「カーニバル復活!私も復活!(前編)」 ウシャコダ/MEMPHIS TENNESSEE

 先週の日曜日、日比谷野音でブルース&ソウル・カーニバル2009を見てきました。
 昨年は、番外編としてのネヴィル・ブラザーズの公演のみでしたので、2年ぶりの復活です。
 今までの2日開催から1日開催になったり、チケット代金が以前より高くなった気がしたりするブルース・カーニバル(笑)。いろいろと欲を言えばきりがなくなりますが、もともとブルースだけでなくソウルも好きな私としては、ブルース・カーニバルからブルース&ソウル・カーニバルとなったことや、スポンサーが変わってもこうやってカーニバルを続けてくれていることは、とってもありがたいことです(^^)。

 そんな訳で、それまで清志郎ショックで悶々としていた感のあった私でしたが、「いっちょ、日比谷でドカーンと盛り上がってきましょうか!」という気持ちで出掛けてまいりました(^^)。

 今年のブルース&ソウル・カーニバル。
 出演者は、ロバート・クレイ、クリス・トーマス・キングにウシャコダ、大西ユカリ!

 私が特に楽しみにしていたのが、ロバート・クレイとウシャコダ。
 ウシャコダは、未知のバンドだったのですが、ドジさんのブログ「星降る夜の子守唄」で紹介されていたこともあり、すごーく気になっていたんですよねえ(^^)。

 あまりに楽しみにしすぎて、会場に着いて速攻で物販コーナーに行き、この「MEMPHIS TENNESSEE」を買ってしまった程です(笑)。


 さて、この日ですが、午前中は関東地方は嵐のような豪雨!
 午後も、天気予報によると「雨、ところによっては夕立」ということでしたので、ずぶ濡れ覚悟で、半ズボンにビーチサンダル、ビニール合羽という格好で参戦(^^;)。
 しかし!
 ブルースファンの思いが天に届いたのか、ライヴ中は雨は降らず!!
 15時30分から19時45までの4時間!ソウルとブルースを堪能することができました(^^)。


 さてさて、それで肝心のライブの方ですが、トップバッターは大西ユカリ。
 関西弁で観客を煽りまくり、会場を大いに盛り上げてくれました(^^)。
 曲の方も、途中、洒落で(?)演歌を歌っていましたが、ブルース&ソウル・カーニバルを意識したのか、ブルージーなナンバーや演奏でガンガン攻めていた大西ユカリ!
 声量も凄くて、とってもカッコよかったです!!
 ブルースファンの心をしっかり捕らえ、拍手喝采をあびていました(^^)!

 
 そして、2番手として登場したのが、今日紹介しているウシャコダ!
 いやあ、本気でカッコよかったです(しかも、面白かった!笑)。
 全体的な雰囲気がコミック・バンドっぽいのですが、その演奏は迫力満点!
 のっけから、「Something You Got」「Have Mercy」なんかをやってくれちゃって、私は一瞬で心を奪われてしまいました(笑)。
 オリジナルの「Memphis Tennessee(←思いきりハイ・サウンド(^^)!)」「カモナ・ウシャコダ」なんかもよかったなあ(しみじみ)。
 藤井康一氏の「ガッタ!ガッタ!」というボーカル(清志郎以外で、「ガッタ!ガッタ!」と歌う日本人を初めて見ました(^^;)!)も凄かったですし(大西ユカリ同様、MCも面白かったし。笑)、ベースもギターもカッコよかったし!
 でも、特によかったのは、サポートのホーンの二人と、キーボードのライオン・メリィさん(←元ヤプーズ。ん?今もかな(^^;)?)かなあ。この3人(ライオン・メリィさんはウシャコダのメンバーなのかなあ??)の演奏が実にメンフィスな感じ全開で、ウシャコダの演奏をバッチリ盛り上げていました(^^)。
 ライオン・メリィさんは何故か女装していて、衣装も銀行員のおばちゃんみたいな感じで、物凄く怪しかったですが(笑)、鍵盤の音色、フレーズともに最高で、私は大ファンになってしまいました!ウシャコダが終わった後、普通の男性の格好に戻って(笑)外に出てステージを観ていたので、勇気を出して話しかけてみればよかったかなあ…なんて、今になって少し後悔しています(^^;)。
 最後の方で、ベースとギターを投げて空中で交換させたり(失敗して二人とも落としてましたが、逆にそれが大ウケで、観客だけでなく、ステージ袖のロバート・クレイのクルーも大爆笑していました。笑)、ベースをマジック・ショーみたいに空中に浮かしたりというサービスもしてくれ、本当に楽しいステージでした(^^)。

 いやいや、「日本にも、こんなに本格的なサザン・ソウルを聴かせてくれるバンドがいたんだ!」とすっかりファンになってしまった私でした(^^)。(コール&レスポンスでの「今は亡き忌野清志郎さんに…云々」という脈絡のないMCだけは、ちょっと共感できませんでしたが。←頭が固くてすみません(^^;)。でも、本気でファンになりました!ウシャコダ(^^)!)



 それで、今日聴いているのは、記事で紹介している、野音で買ってきたウシャコダの最新アルバム「MEMPHIS TENNESSEE」。
 1981年の自主制作EP「Memphis Tennessee」(1~2:ファンの間では幻の音源だったそうです!)と2007年のライヴ「松戸一揆 其の三」の末発表音源(3~9)をカップリングした贅沢な1枚。
 カバー曲からもオリジナル曲からも、サザン・ソウル、ディープ・ソウルへのオマージュが溢れています。(「酒飲み音頭(ウシャコダのオリジナルです。あの、「酒飲み音頭」ではありません。笑)」のホーンのアレンジには、思わずニヤリ。是非、試聴してみてください!笑)


 今回は、1枚しか買ってこなかったのですが、もっと他の音源も聴きたくなっている私。
 「何とかして、他のアルバムも手に入れるぞ~!」と心に火がついてしまいました(^^;)。


試聴はこちら



「メンフィス テネシー」リトルジャイブボーイズ(ウシャコダのオリジナル曲です。ライオンメリーさんのアコーディオンも最高!)


「Woke up this moring」(必殺の「空中ギター交換」やマジック?「宙に浮くベース」が見られます!笑)


<R&B>
ウシャコダ/MEMPHIS TENNESSEE (2008)
1. Memphis Tennessee
2. Everyday Everynight
3. If I Had A Hammer (Instrumental)
 ~Billy’s Bag (Instrumental)
4. Super Soul
5. 酒飲み音頭
6. Don’t Take My Sunshine
7. Hey,Hey,Hey!
8. 朝日がのぼる恋をしよう
9. 何年たっても
10. Ain’t Nobody’s Business
画像

画像

この記事へのコメント

2009年05月31日 08:40
おはようございます。
元気を取り戻されつつあるご様子、何よりです。
こんな面白そうなイベントあった事、知りませんでした。もっとも、先週の日曜は多忙でどのみち、行けなかったでしょうが。
大西ユカリ嬢は元気そうでしたか?
好きなんですよ、大西ユカリと新世界。
一昨年に見たライブが圧倒的に良くて、25年位前のRCを彷彿させるモノがありました。「7曲入」っちゅうアルバム、良いですよ!
goldenblue
2009年05月31日 11:49
こんにちは、波野井さん。
これは楽しそうでいいですね。どこか垢抜けない感じが憂歌団を思い出しました。
生きてりゃめんどくさいこと嫌なこと悲しいことたくさんあるけど、それもこれもどれもあれもぜーんぶひっくるめて大騒ぎでぶっ飛ばしちゃえ!ってのがブルースの基本ですからね。ぶっとばしちゃいましょう!
まり
2009年05月31日 20:02
こんばんは!
少しは 元気になられて よかったです。
「メンフィス テネシー」はアコーデオンが ザディゴ風ですね。
清志郎が 大好きだった音楽を聴くのも 供養になるのだと思います。
新ブログ『不機嫌な猫も踊る夜に』で 再デビューの予定です。
tapara
2009年05月31日 23:51
波野井先生、
うらまやしいい、これ行ったんですね!
自分は友人から誘われそうになったんだけど、結局未遂におわったのです。大西ゆかり嬢も出たしね♪

ウシャコダはデビューしたころから好きですから、もう30年くらいか。藤井康一氏は声出てました?
デビューアルバムとか2nd、もち例のシングルも買ってました。

>必殺の「空中ギター交換」
むかしからこれやっとるんですね。
とにかく、笑って泣かしてくれるいいバンドです。
吾妻先生のジャンプバンドと並び、長くやってほしいものです。

2009年06月01日 20:11
こんばんわ!
本文中紹介ありがとうございます!
野音のライブ見たかったのですが
残念ながら行けませんでした・
楽しんでこられたようで
うらやましいです。
紹介のウシャコダのアルバムも
よさげですね。
ロバート・クレイのライブ
リポートも楽しみにしてますね!
ケイ
2009年06月02日 07:32
ウシャコダは名前は前から知ってましたが音は聴いたことがないんですよ。
たしか千葉のバンドじゃなかったっけ?

良さげですね。チェックしてみます。
2009年06月03日 23:17
ウシャコダ~。彼らももう30年位前から演奏してるのかぁ~。
僕が高校の時に千葉にあったマザースというライブハウスで始めて見て、その後も新宿などで彼らのライブを観たりしました。懐かしいなあ。
ボーカルの藤井さんは松戸の常盤平の出身だったと思います。だから、ケヤキ祭りに出てるのでしょう。
あの、声量の有るボーカルも健在みたいですね。

と、まあ、ローカルな話題。

おぎてつ
2009年06月07日 16:47
substituteさん!
ブルース・カーニバルはほぼ毎年行ってます(^^)。
今年も楽しかったですよ~(^^)。
イベント自体は、不況が影響してるののか、以前より少々トーンダウンした感じがありますが、それでも、それでも中高年層のファン達が大いに盛り上げています。
ただ、自分の子どもや孫には見せられないような「酔っぱらって悪のり」する人たちもかなり多く、一部で問題になっているようですが(^^;)。
主催者側の態度も毅然としてなくて、頼りないのもいけないと思いますが(^^;)。
でも、来年もきっと行くと思います(笑)。
来年は、substituteさんも是非(>v<)!
それから、大西ユカリのアルバム、聴いてみます!紹介、ありがとうございます(^^)。
2009年06月07日 16:54
goldenblueさん!
こんにちは!
確かに(笑)!
コミックバンド的な雰囲気を醸し出しつつ、あか抜けきってない感じ、すごーくありました(笑)。
でも、そのローカルな感じがとってもよかったです。
また次の機会に是非聴きたい(見たい)と強く思うバンドでした(^^)。
私も、人生はR&R!人生はブルース!を肝に銘じて頑張ろうと思いました(^^)!
2009年06月07日 16:57
まりさん!
こんにちは!
まりさんも再出発おめでとうございます(^^)!
前に進んでこその人生ですものね(><)!!
私も、お陰で復活です(^^)。
ちょっとペースが落ちていますが、これからも仲良くしてやってください(^^)。
2009年06月07日 20:09
taparaさん!
こんばんは!
taparaさんは、デビュー当時からウシャコダを知ってらっしゃるのですね!さすがですねえ(^^)。
そう言えば、藤井氏は「30年ぶりの野音だぜ~」って何度も言っていました(^^)。
長身で、カッコいい人ですね。藤井さん。
声も出てましたよ~!
MCもノリノリでした(^^)。
一度解散して、また復活したとか…。
これからは、ずーっと
続けてもらいたいですね(^^)!
2009年06月07日 20:14
ドジさん!
こんばんは!
よかったです。今年の野音も(^^)。
素敵なバンドを紹介いただき、感謝です(>v<)!
他にもアルバムが売ってたので、買っておけばよかったと今さらながらに後悔です(^^;)。
でも、あの時はそんなにお金も持ってなかったし…(涙)。
仕方なかったと言うことで、他のアルバム、地道に探したいと思います(^^)。
2009年06月07日 20:20
ケイさん!
こんばんは!
ウシャコダ、その通り!
千葉のバンドだそうです(^^)!
私も初めて聴いたのですが、とってもよかったですよ~。清志郎よりもストレートにソウルミュージックを表現している感じでした。
変化球無しの直球勝負です(^^;)!
是非、チェックしてみてください~。
2009年06月07日 20:24
おぎてつさん!
お久しぶりです(>v<)!
ウシャコダのメンバーは、ほぼ全員が松戸の出身なんだそうです(^^)。
凄いですよねえ。
松戸市には、熱烈なファンがたくさんいるようだし、今度、松戸に行ってみようかな…なんて本気で思っています(^^)。
ところで、マザース!
今はあるのうでしょうか??
私も一度だけ、そこでライヴやったことがあります(笑)。
ローカルな話題!嬉しいです(^^)!

この記事へのトラックバック

  • 大西ユカリと新世界 7曲入

    Excerpt: 昨日のライブ会場で買った「7曲入」、聴きました。良かったでっせ。 七曲入アーティスト: 大西ユカリと新世界, 大西ユカリ, YUKARI, 石田雄一, 阿木燿子, マンボ松本, 森センセ, ボブ・テル.. Weblog: The Tracks of My Tears racked: 2009-05-31 08:42