「亥年!ウリ違いで謹賀新年(^^;)」 ウリ・ロート/アストラル・スカイズ~天空よりの使者~

 皆様、明けましておめでとうございます。
 2019年…平成最後のお正月。
 亥年のスタートです。

 亥年と言うことで「猪ジャケット」のアルバムを探したのですが、私の所有アルバムの中には見当たらず…(><)。
 そこで、苦し紛れではありますが、このアルバムを久しぶりに引っ張り出してきました。

 猪と言えば、ウリ坊!!
 と言うことで、「ウリ」はウリでも「ウリ違い」!そうです、この方の登場!ウリ・ジョン・ロートです(^^;)!
 我ながら、無理矢理~(苦笑)。

 親父ギャグ全開ですね(^^;)。
 でも、こんな機会でないと私の場合、ウリさんのアルバムは普段、あまり聴かないので…(汗)。(彼のファンの皆さん、ごめんなさい!大汗)

 とは言うものの、スコーピオンズを脱退後に彼が結成したエレクトリック・サンの3枚目にあたる本作「アストラル・スカイズ~天空よりの使者~」は、前2作にも増してウリ・ロートのオリジナリティが完成され、より壮大で優雅なサウンドになっており、新年に聴いて気持ちを高揚させるには、なかなかピッタリの1枚ではないかと思うのですがどうでしょうか。

 ここでは、ウリの永遠のテーマである「宇宙」の世界が十分に表現されていて、フレットを30まで増やしてバイオリンのような高音を出すことを可能にした「スカイギター」の演奏も炸裂!流麗なアルペジオとギターを泣かせまくるビブラートも相まって、聴く者を荘厳な世界に誘います。
 クラッシックとロックの融合。オペラの要素も織り交ぜた(クイーンとはまた違ったアプローチで)楽曲。時には、アンデス音楽チックなメランコリックな曲も!

 あのイングヴェイ・マルムスティーンに多大な影響を与え、日本のお茶の間でも活躍している(していた?汗)元メガデスのマーティ・フリードマンをして「最も尊敬するギタリスト」と言わしめる、ウリ・ジョン・ロートの傑作アルバム。
 「ボーカルが下手すぎる」なんて言わないで(^^;)。彼は、ギタリストですから。ゲスト・ボーカルやコーラスがうまくウリさんを助けているということもありますが、元ハノイ・ロックスのアンディ・マッコイのボーカルに慣れているせいか(^^;)、私には全然気になりません(^^;)。
 そういうところに目くじらを立てずに、ただただ、スカイギターでの超絶プレイとアルバム全体の宇宙観を味わってもらえればと思います。

 ところで、すかんちのローリーは、ウリさんにも影響を受けてたんだなあ…なんてこともわかり、すかんちファンにとっては「にやり」とさせられるアルバムでもあるのでした(^^;)。

 それでは、皆様。
 この一年がお互いよい年でありますように!
 今年もよろしくお願いいたします(^^)。



天空よりの使者


ホワット・イズ・ラヴ?


ホワイ?


エレイゾン~サン・オブ・スカイ


<ROCK>
ウリ・ジョン・ロート&ザ・エレクトリック・サン
/アストラル・スカイズ~天空よりの使者~
 1985

1. 天空よりの使者
2. ホワット・イズ・ラヴ?
3. ホワイ?
4. アイル・ビー・ゼア
5. リターン
6. アイスブレイカー
7. アイム・ア・リヴァー
8. エンジェル・オブ・ピース
9. エレイゾン
10. サン・オブ・スカイ
画像

この記事へのコメント

boundforglory
2019年01月02日 20:26
新年明けましておめでとうございます!

ウリ・ロート、知りませんでしたが、ギターカッコいいですね!

※私事ですが、今年は、新しい環境で頑張ろうと思っています!
(不安や心配もありますが、前向きな気持ちがの方がかなり大きいです。)

これからも、波野井さんのブログ、楽しみにしてます!
今年もよろしくお願いします(^-^)
談•耕作
2019年01月03日 10:22
良いですねえ。すかんち僕も好きですよ!
音楽も良いですし、タレントとして魅力的な方だなぁ、と。

猪と言えば今農業界では『ジビエ』なる言葉が流行っておりまして、掴まえた野生獣を無駄にしないと言う。
就職先では残念ながら農業の道とは違うサーヴィス業の道へ進んでしまいましたが、今年は農業の世界ではジビエがキーワードになる様な。

宇宙と言う壮大なスケールを作家としてのテーマとして選ぶのは理解出来ます。
花鳥風月、春夏秋冬。自然への思いが膨らんだ先に宇宙と言う物の存在が。これは正に60年代ヒッピーの精神だと思いました。音楽からも宇宙から受ける波動の様な物を音楽を通して表現しているのだと。タイトルからもジミヘン的な『エレクトリックレディランド』な印象を受けましたよ。


波野井さんの表現通り民族音楽的な要素も盛り込み確かなアイデンティティを確立していると思います。

『愛って何?』
パンク、ニューウェーブの時代になっても、ヒッピー精神を胸に抱いたまま闇に向かって愛を吠える長髪ロッカー、唯我独尊、我が道を行く。熱い思いが伝わってきました。

ラストの『エレイゾン』では膨張し続ける宇宙そう言う壮大なスケールを感じた。
コレは滅多に聴かないそうですが、私なら愛聴盤にしてしまうかも。
クイーンより泥臭さが味ですねえ。

ビートルズの曲にも『サンキング』とか『ビコーズ』とか『アクロスザユニヴァース』とか宇宙を感じさせるジョンの曲があったなぁ。
『ビコーズ』大好きですよ!歌詞も。


波野井の『波』はサーフの波と解釈させて頂きます。
今年もノっていこうぜ!


新年明けましてお目出度う御座います!
goldenblue
2019年01月05日 11:10
波野井さん、遅ればせながら新年おめでとーございまーす。
干支ジャケットももう何回めですかねぇ。
瓜坊、、、苦しくていいです( ̄▽ ̄;)。
確かに、イノシシがジャケットのレコードはちょっと見たことないですねー。

今年もよろしくお願いしまーす。
2019年01月10日 00:27
boundforgloryさん!
明けましておめでとうございます。
いつもありがとうございます(^^)!

私ももしかしたら環境が変わるかも知れず(汗)。
お互い正念場ですね。
頑張りましょう(^^)!

今年もよろしくお願いします(^^)。
2019年01月10日 00:30
談★耕作さん!
いつもありがとうございます(^^)!
明けましておめでとうございます。

今回の耕作さんのコメントも
完全にレビューになっていますね!
感動!!

読みながら、なるほど!うんうん!と
耕作ワールドに浸っています(^^)。

新たな1年、波に乗れるように頑張ります!
今年もよろしくお願いします(^^)。
2019年01月10日 00:33
goldenblueさん!

明けましておめでとうございます。
何度もピンチになりながら、
なんとか今年も新年の記事を
アップすることができました(^^;)。

それにしても、猪ジャケは
ハードルが高かったです(^^;)。

今年もよろしくお願いします(^^)。
tkp141
2019年01月11日 19:35
天空よりの使者、見ましたけどカッコいいですね。
こういう感じ結構好きです。

イングヴェイさんもクラシカルスタイルですからやはり共通するものがありますね。
ギターカッコいい。

猪、、私年男なのでよろしくお願いします!
2019年01月13日 10:41
正月過ぎて松の内も過ぎましたが各自が自分の趣味嗜好・お気に入りの景色などに花が開いていますね!ウリ繋がりからの仕事始めですか!今年もお宝物を探す活動開始、いい時間をお過ごしください。
2019年01月25日 00:04
tkp141さん!

ありがとうございます(^^)!
今年もよろしくお願いします(^^)。

イングヴェイ自身が「影響を受けている」と公言しているのがウリさんなんです(^^)。
ですから、凄いはずですよね。

ところで年男、いいですね。
お互い、猪突猛進で行きましょう(笑)!
2019年01月25日 00:07
ローリングウェストさん!

いつもありがとうございます(^^)!

正月明けからまたまた忙しくなってしまい、訪問もできず申し訳ありません。
そんな状況ですが、公私ともに充実しています。
また伺いますので、今後ともよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック