「明日は横浜!豹柄ジャケット&赤ラバーソウルでGO!」 THE WHO/WHO ARE YOU

 皆様、明日の横浜、よろしくお願いします(^^)!
 日曜日のさいたまアリーナでは、りりーさんとお会いできそうな感じなのですが、明日の横浜では確実にお会いできると約束できた方がまだいないので、私が少々目立つ服装をしていきたいと思います(←馬鹿!笑)。もしも見かけた方がいらっしゃいましたら、ぜひお声をかけてください(笑)。

 で、どんな格好で行こうかなあと考えた結果…。
 明日は、黒のスーツの上に豹柄のジャケット、そして赤いラバーソウルで行きたいと思います(笑)。
 目印は、豹柄ジャケットと赤のラバーソウルです。よろしくお願いします(笑)。

 と、こんな感じの私ですが、今日、聴いているのは「Who Are You」!
 今回のツアーでは、このアルバムから「Who Are You」と「Sister Disco」を演奏してくれるようで(^^)…実は、若い頃はあまり好きではなかった本作なのですが(今は、結構好きです!汗)、一生懸命聴いています(笑)!

 リアルタイムでこのアルバムを聴いていた方にとっては、キース・ムーンの遺作になってしまったということもあって、とてもとても感慨深いアルバムなのだというのは分かっていますし(アルバム・ジャケットのキース・ムーンが座っている椅子の背に「NOT TO BE TAKEN AWAY(連れていかないで)」と書いてあるのが、ある意味、衝撃的です…)、後追いファンの私だってそういう聴き方をすれば、やっぱりジーンときます。
 しかし、基本的に昔からフーは初期が好きな私。さらに若い頃は、シンセサイザーの入った音に対して心を閉ざしていた時期もあって…長いこと、馴染めずにいたのでした(^^;)。
 でも、ある程度年をとってきて、ある時、若い頃の変なこだわりがスーッとなくなっている自分に気がついたんです。「ハード・ロックじゃなければロックじゃない!」「ロックは男のもの!」「ロックやるなら長髪!」「ロックにシンセはいらない!」…こんな、訳の分からないこだわりがなくなったんです。
 そして、素直な気持ちで聴いたら…「なかなか、いいじゃん!」って思えたんです。そう思えるまで、随分かかりましたが(苦笑)。

 こだわりって基本的には大切なことだと思うのですが、場合によっては柔軟であればあるほどいいってこともあるんですね(笑)。
 このアルバムは、私にそんなことを教えてくれたアルバムでもあるのです(^^)。


 ついに、フーが単独で来日!ということで興奮しているせいかも知れませんが、今日聴いているアルバム「Who Are You」の曲達は、全て私の耳と心に沁みて聴こえます(^^;)!!


 さあ、明日はパワー全開で盛り上がりますよー(>v<)!!
 皆さん、明日はどうぞよろしく!!
 しつこいようですが、目印は「豹柄ジャケット」と「赤いラバーソウル」です(笑)!
 そして、合い言葉は…もちろん「Who are you?」(笑)!?


 ただ…、明日の放課後、博物館との打ち合わせが入ってしまったんですよねえ(@@;)。
 開演時間に間に合うように横浜に着けるかが、ちょっと不安な私です(TT;)。
 頑張ります!!!

 
 ところで、このジャケットを見ると、オールマン・ブラザーズ・バンドの「フィルモア・コンサート」を思い出すのは私だけでしょうか(笑)?



↑「Who Are You」の映像!(映画「The Kids Are Alright」より)


<ROCK>
THE WHO/WHO ARE YOU (1978)
1. New Song
2. Had Enough
3. 905
4. Sister Disco
5. Music Must Change
6. Trick of the Light
7. Guitar and Pen
8. Love Is Coming Down
9. Who Are You
- Bonus Track -
10. No Road Romance
11. Empty Glass
12. Guitar and Pen [Olympic '78 Mix]
13. Love Is Coming Down [Work in Progress Mix]
14. Who Are You [Lost Verse Mix]
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月15日 07:44
豹柄ジャケットの人、探したんですが、会えませんでしたね。残念でした。
それはともかく、ライブは最高でしたね。音といい、過剰な演出が無かったり、客も良く乗ってたし(少なくとも僕の周囲は)。
ロジャー・ダルトリーさん、あの歳であれだけロックシンガーらしいのは信じられません!
ぷくちゃん
2008年11月15日 11:06
豹柄の方、私も探したのですが浜崎●ゆみしか見つかりませんでした。(嘘)

でも良かったですよね。私も年甲斐もなくのりのり。職場の人間が観たらひいてしまうようなトリップ状態でした。(爆)
2008年11月15日 18:15
subustituteさん!
訳あって、会場に入るのが遅くなってしまったので、私も皆さんをお捜しすることができませんでした。
残念(><)。
しかし、本当に無駄な贅肉のないストレートな素晴らしいステージでしたね!!
まだ興奮が冷めません(^^;)!
明日は、さいたまスーパーアリーナ。
体調が最悪ですが、頑張りたいと思います(^^)。
2008年11月15日 18:18
ぷくちゃんさん!
こんばんは(^^)。
ぷくちゃん先輩のお陰で、私も予習CDを作ることができ、大いに盛り上がりました(^^)!
私も、腰痛&大風邪にも関わらず、はしゃぎすぎてしまいました(^^;)。
それにしても、お会いできなかったのは
残念です~(><)。
浜崎●ゆみ…よく見たら私だったとか…嘘です(笑)。

この記事へのトラックバック

  • The Who - Live In Japan 2008

    Excerpt:  今世の中で何が起きてるかっつうとだ、やっぱりザ・フーの来日公演なワケでして、もちろん自分も何回か足繁くライブに通うんですが、昨�... Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2008-11-15 22:34