「今日は眠れます(>v<)!」 ライトニン・ホプキンス/テキサス・ブルースマン

 本日、レポート提出完了!
 授業参観も、「大成功!」とまではいかなかったですが(^^;)、とにかく無事終了!
 「翼をください」も、まあまあ盛り上がりましたし(笑)。(←前回の記事を参照してください(^^;)。)

 …という感じで、とにかく、今、ほっとしているところです。
 仕事はまだまだ山積みですが、とりあえず「明日締め切り!」という仕事はないので、今日はもう何もせず、このままま寝てしまおうと思っています(^^;)。

 しかし、やっぱり、こんな日でも音楽を聴いてからではないと眠れません(笑)。

 で、「何にしようかなあ」と、ちょっとだけ悩んだのですが、今日はこれに決めました。ライトニン・ホプキンスの「テキサス・ブルースマン」です!
 私が持っているのは、Pヴァインから出されたやつで、1967年の「The Texas Bluesman」と1961年・1962年録音の「Lightnin’ Sam Hopkins」の2in1になっているアルバムで、「1枚で2度おいしい」という逸品!

 特に、「Lightnin’ Sam Hopkins」は、なんと、ライトニンの再発見後、初めてのエレクトリック・ブルースが聴けるというレアもの!しかも、ベースもドラムもついたバンド編成!!もう、ぶっ飛びものです(>v<)!!!

 一方、「Texas Bluesman」も、激渋の危険な弾き語り!男ライトニンの独壇場といった感じで、ダーティな雰囲気を目一杯楽しむことができます。


 前半が弾き語りで、後半がバンド・スタイルという構成のこのアルバムは、聴いている内にどんどん盛り上がってきてしまうので、子守歌にはちょっと向かないんじゃないかな…という心配もあるのですが(笑)、今夜は、これらライトニンの耳に絡みついてくるようなテキサス・ブルースを子守歌に寝てしまおうと思います(^^)。

 いやあ、それにしてもカッコいいなあ(しみじみ)。
 ジャケットもきまっててクールだし…。今夜の夢の中に、ライトニンが登場してくれないかなあ。私のためにライブをしてくれたり、私も演奏に混ぜてくれたり…なんて夢だったら最高なのですが(笑)。

 あ!
 いけない、いけない(笑)。また、妄想癖が(^^;)!こんなことを考えていて眠れなくなってしまうといけなので、そろそろ布団に入りますね(^^;)。
 では、おやすみなさーい(^^)。


試聴はこちら(同名異盤ですが、どうぞ!)

<BLUES>
ライトニン・ホプキンス/テキサス・ブルースマン (2001)
〔The Texas Bluesman(1967)〕
1. Tom Moore Blues
2. Watch My Fingers
3. Little Antoinette
4. Love Is Like A Hydrant
5. Cut Me Out Baby
6. Take A Walk
7. Slavery
8. I Would If I Could
9. Bud Russell Blues
10. At Home Blues

〔Lightnin’ Sam Hopkins(1961/1962)〕
11. Meet You At The Chicken Shack
12. Once Was A Gambler
13. Speedin’ Boogie
14. Ice Storm Blues
15. California Showers
16. Burnin’ In L.A.
17. Bald Headed Woman
18. Goin’ Out
画像

画像

この記事へのコメント

2009年02月07日 23:04
ライトニンはルックスと言い、音楽と言い、反則技です!しかも物凄い多作な方で、付いていくのも大変(笑)ピアノ弾いているやつもあるし・・。

でも弾き語りのライトニンが一番のお気に入りです!
渋いっ♪
2009年02月08日 10:52
コメントありがとうございます(TBはスミマセン)。
しかしライトニンが夢に出てきたら眠れませんよ(笑)。とくに「テキサスブルーズマン」のエレキ弾き語りはヤバ過ぎて。
2009年02月08日 21:33
リュウさん!
こんばんは(>v<)!
ピアノものやゴスペルものまであるんですよね!
ドジさんに教えていただきました(^^)。
私は、どちらも聴いたことがないので、是非聴いてみたいです。
ライトニンのダーティで渋い感じにKOされています(笑)!
2009年02月08日 21:36
yu-shioさん!
こんばんは(>v<)!
遊びに来て下さり、ありがとうございます!
確かに、ライトニンは強面だし、演奏もバリバリのテキサス・ブルースだし…、夢に出てきたら、あまりのショックに目が覚めてしまうかもしれませんね(笑)。
でも、怖いもの見たさで、一度くらいならいいかもしれません(笑)!?