「アンジーめあてだと危険な1枚(^^;)」 ザ・ローリング・ストーンズ/山羊の頭のスープ

 昨日に引き続き、ミック・テイラー在籍時のストーンズを1枚(^^)!
 「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」の前作!「山羊の頭のスープ」です。

 この盤には、あの超有名曲「悲しみのアンジー」が入っていますが、「アンジー」めあてだけでこれを手にすると痛い目に遭います(^^;)。それはストーンズ初心者であればあるほど言えること!かく言う私も、若い頃、「アンジー」めあてでこれを買って、かなりの衝撃を受けた口です(^^;)。

 それと言うのも、この盤!とってもヘヴィーなんです。
 デヴィッド・ボウイの奥さんのことを歌ったと言われている名バラード「悲しみのアンジー」は、この盤の中ではむしろレアな感じの曲。「ドゥー・ドゥー・ドゥー」「シルヴァー・トレイン」「スター・スター」と言った耳に馴染みやすい軽快なR&Rもあることにはあるのですが、基本的には渋い曲や通好みの曲が主流!
 当時、まだ少年だった私は(確か、自分で買った初めてのストーンズのアルバムがこれだったと記憶しています。ちょっとあやふやなのですが。苦笑)、まず1曲目のダークな感じの「ダンシング・ウィズ・ミスターD」に頭を後ろから殴られたようなショックを受け、ラス前の「全てが音楽」に関しては、「なんだ??題名はこんなに爽やかなのに、曲は全然爽やかじゃないぞー」と面食らったものでした(^^;)。まだまだ子どもだったために、それらのよさがいまいち分からなかったんですね(恥ずかしい(^^;)!)。

 しかーし!!
 今は違いますよ(>v<)!!
 「ダンシング・ウィズ・ミスターD」だって、「全てが音楽」だって、みんなみんな大好きです!
 怪しげなダークなナンバーも、ストレートなR&Rも、バラードも…全部最高です。

 ブライアンが大好きで、リアルタイムなストーンズはロン・ウッドからという私ですが、ミック・テイラーの凄さ素晴らしさがようやく素直に分かるまでになりました(^^;)。
 教員になりたての頃、ある先輩(今は教育委員会勤務。この間、一緒にフーを見に行った先生です)が、「波野井さん、ロンとブライアンとミックの中で一番、ストーンズに貢献したギタリストは誰だと思う?…(私:ブライアンですか?)…いや、一番はね、ミック・テイラーなんだよ。彼がいたから、ストーンズは間違った方向に進まないで済んだんだ。今のストーンズがあるのは、ミック・テイラーのお陰なんだよ」と言っていたのが、今では理解することができます。
 前回の記事に、substituteさんが「Mick Taylor期のアルバムは全て良しです!」とコメントしてくださいましたが、本作は、まさにそれを証明する1枚!「スティッキー・フィンガーズ」「メイン・ストリートのならず者」に並ぶ傑作だと私は思うのですが、皆さんはどう思われますか(^^;)?
 「アンジー」しか知らずに、「アンジー」めあてで買うとかなり危険な大人の1枚です(^^;)!



↑「ダンシング・ウィズ・ミスターD」


↑「ドゥー・ドゥー・ドゥー」


↑「悲しみのアンジー」


↑「シルヴァー・トレイン」


↑「スター・スター」


試聴はこちら

<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/山羊の頭のスープ (1973)
1. ダンシング・ウィズ・ミスターD
2. 100年前
3. 夢からさめて
4. ドゥー・ドゥー・ドゥー
5. 悲しみのアンジー
6. シルヴァー・トレイン
7. お前の愛を隠して
8. ウインター
9. 全てが音楽
10. スター・スター
画像

この記事へのコメント

2009年01月03日 02:00
ジャケットを開くといきなり山羊の頭に睨まれる、恐怖のアルバムでしたよね。(笑)CDになってからは買っていませんので、今はどうか分かりませんが、昔買った時はインパクト有りすぎでした。しかもこの前のアルバムが名盤『メイン・ストリートのならず者』でしたから、余計に渋すぎました。この後は『イッツ・オンリー・ロックンロール』は貰って『ブラック・アンド・ブルー』を買いました。(笑)この当時、すべて買うのは金銭的に余裕が全く無かったですからね。懐かしい時代です。
evergreen
2009年01月03日 02:24
前に書いたんだけど、私が一番好きなストーンズのアルバムがこれなんですよ!
ちょっと邪道な選択ですか?
私も実は一番最初に自分で買ったストーンズがこれですし・・・「ウインター」が大好き!
全編ラヴソングが一杯のこのアルバムはめちゃカッコいいと思っています。
2009年01月03日 02:27
明けましておめでとうございます!

痛い目に遭った一人です。
初めてストーンズの曲だと認識したのが、誰かがカバーした「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」で、知り合いに「ストーンズのアルバムを何か貸して」と言ったら、こんなダークなアルバムでした。
はい。それから数年、ストーンズは頭から消し去られていました。

そんな私ですが、今年も宜しくお願い致します。
2009年01月03日 03:50
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

「山羊」は取り出す機会は確かに少ないですね。ジャケで損してるのはかなりあると思います。(怖い!)
でも、地味だけどじんわりといいアルバムだと思います。

2009年01月03日 10:34
おはようございます。
文中にコメントの引用までして頂いて、光栄です。

確かにアンジー目当てだと危険ですね。
山羊の頭のスープポスターも封入されてますしね。
最初はLP時代に買ったので、それなりのサイズ。
こういうドロドロした呪術的イメージをビジュアル化したのは、これ以降は、Voodoo Loungeまで無いのでは?

Exileで一つの頂点に達した後、Stonesの様々なリズムへの挑戦は、特に山羊から顕著になってると思います。
一方で、Winterは、その後B&Bまで続く激渋名バラードの嚆矢でしょう。
何となくKeithに元気がなく、M.J.とM.T.ががんばって作ったアルバム、という印象がある中、「夢からさめて」のKeith、嬉しくなります。
2009年01月03日 11:58
あけましておめでとうございます~♪

年始にストーンズ・・・似合ってる気がします。
心の奥に眠ってる(眠らせてる)
何かがフツフツと呼び起される感じがしますね。

本年もよろしくお願い致します。
2009年01月04日 16:10
今年もよろしくです!

前記事の「イッツ・オンリー」と今回の「山羊」。
初めて聴いたときにカッコいいとは思ったけどはまらなかったアルバムです。
が、カッコよかったという記憶があるんでちゃんと聴いてみようと思いながら半年が過ぎました。
今度はちゃんと聴いてみます。
まゆぼん
2009年01月04日 23:04
明けましておめでとうございます。

忙しいときはどうしても更新が滞りがちになって・・。
私も同じです。
音楽記事にはなかなか反応できないのですが、記事は楽しく読ませてもらってます。
お忙しいとは思いますが、お体大切に。
今年もよろしくお願いします♪
2009年01月05日 12:44
オヤジも痛い目にあってます。
大昔に聴いて「アンジー」のイメージしか無かったアルバムで、昨年聴き直して、目からウロコ・・・。
「こんなハードなアルバムだったかしら・・?」
なんて思いました。
ど~も今でもストーンズは初心者だな。
ま、だから面白いんだけど。
2009年01月06日 20:48
fighter-kさん。
こんばんは!
いやあ…子供心に「ローリング・ストーンズって、なんでこんなに怖いんだろう」って思いましたもの(笑)。
ところで、私も当時、小遣い貯めるのも大変でした。特にCDになってから国内盤は1枚3000円が相場で、さらに1枚を買うのが大変になりましたからね(笑)。
ホント、懐かしいです(^^;)。

2009年01月06日 20:55
evergreenさん。
こんばんは!
エヴァさんのストーンズNo.1がこれなんですね!さすが!渋い(^^)!カッコいいです(←エヴァさんがですよ(^^)!)。
「ウインター」もいいし、キースの歌う「夢からさめて」もいいし、このアルバムのバラードは名曲揃いですよね(^^)!
全然邪道じゃないです(>v<)!!
2009年01月06日 21:15
lemonedさん。
明けましておめでとうございます!
誰がカバーした「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」だったんでしょう?気になります(^^)。
私も、このアルバム、しばらく封印されていました(苦笑)。
食べ物(私の場合、ナスとかタマネギとか…笑)と一緒で、子どもの頃は苦手だったけど大人になったら大好き!みたいなアルバムです(笑)。
今年も、どうぞよろしくお願いします(^^)!
2009年01月06日 21:18
カナさん。
明けましておめでとうございます!
いやいや、ホントに、ジャケで損してますね。このアルバム(笑)。
しかし、実に渋い。燻銀の1枚ですね(^^)。
やっと、よさが分かるようになりました(^^;)。
今年も、どうぞよろしくお願いします(^^)!
2009年01月06日 22:40
substituteさん!
こんばんは!
いやあ、危険!危険!ホントに危険です(^^;)。
ジャケやポスターを含めて(笑)。
で、そういう曲に混じって収録されている「ウィンター」と「夢からさめて」の2曲は、一服の清涼剤ですね!どちらも名曲です!
なんかキースのソロも
聴きたくなってきました(^^)。
2009年01月06日 22:42
ユキヒロックさん!
明けましておめでとうございます!
このところ、ちょっとストーンズづいています(笑)。
まだ、もう少し続きそうです(^^;)。
新年にストーンズ。気合いが入ります(^^)。
今年も、どうぞよろしくお願いします(^^)!
2009年01月06日 22:48
ケイさん!
明けましておめでとうございます!
カッコいいと思ったけどはまらなかった…。
すごくわかります(^^;)。
偉そうに書いている私も、「じゃあ、これにはまってるの?」って聞かれたら微妙ですもの(笑)。
でも、やっぱりカッコいいってことは断言できますね!
ストーンズはやっぱり凄いです…。
今年も、どうぞよろしくお願いします~(^^)!
2009年01月06日 22:51
まゆぼんさん!
明けましておめでとうございます!
昨年は、私もなかなかコメントを入れられずにすみませんでした!
忙しいとついつい甘えが出てしまう私ですが、今年もマイペースでなんとか続けていきたいと思っています(ちょっと弱気。苦笑)。
こんな私ですが、今年も、どうぞよろしくお願いしますっ(^^)!
2009年01月06日 22:54
土佐のオヤジさん!
オヤジさんも仲間だったんですね(^^;)!!
なんか嬉しいです(笑)。
私も、まだまだストーンズ初心者ですし(^^;)。
でも、そういう初心って大切ですよね。だから、いつでも新鮮さを味わえるわけですし(^^)。
初心者とは意味合いが違うかも知れませんが、初心忘るべからず!ですね(^^)。

この記事へのトラックバック

  • The Rolling Stones - It's Only Rock'n Roll

    Excerpt:  もうじき来日するので丁度ホットな話題となるローリング・ストーンズ、本ブログ二回目の登場です♪ もちろんブライアン時代の名盤は数�... Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2009-01-03 18:14
  • The Rolling Stones - Goat Head Soup

    Excerpt:  レッド・ツェッペリン再結成の引き金となったのはアトランティックレコードの創始者でもあるアーメット・アーティガン氏の逝去によるもの�... Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2009-01-03 18:16
  • Goats Head Soup

    Excerpt:  今晩は!もう梅雨みたいな天気が続いて、体も脳もカビそうな日々。まだ5月だって・・・・・。本来爽やかなはずなのに。これも中国から飛�... Weblog: その日暮らしの音楽日記 racked: 2009-01-03 21:16
  • ローリング・ストーンズ 37

    Excerpt: NO.01747 ローリング・ストーンズのオリジナル・アルバム『山羊の頭のスープ』(1973年) ジャマイカで録音されたストーンズの全米ナンバー1アルバムです。 『 ... Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ racked: 2011-04-14 11:38