「ラモーンズは最後までラモーンズだった」 ラモーンズ/ラスト・ショウ (ウィ・アー・アウタ・ヒア)

 この間、グリーン・デイのライヴを見に行ってから、ずーっと気になっていた曲が1曲。
 ラモーンズの、「ロックンロール・レディオ」!(正式には、「ドゥ・ユー・リメンバー・ロックンロール・レディオ?」)
 ライヴ開始直前のSEとして流れて、もう滅茶苦茶カッコよかったんです(>v<)!

 で、「よし、聴こう!」と思ったのですが、アルバム「エンド・オブ・ザ・センチュリー」が見つからない(汗)。
 そこで、ベスト盤でもよかったのですが、「どうせなら、ラモーンズの勢いがスタジオ盤以上に伝わってくるライヴ盤で聴こう!」と思い、1996年の彼らの解散ライブを収めた「ラスト・ショウ (ウィ・アー・アウタ・ヒア)」をチョイス!

 はっきり言って凄いです。これ!
 全32曲で、収録時間が約64分。1曲平均2分!怒濤のライヴとは、まさにこのこと(^^;)!

 聴いていて、「おお!ラモーンズは最後までラモーンズだったなあ!」と思わず嬉しくなってしまいます!
 …と同時に、ちょっと(かなり?)切ない気持ちにも。。。

 実は、若い頃何度もその機会があったにも関わらず、その機会をことごとく逃し、一度もラモーンズのライヴを生で見ていないんです。
 最後の来日公演も、悩んだ末にバイトを優先させてしまったんですよねえ(休めないバイトだったので仕方がなかったのですが…)。
 しかも、今となっては、ジョーイもジョニーもディー・ディーもいないんですからねえ…(涙)。

 どんなに歳をとったって、ずーっとパンクし続けるんだろうなあ…って信じてたラモーンズ。
 解散したって、彼らは変わらない…そう、信じてました。

 それなのに、解散した後、こんな風に次々と…。
 つい、「これが運命だったのか??」なんてことも考えてしまいます。


 と、どうしてもしんみりした気持ちがついてまわってしまう私なのですが、このアルバムを聴くときに、そういう気持ちを引きずって聴くのは正しい聴き方ではないはず(><)!


 だって!
 ここには、自分たちの解散ライヴなのにも関わらず、「解散?誰の解散だい?俺たちには関係ないね。俺たちは、これかからもR&Rし続けるぜ!」という雰囲気バリバリの、それまでと何一つ変わらない彼らの姿が濃縮&凝縮パッケージされているのですから!!
 …ただ、オリジナル・メンバーのディー・ディーに、モーターヘッドのレミー、ランシドやサウンド・ガーデンのメンバー、エディ・ヴェダーと、あまりにも多彩なゲストの参加は、「ああ、ラストだからこそのゲストだなあ」と思わざるを得ないのですが。


 それにしても、ストレートすぎるラモーンズ!
 潔すぎるラモーンズ!

 ホント…カッコよすぎです(><)。。。


 解散ライヴを中心に彼らの映像を集めてみました。
 どうぞ、ご覧ください。


 「スパイダーマン」のうねるベースライン!しびれます。
 



デュランゴ95~ティーンエイジ・ロボトミー
~サイコ・セラピー~ブリッツクリーグ・ボップ(電撃バップ)
~アイ・ウォナ・ビー・セデーテッド(LAST SHOW)


ドゥ・ユー・リメンバー・ロックンロール・レディオ?(LIVE 1981)


ロックンロール・ハイ・スクール(LIVE 1980)


スパイダーマン(PV)


シーナはパンク・ロッカー(LAST SHOW)


チャイニーズ・ロック(LAST SHOW)
(with ベン・シェパード:サウンド・ガーデン)


エニイウェイ・ユー・ウォント・イット(LAST SHOW)
(with エディ・ヴェダー:パール・ジャム)



<ROCK>
ラモーンズ/ラスト・ショウ (ウィ・アー・アウタ・ヒア) (1997)
1. デュランゴ95
2. ティーンエイジ・ロボトミー
3. サイコ・セラピー
4. ブリッツクリーグ・ボップ(電撃バップ)
5. ドゥ・ユー・リメンバー・ロックンロール・レディオ?
6. アイ・ビリーヴ・イン・ミラクルズ
7. ギミ・ギミ・ショック・トリートメント
8. ロックンロール・ハイ・スクール
9. アイ・ウォナ・ビー・セデーテッド
10. スパイダーマン
11. KKK
12. サムシング・トゥ・ドゥ
13. コマンド
14. シーナはパンク・ロッカー
15. ロッカウェイ・ビーチ
16. ペット・セメタリー
17. ザ・クラッシャー
18. ラヴ・キルズ
19. ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス?
20. サムバディ・プット・サムシング・イン・マイ・ドリンク
21. アイ・ドント・ウォント・ユー
22. ワート・ホグ
23. クレティン・ホップ
24. ラモーンズ
25. トゥデイ・ユア・ラヴ,トゥモロウ・ザ・ワールド
26. ピンヘッド
27. 53rd&3rd
28. リッスン・トゥ・マイ・ハート
29. ウィ・アー・ア・ハッピー・ファミリー
30. チャイニーズ・ロックス
31. ビート・オン・ザ・ブラット
32. エニイウェイ・ユー・ウォント・イット
画像

この記事へのコメント

ちょめ
2010年02月06日 11:31
あいらぶPUNKですp(゚∀゚*)q
ラモーンズ聴いたことないなぁー(゚_゚
こりゃ聴くっきゃねぇぇぇぇぇ(>∀<)ノ♪♪

ってかそんなことあるんですね(:_;)
運命かぁ…
やっぱり私も行ける時は休み取ってでもライブ行ってやるーщ(゚∀゚щ)ww
絶対行くッ!!!うんッ!!!
後悔はしたくないからなぁー☆★
…って今でも十分過ぎるほど行ってるって???ww
ってな感じで2010年もライブ三昧の年にしまーす(^O^)ノ♪♪
NO LIVE,NO LIFE★☆
2010年02月07日 15:33
波野井先生、こんにちは。
そうか、今となってはジョーイもジョニーもディー・ディーもいないのですね。彼らのR&Rと「死」っていうのはやっぱりちょっと結びつかないですね。
この盤は未聴ですが、グリーンデイやエディ・ヴェーダーも参加していたトリビュート盤がかっこよかったです。KISSの“Do you remenber Rock'n'Roll Radio”、まるで元々KISSの曲みたいにはまってましたね。
リュウ
2010年02月07日 19:28
ラモ―ンズは高校生の時、一番聴いてました。
当時はシナロケの鮎川もかなり影響されてました♪

1-2-3-4!
ガン・ガン・ガガンと始まるのはモロでしたから(笑)

2分30秒の高速R&Rですよね!
2010年02月07日 21:20
ラモーンズ、殆ど聴けてません(汗)。
でも、
> 全32曲で、収録時間が約64分。
この潔さ、良さそうですな~。
のだめえみ
2010年02月08日 13:45
こんにちは。ラモーンズ初めて聴きましたが、せっかちな私にはピッタリかも知れません!!

実は中学生の頃、ビートルズのレディマドンナという曲が大好きで、電話リクエストでかけてもらえたものの、あっという間に終わってしまったのを覚えています。私、子どもの頃からせっかちだったんですね☆
2010年02月13日 01:33
ちょめさん!
ラモーンズ、買ったそうですねえ(^^)。
いいですよお、ラモーンズ!
パンク好きなら必携です(笑)。
たくさん、たくさん、いろんなのを聴いてみてくださーい(>v<)!!
でもって、洋楽談義、いっぱいしましょう(^^)。

それから、自分も今年はライヴ三昧の年にする予定です(笑)!!
2010年02月13日 01:36
goldenblueさん!
こんばんは(^^)。
そうなんですよ(><)。みんないなくなっちゃって…。寂しい限りです(><)。
トリビュート盤そのものは持ってないのですが、とってもよさそうですね。
キッスのやつだけは、知ってました(^^)。はまってますよね(>v<)!
2010年02月13日 01:38
リュウさん!
こんばんは(^^)。
私の場合は、高校で知って、でもまだ、それ程はのめりこまなくて…卒業してから、かなりはまった…という感じです(^^;)。
高速R&R!
癖になります(>v<)!
2010年02月13日 01:40
substituteさん!
こんばんは(^^)。
全32曲で収録時間が約64分…って、やっぱり凄いですよねえ(笑)!
ああラモーンズ!って感じです(意味不明?笑)。
2010年02月13日 01:43
のだめえみさん!
こんばんは(^^)。
レディ・マドンナ!私も大好きです(>v<)!
電話リクエストしちゃうんなんて、とっても行動派でいらっしゃったんですね(^^)!!
それにしても、普段は、せっかちには全く見えませんね(笑)。。。

この記事へのトラックバック