「JBの最高傑作の内の1枚だと断言しちゃいます(^^;)!」 ジェームス・ブラウン/グラヴィティ 

 今日はジェームス・ブラウンの命日ですね。
 2年前にそのニュースを知った時は、本当に驚きました。
 と、言いながらも、未だにJ.B.が生きているような気がしてならない私。頭では分かっていても、彼のエネルギッシュなアルバムを聴き返すたびに、どうしてもそういう気持ちになってしまうのです(^^;)。

 だって…凄すぎます!ジェームス・ブラウン!
 どのアルバムも躍動感バリバリですもの(^^;)。

 今日聴いていた、この「グラヴィティ」だって、凄いですよ!!
 滅茶苦茶ハイ・テンション!!そして、滅茶苦茶ハイ・エナジー!!
 ライヴ盤を除いた彼のスタジオ盤の中では、紛れもない超傑作の内の1枚だと思うのですが、いかがでしょうか?
 70年代後半からパワーダウンしてしまっていたジェームス・ブラウン。80年代に入ってからも、何度か復活を試みたのですが、そのたびに敢えなく失敗に終わっていたジェームス・ブラウン。しかし、1986年、このアルバムによって、ついにJ.B.は完全復活を遂げることに成功したのでした。映画「ロッキー4」の挿入歌としてヒットした「リヴィング・イン・アメリカ」はもちろんのこと(J.B.は俳優として「ロッキー4」出演も果たしました(^^)!)、どれもこれも皆傑作!このアルバムが全米でチャート・インしたのも頷けます。
 特に、このアルバム以降、ライヴでの定番となった(と思うのですが。記憶が曖昧ですみません。汗)「ターン・ミー・ルーズ,アイム・ドクター・フィールグッド」なんか、本当に最高です!!!J.B.のシャウトは無敵だし、ホーンの切れ味も抜群だし、ギターやベース、ドラムのリズムもグルーヴしまくっています(9thコードのカッティングの気持ちのよいことったら、ありません!!そして、そのギターに噛みついてくるホーンとJ.B.のシャウト!!もう、失神しそうになります!笑)。
 「ハウ・ドゥ・ユー・ストップ」のような甘く(でも力強く)ソウルフルな曲もありますが(それはそれで最高!)、前述の「リヴィング・イン・アメリカ」 「ターン・ミー・ルーズ,アイム・ドクター・フィールグッド」、そしてアルバム・タイトル曲の「グラヴィティ」など、「これぞファンク!!」という曲が目白押し!!

 これぞJ.B.の最高傑作の内の1枚だと、ここで私が断言してしまいます(^^)!
 絶対に損はさせません。ライヴ盤と同じくらいの迫力が味わえる本作!是非、御一聴あれ。



↑「グラヴィティ」アルバム・タイトル曲に相応しいハイ・テンション・ファンク・チューン!


↑「リヴィング・イン・アメリカ」J.B.の復活を決めた1曲!


↑「ターン・ミー・ルーズ,アイム・ドクター・フィールグッド」本気で最高!しかし、J.B.だけの映像はないのか(泣)!?


試聴はこちら

<R&B>
ジェームス・ブラウン/グラヴィティ (1986)
1. グラヴィティ
2. レッツ・ゲット・パーソナル
3. ハウ・ドゥ・ユー・ストップ
4. ターン・ミー・ルーズ,アイム・ドクター・フィールグッド
5. リヴィング・イン・アメリカ
6. ゴライアス
7. リピート・ザ・ビート (フェイス)
8. リターン・トゥ・ミー
画像

この記事へのコメント

リュウ
2008年12月27日 17:44
おっ、懐かしー。リアルタイムJBの一枚です!
ヒップホップ風の味付けあり、王道あり、泣かせありですよね!全体的にポップな味付けですが、ナカナカの仕上がり。
当時の事、思い出しちゃいました~遠い目
2008年12月28日 11:22
リュウさん!
おはようございます(>v<)!
リズムだけじゃなく、結構メロディもしっかりしてるんですよね。だから聴きやすいのかな??
でも、その分、正統なファンの皆様からは評価が低いのでしょうか?
思わず「最高傑作の内の1枚」だなんて書いてしまいましたが(^^;)!
それにしても、我々世代にはまさにリアルタイムな1枚なんですよね(^^)。
思い出深い1枚です(^^)。
2008年12月29日 02:17
もう2年経ったんですね。ファンクが好きになったのは、この人のお蔭です。昔、弟と「ゲロッパ、ゲロッパ」言って遊んでましたが、当事はこんなカッコイイ歌を歌っているとは露知らず・・・

若い頃のダンスもカッコイイですよね。あんなに動いてても息切れしてないし。

「ロッキー」見たいのですが、スタローンが苦手で見る事が出来ません。
2008年12月29日 09:25
lemonedさん!
おはようございます(^^)。
JBは本当に偉大です。
「ミソッパ」(^^;)と映画「ゲロッパ」のお陰で、日本でもだいぶお茶の間に浸透した感のあるJBですが、実のところ詳しくは知らないという人も多いのでしょうね(^^;)。
実際に歌って踊っているJBをたくさんの人に見てもらいたいですね(^^)。
あ、ちなみに私もスタローンはそんなにファンではありません(^^;)。
2009年01月05日 21:36
波野井露楠さん、あけましておめでとうございます♪

新年早々弊ブログへご挨拶をいただきながらこちらへおじゃまするのが遅れまして申し訳ございません。m(__)m

このアルバムは聴いたことないのですが、映画『ロッキー4』はリアルタイムで観ましたので「Living In America」はすごく懐かしいですね~♪

こちらからもTBさせていただきますね♪
今年もよろしくお願い致します♪(^^)
2009年01月06日 20:38
BYRDさん!
明けましておめでとうございます(^^)。
私にとっても、この辺りからがリアル・タイムJBなんですよ(^^)!それ以前のカッコよさは完全な後追いなので(^^;)。
TBありがとうございます!
私も、また遊びに行かせていただきます。
今年も、どうぞよろしくお願いします(^^)!

この記事へのトラックバック

  • "Live At The Apollo, Volume II" James Brown

    Excerpt: この2008年もあっという間であと2日ほどで終わりを迎えますが、年を重ねるにつれて一年間というものが早く感じてしまいます。おかげさまで弊ブログも5回目の年末を迎えることができましたが、今年はさすがにこ.. Weblog: BYRD'S SELECT MUSIC racked: 2009-01-05 21:39