「エレカシは決して歩みを止めない」 エレファントカシマシ/Wake Up

 先週、行ってまいりました!
 エレファントカシマシ、新春ライブ2019!武道館!

 自分にとっては、もう何度目かのエレカシなのかが、わからなくなってしまいましたが、今回も本当によいライブでした。
 私の大好きな、エレカシ版MC5「キック・アウト・ザ・ジャムズ」(←と勝手に私が呼んでいる)の「奴隷天国」は演ってはくれませんでしたが、相変わらずエレカシのステージは毎回毎回がその時点での集大成であって、いつ何時であっても全力投球!
 心底、感服せずにはいられません。

 毎回の3時間のステージが本当に、あっという間なんです。
 しかも、宮本浩次は2曲目の「Wake Up」から最高潮で…、気持ちが昂ぶりすぎた結果、曲が終わったときにギターを床に叩きつけて使用不能にしてしまうし(^^;)。
 中盤の「珍奇男」(すかんちのドラマー小畑ポンプに「この曲はレッド・ツェッペリンである!」と言わしめた名曲)では、ギタートラブルで音が鳴らず、半分以上歌ったところでギターを投げ捨て、半分以上歌い切っていたにも関わらず、再度最初から演奏をやり直しちゃったりもして(^^;)。
 その、振り切れっぷりも、最高でした。

 個人的には、「ファイティングマン」を代表とする初期のEPIC時代が大好きなのですが、最新作の「Wake Up」からの曲たちも相当盛り上がり、決して歩みを止めたりすることはないエレファントカシマシ!ということを実証してくれていました。

 本当に大好きです。エレファントカシマシ!


珍奇男


ファイティングマン


※セット・リストは次のとおり(^^)。
2019年1月18日(金) 日本武道館
1. 脱コミュニケーション
2. Wake Up
3. 新しい季節へ君と
4. 星の砂
5. 悲しみの果て
6. ワインディングロード
7. リッスントゥーザミュージック
8. 昔の侍
9. 大地のシンフォニー
10. 絆
11. too fine life
12. 珍奇男
13. 今をかきならせ
14. 風に吹かれて
15. 桜の花、舞い上がる道を
16. 笑顔の未来へ
17. ズレてる方がいい
18. 俺たちの明日
19. マボロシ
20. 朝
21. 悪魔メフィスト

アンコールⅠ
22. Easy Go
23. デーデ
24. かけだす男
25. 旅立ちの朝
26. 風と共に
27. 風
28. 四月の風
29. so many people
30. 今宵の月のように

アンコールⅡ
31. ファイティングマン


 それで!
 その余韻に浸りながら、本日聴いているのが、先ほども触れさせてもらった、現時点でのエレカシの最新作「Wake Up」!

 これが、聴けば聴くほど味が出てくる、まるでスルメのようなアルバムなんです。
 アルバムタイトル曲の、現在のエレカシの勢いをそのまま表した「Wake Up」に始まり、2曲目が、これもライブで盛り上がらずにはいかない「Easy Go」!
 EPIC時代とは違う、温かくて聴く者を包み込んでくれるような胸きゅんソング「風と共に」、“これぞエレカシ節”でありながらミヤジの歌い方がカッコよく進化している「夢を追う旅人」、思わずほっこり和む「神様俺を」「自由」「いつもの顔で」、ぶっといギターリフがズンとくる男気溢れた「RESTART」「i am hungry」、歌詞がじっくりと身に染みる「今を歌え」「旅立ちの朝」、ファルセットが本当に気持ちいい「オレを生きる」と、全部が聴き所の本作。

 今のエレファントカシマシを知るには、まさにベストのアルバム!
 興味を持ってくださった方は、是非ご一聴を(^^)!


Wake Up


Easy Go (Short ver.)


風と共に


<J-ROCK・POP>
エレファントカシマシ/Wake Up (2018)
1. Wake Up
2. Easy Go
3. 風と共に
4. 夢を追う旅人
5. 神様俺を
6. RESTART
7. 自由
8. i am hungry
9. 今を歌え
10. 旅立ちの朝
11. いつもの顔で
12. オレを生きる
画像

この記事へのコメント

2019年01月29日 06:05
最近は洋楽映画三昧です。今月レディガガの「アリー/スター誕生」とホイットニーヒューストンの伝記映画を立て続けに見ちゃいました。クイーンも2回見たし、クラプトン映画も含めてこの3ケ月で洋楽映画を5本見ちゃうまんて初の体験です。
2019年02月02日 15:15
エレファントカシマシは結構好きです。洋楽コーナーの方が時たま投稿される記事、皆さんのコメントを見ながら少しずつ勉強させてもらっています。
bound for glory
2019年02月05日 19:42
エレファントカシマシ。
1stアルバムを持ってます!
(「風に吹かれて」のアルバム、「俺たちの明日」の入っているアルバムも持ってます)
激しいライブ、カッコいいですね!!
最新アルバム、聴いてみたいなと思いました(^-^)
談 耕作
2019年02月07日 14:14
エレカシは私がラジオ聴きたての頃、ヒットしていました!
爆笑問題の太田が昔対談してて二人とも黒のスーツが似合う大人男子だなぁ、と思ってます!

男はシンプル。
シンプルが炸裂するドストレートなロケンロー!!

ギターをコピーしている画像が波野井さんに少し見える様な。
ページに飛んだら未だ二本しか動画が無いようですが。
2019年02月08日 13:15
 エレカシ、カッコイイですね~。

 “風と共に”の歌詞で「チケットなんか要らない」と言う箇所、インプレッションズの“ピープル・ゲット・レディ”の一節…「Don't need no ticket You just thank the Lord」…を思い出してしまいました。

 リアルタイムの日本のロックも聴いてみたいんですが、諸々と余裕がなくて、手が回らずにいます。(^_^;

 波野井露楠さんのブログを参考に、少しづつ手を広げてみたいと思います。
2019年02月10日 10:15
映画「アリー/スター誕生」のテーマ曲レディ・ガガ&ブラッドリー・クーパー 「シャロウ」を公開しました。明日はグラミー賞の結果発表。この曲が最優秀賞に輝けばいいなあ・・と心ワクワクしているところです。アカデミー賞の最優秀はちょっと無理かもしれませんが何らかの賞に入れば・・とこちらも期待。
2019年02月24日 07:11
ローリングウェストさん!

おはようございます!
そして、相変わらずの遅レス、
ごめんなさい(><)!
新校舎建築&引っ越しのことで
市教委と度重なる話し合い、
業者との折衝…PTA改革、
日々の指導と…ブログの時間をとれずにいました。
毎度の言い訳もすみません(汗)。

しかも、3度のコメント!
本当にありがとうございます!!

3か月で洋楽映画5本はすごいですね!
私は、「ボヘミアン・ラプソディ」は3回観ましたが、結局、「アリー」もクラプトン映画も観られずじまいでした(><)。

グラミー賞は、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス&最優秀楽曲賞の映画・テレビ・その他映像部門のダブル受賞でしたね!(レディ・ガガは違う曲でもう一つ受賞しましたが!!)
アカデミー賞も楽しみですね。ゴールデングローブ賞では主題歌賞受賞でしたから、期待しちゃいます(^^)。
それにしても、劇場で観られなかったことが悔やまれます。

エレカシですが、ローリングウェストさんのような洋楽通の方に興味をもっていただけると本当に嬉しいです。
ありがとうございます!!
2019年02月24日 07:14
bound for gloryさん!

おはようございます!
遅レス、ごめんなさい(><)!

ヒット曲満載のポニーキャニオン時代もよいですが、初期のエピック時代は本当にカッコいいですよね。男のロックです(^^;)!

新作も、聴けば聴くほど沁みてきます。
是非聴いてみてください(^^)!
2019年02月24日 07:21
談 耕作さん!

おはようございます!
相変わらずの遅レス、ごめんなさい(><)!

太田さんとの対談なんてのも
昔はあったんですね。
ミヤジがああいう個性の持ち主なので、どんな対談になったのか興味があります(^^;)。

新作の楽曲は、この記事を書いた時点では、ほとんどYouTubeに上がってませんでしたね(汗)。これから増えていくと嬉しいです。チェックしてないのですが、少しは増えたのかなあ??(^^;)
2019年02月24日 08:08
☆彡ふらんぼうさん!

おはようございます!
ご訪問、ありがとうございます!!

エレカシからの「ピープル・ゲット・レディ」!!
素敵な繋がりですね(^^)。
通でないと、そういう発想はないと思います(^^;)。
すごい(^^)!

自分の好きなバンドやアーティストを
脈絡なく紹介しています(汗)。

こんなブログ(しかも不定期)ですが、今後もよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック