んだこと,築いた人とのつながりを生かして,来年度からはまた現場の教員として頑張っていきたいと思う。そして,クラスが,学校が,地域が,よりよいコミュニケーションでつながっていけるよう努力していきたい。
 1年間,本当にありがとうございました。

                          波野井露楠

--------------------------


 さて、「あとがき」で触れた清志郎の「イマジン」ですが、これは、あの「素晴らしすぎて発売できませんと」という東芝EMIからの新聞広告で有名になったアルバム「カバーズ」のラストを飾っている曲です。

 清志郎と言えば、タイマーズでの活動でも顕著なように政治や平和をはじめとした様々な社会問題に敏感なイメージがありますが、現在のそういった姿勢のおおもとになっているのがこのアルバムだと言っていいと思います。

 ジョニー・サンダースから、山口冨士夫(元村八分)、桑田佳祐、三浦友和(清志郎の同級生で元RCのメンバー!!)、高井麻巳子(元おにゃんこクラブ)まで、多才なゲストと共に、「世界平和」「大韓航空機爆破事件」「反核」「反原子力」などを歌った作品。(全曲政治色一色という訳ではなく、中には政治色の薄い曲もあります!!)
 初めて聴いた時は、そのメッセージの強力さに一発でぶちのめされてしまいました。イラン・イラク戦争の頃に、改めて聴いた時には、1曲目の「明日なき世界」を聴きながら居ても立ってもいられない気持ちになって、涙が止まらなかった覚えがあります。

 そう言った意味では、発売中止の原因になった「ラヴ・ミー・テンダー」や「サマータイム・ブルース」の反核・反原子力の強烈なメッセージ・ソングや、前述の「イマジン」などもいいのですが、私にとっては「明日なき世界」が、このアルバムの中ではベスト・チューンです。

 いやあ、この頃の清志郎は単純に怖かったなあ(^^;)。私には、そんなイメージがあります。この後のタイマーズとしての「夜のヒットスタジオ事件」も含めて、滅茶苦茶とんがりまくっていた頃の、怖いくらいカッコいい清志郎の姿がつまった1枚!
 発売(東芝EMIがダメだったので、キティ・レコードから発売)から20年たった今も、まったく色あせていない清志郎のメッセージとRCサクセションの演奏!
 持っている方は、久しぶりにプレイボタンを押してみてはいかがでしょうか(^^)。

 ちなみに、各曲のオリジナル・ミュージシャンと本作でのゲストは以下の通りです。
1曲目…バリー・マクガイア(ゲスト:金子マリ、ジョニー・サンダース)
2曲目…ボブ・ディラン(ゲスト:山口冨士夫、高井麻巳子)
3曲目…レインボウズ(ゲスト:山口冨士夫、三浦友和、Isuke Kuwatake(笑)!)
4曲目…ジョニー・リヴァース(ゲスト:坂本冬美、ジョニー・サンダース。なんと大韓航空機爆破事件の実行犯金賢姫(キム・ヒョンヒ)の肉声も入っています!)
5曲目…エルヴィス・プレスリー
6曲目…ローリング・ストーンズ(ゲスト:山口冨士夫、ちわきまゆみ、三浦友和)
7曲目…エディ・コクラン。フーのカバーも有名(ゲスト:高井麻巳子、三浦友和、泉谷しげる)
8曲目…バレット・ストロング。ビートルズのカバーが有名(ゲスト:山口冨士夫、三浦友和)
9曲目…アダモ(ゲスト:山下洋輔、Isuke Kuwatake)
10曲目…アルバート・キング。クリームのカバーも有名(ゲスト:山口冨士夫)
11曲目…ジョン・レノン(ゲスト:ちわきまゆみ、三浦友和)

試聴はこちら


<J-ROCK・POP>
THE RC SUCCESSION/COVERS (1988)
1. 明日なき世界
2. 風に吹かれて
3. バラバラ
4. シークレット・エージェント・マン
5. ラヴ・ミー・テンダー
6. 黒くぬれ!
7. サマータイム・ブルース
8. マネー
9. サン・トワ・マ・ミー
10. 悪い星の下に
11. イマジン
画像


 

この記事へのコメント

正直社長
2008年03月08日 23:54
あとがきに波野井露楠って書いたらさすがに教授にふざけすぎって怒られますよ(笑)僕はとても素敵なあとがきだと思いますよ!
お疲れ様です!もう少しですね!最後までがんばってください!終わったら房総(暴走?)ドライブ楽しみにしてます!
リュウ
2008年03月09日 07:38
お疲れ様です♪皆んなに何かを伝え、そして自分も何かを学ぶ、コミュニケーションのポイントでもあり最も難しいところですよね!それが形なると言うのは素晴らしい事だと思います!後書きは波野井さんという人がわかる名文かと♪
最近、昔の本を読み返す事が多いのですが、20年前と何も変わっていないと言う事を痛感!特にコミュニケーションと言う部分。清志朗のメッセージ突き刺さります!
では熱くなりそうなので、この辺で(笑)
2008年03月09日 09:34
うわぁ~、それって清志朗から何か言ってくるかもしれないっすねえ~。良いか悪いか別にして(笑)。で、このアルバム長いこと聞いてなかったけど、最初のインパクトは絶大だった!「原子力発電所が建っているっ!」ってかわいい高井麻巳子の声で言われても、みたいな(笑)。傑作ですね!
2008年03月09日 10:48
こんにちわ。
研究などなど、お疲れ様でした。
Coversは、リアルタイムでよ~く聴きました。
いまや様々な現実に抗えず、資本主義とグローバリゼーション(アメリカナイゼーション?)の奴隷になり、雪かき仕事をし過ぎて、心身ヘバッてます。
「僕の好きなせんせ~、僕の好きなオジさん」が目標ですか? 教科は違いますけど。
2008年03月09日 16:17
波野井さんお疲れ様です♪「ラヴ・ミー・テンダー」も聴いたことがあります♪
OL時代は関電の天下りの人とほとんど一緒に仕事をしていて原発もなかったらアカンのかな~と思ってましたが、やはりアカンもんはアカンですね(>_<)
2008年03月10日 15:15
いやいや、全然ふざけてないでしょ。
問題ない。

このアルバム1回聴いただけで友達に貸したっきりで行方不明。
なので内容はまるで覚えてないのね。んー。
2008年03月16日 00:46
正直社長さん!
こんばんは!
バイトは終わったかな(^^)?
今日もお世話になりました。
発表はちょっと(かなり?)失敗で、自分としてはとても情けなく悔しかったです(TT)。
でも、みなさんに支えられ、この一年を過ごすことができました。ありがとうございました!
暴走(おっと房総!)ドライブ、行こうね(^^)。
2008年03月16日 00:48
リュウさん!
こんばんは!
コミュニケーション…本当に難しい問題です。でも、それだけに研究のしがいがありました(^^)。
4月からまた現場復帰なので、この1年間で学んだことを子どもたちにしっかり伝えていきたいと思います。
頑張ります(^^)!
2008年03月16日 00:52
フレさん!
こんばんは!
清志郎から何か…って(^^;)!!
もし、そんなことがあったら卒倒してしまいますね(笑)。
ところで、高井麻巳子の「原子力発電所が建っているっ!」…確かにかわいすぎました(笑)!
2008年03月16日 00:55
Substituteさん!
ありがとうございます(^^)。
目指すは「ぼくの好きなせんせい」です(^^;)。
でも、職員室は嫌いですが、職場の先生方とはうまくいっています(つもりです。笑)。
子どもの気持ちが分かる教員になりたいなあといつも思っています。そういう教員になれるように頑張ります!
それから、雪かき仕事!!お疲れ様でした(^^)。
2008年03月16日 00:58
まりさん!
こんばんは!
いやいや(^^;)。これだけ石油のことが問題になると、原子力発電も考えないわけにはいかない時代になってきたと思います(汗)。
ただ、「安全です」と言い切ることも出来なくなりましたね(大汗)。
でも、清志郎のピュアなメッセージは、これからも真っ正面から受けとめたいなあと、心から思う私であります(^^)。
2008年03月16日 01:00
ケイさん!
こんばんは!
あとがき、変じゃないですか(^^;)。それならいいのですが…ありがとうございます(^^;)。
ところで、カバーズ!貸したっきりなのですか!?
至急、捜索願いを出してください(^^;)!!!
2008年06月06日 11:27
管理人の波野井露楠様

フレンドリストに載せてくださって、ありがとうございました(^^)自分のプロフィールに、好きなバンドにRCと清志郎って書き直しました(^^ゞ

これからも、ちょこちょこ遊びにこさせていただきます。

ところで、HNの由来って、ハノイロックなんですね♪先日、気がつきました。わたしは詳しくはないのですが、ヴォーカルの方が、ものすごく個性的でしたよね☆
2008年06月09日 23:05
紅弥さん!
こちらこそ、フレンドにお誘いくださいまして、ありがとうございました!!
ブログを拝見させていただいたところ、かなりの筋金入りの清志郎ファンとお見受けしました(^^)。
私なんか、まだまだなのですが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!!
ところで、私のHNはお察しの通り、ハノイ・ロックスがもとになっています(^^;)。
江戸川乱歩の由来が「エドガー・アラン・ポー」というのをまねてみたのですが、
いかがでしょうか(^^;)。
2008年07月13日 15:19
古い記事へのコメント失礼します。
先日、紙ジャケで発売されているRC時代のアルバムから、こいつ買いました。
久しぶりに聞いたけど、やっぱこのアルバムいいですね~♪
こんなにストレートに言いたいことを言える清志郎が、凄く輝いて見えます。

今年の夏はもう諦めてますが、夏の野音でこんな強烈なメッセージソングを歌う清志郎をまた見たいなと。

そんな訳で、古い記事にで申し訳ありませんが、TBさせていただきました。
宜しくお願いします。
2008年07月21日 09:35
HIROさん!
返事が遅くなってごめんなさい!!
清志郎、とても心配なことになってしまいましたね。
ガンを切ってないと言ってたので、転移が怖いな…とは思っていたのですが…。
しかし、清志郎自身がHPで前向きなメッセージを私たちに送ってくれているので、今回も清志郎を信じたいと思います!!
「カバーズ」の時のパワーを今も失ってない清志郎!絶対復活してくれますよね!!

この記事へのトラックバック

  • カバーズ/RCサクセション

    Excerpt: 先月、 9月6日に日比谷野音で行われる清志郎のチケット取りに、先行予約&一般発売と相次ぐ連敗で見事に玉砕し、ブログの更新も出来ないほどに落ち込んでいた。 Weblog: 世捨て人の戯言 racked: 2008-07-13 15:19