「ライヴ初体験で、惚れ直したぜ(>v<)!」 ザ・プライベーツ/モンキー・パトロール

 年明けのエレカシ、武道館に続いて、今月もライヴに行ってきました!
 2月は、念願のプライベーツ!新宿レッドクロス♪プライベーツのライヴは若い頃から、「いつかは行きたい!」と思いながら、この歳(4月で50才!汗)まで行けずにいたんです。でも!よーやく行けました(>v<)!

 で!「なんてカッコいいんだろう!」と感動!
 アンド!「なんで今までライヴに行かなかったんだろう!」と後悔(><)。
 それくらい、プライベーツのライブはカッコよすぎて衝撃的でした!

 キーボードの吉田さんが抜けて、この日はサポートのキーボーディストもいなくて…。完全なるギターバンドとしてのプライベーツは、めちゃくちゃソリッドでシャープで…しかも温かみのあるR&Rバンドでした!
 吉田さんの鍵盤が大好きだった自分は、「キーボードなしのプライベーツってどんな感じなんだろう?」「『LUCKY MAN』とか『気まぐれロメオ』なんかは、どうなるんだろう?」などといらぬ心配も少しはあったのですが、そんなことはまったくの杞憂でした!
 手塚さんのギターにボーカルの延原さんのギターが絡み、まるでキースとロニー!と言うか、キースと…時にウィルコ・ジョンソンで、ウィルコ・ジョンソンは…たまにピート・タウンゼントだったりして♪(ちなみに、キースが延原さんで、ロニーでウィルコ・ジョンソンでピートなのが手塚さんです(^^)。)

 若い頃のプライベーツも「ゆる~く尖って」いてカッコよかったのですが、今のプライベーツには、そこに「渋さ」が加わって、さらに「その辺の若手バンドには太刀打ちできないだろうな」っていう「貫禄」まで備わっていて…改めて惚れ直しました!
 それもそのはず。彼らは、冷静に考えたら、活動歴30年以上のベテランバンドですからね(^^)!しかも、歳を重ねるほどにカッコよさも増していくという(^^)!

 あとは…。4人とも、本当に楽しそうに演奏してましたね!
 仲がいいというのもあるのでしょうが(延原さんがMCで、ドラムの森原さんとベースの高橋さんをイジリまくったり、森原さんのことを「ジーコ・ラッハリーモ!」と連呼したり《フルネームは、森原光司さん!笑》と、メンバーもオーディエンスも終始笑顔でした!)、それ以上に「ライヴが楽しくて楽しくて仕方ない!」という感じでした!

 ロックンロールを愛し、ロックンロールに愛されたバンド!

 ライヴは、2回の長いアンコールも含め、なんと3時間!途中、ドクター・フィールグッドのカバー(I'm a Hog for You Baby )なんかも織り交ぜながら、古い曲も「現在のプライベーツ・バージョン」としてたくさん演奏してくれ、もう大満足でした。
 アンコール前に、「Let's Go Crazy~Lucky Man」と来たときには、こちらのメーターも振り切れてしまいましたし(笑)、アンコールでの「気まぐれロメオ」や「切り裂きジャック」などの「これでもか!」という怒濤のキラーチューン攻めも、本当に嬉しい限りでした。



Let's Go Crazy~Spike Driver Blues(Live)


Lucky Man(LIVE)


気まぐれロメオ(Live)


 で、今日聴いている彼らの2nd「モンキー・パトロール」ですが、デビュー当時のビート・パンクの匂いも残しつつ、ストーンズなどのルーツ・ミュージックの系譜を感じさせる楽曲も増え、…私としては、どストライクなアルバムなのであります(^^)。
 特に、「Let's Go Crazy」と「Lucky Man」はお勧め!ブルージーなR&R「Birds Win」やダンサブルで軽快な「Cannonball City」、ザ・モッズが演奏してもしっくりきそうなミディアムナンバー「追憶のハイウェイ」、ファンからの支持が絶大なバラード「Sherry」なども大好きですが、この2曲は別格!私は、この2曲を聴きたくてこのアルバムを購入しました(^^;)。

 今回、初めてプライベーツのライヴを体験し、渋みの増したカッコよさにハートを奪われてしまった私ですが(プライベーツってライヴバンドなんだなあ…って、しみじみ実感!)、若き日の彼らの勢いをそのままパッケージした本作も、やっぱりお気に入りの1枚。
 洋楽好きな人でも気に入ってくれるのではないかなあ…なんて思います。
 ライヴも精力的に行っている、ザ・プライベーツ!
 機会があれば、是非(^^)♪


<J-ROCK・POP>
ザ・プライベーツ/モンキー・パトロール (1988)
1. Sunset Sonrise~Let's Go Crazy
2. Birds Win
3. Cannonball City
4. 追憶のハイウェイ
5. Anytime Alright!
6. 美しき絶望
7. いつも…
8. City Cocktail
9. Breakin' Sunset
10. FsshionⅡ
11. Turtle Dance
12. Stop Breakin' Down
13. Sherry
14. Flash Back Greeny
15. Lucky Man
画像




Sunset Sonrise~Let's Go Crazy


Lucky Man(PV)


気まぐれロメオ(PV おまけで(^^;)!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年02月24日 12:43
PTAのお仕事をされているのですか!偉いなあ・・、お疲れ様です!明日のアカデミー賞発表が楽しみですね~!「アリー」のブラッドリークーパーかガガが主演賞を取らないかなあと期待しているところです(^^)。
洋楽5本映画に続き、6本目は月面着陸アポロ11号船長の映画を観てきました。これにともない「月」をテーマにした名曲特集も公開しましたのでまた遊びに来られてください。
談耕作
2019年02月27日 13:12
好きでもない人を好きになるなんて出来ないぜ!

I'm A Lucky Manの歌詞PVも含めしばし感じ入りました
マラカスを振ってる辺りもストーンズのミック辺りを意識してるんでしょうか?

今のバンドはこう言う生音で熱い!みたいなのがあまり出て来ない様に思います。
私も年ですか。動画を観ながらこの頃のバンドは良かった。何より今のバンドより明るい。芯が太い!

今の若手しか知らないリスナーは可哀想だなんて思ってしまうのもおっさん入っちゃいましたかね
goldenblue
2019年02月28日 22:01
波野井さん、こんばんはー。

プライベーツ!
いいなぁ、ライヴ観てみたい。
モンキーパトロールは大好きな一枚です。
なんともチープでやんちゃなところがいいですよねー。
2019年03月01日 21:02
 プライベーツ、初めて聴きました!。
 かなりキャリアのある人たちなんですね。
 ボーカルの人がまっとうな歌い方をしているのが良いですね。
 日本の男性ロッカーは桑田佳祐の模倣をするようになってからだめになった!、と言う偏見を僕は持っているので(サザンお好きだったらゴメンナサイ(^_^;)、このボーカルはなかなか良いです!。
 いやぁ、日本のロックもまだまだ捨てたもんではないですね~!。
2019年03月14日 17:26
いよいよあと1週間もすれば桜開花宣言で春爛漫の季節が到来!一時的な冷え込みが数日続くようですがその後一挙に暖かくなって20日前後には朗報が聞けるのではないでしょうか!
2019年04月30日 21:09
いよいよあと数時間で「平成」も最後、改元には感慨深いものがあります。健康にいられることが何よりなことです。新時代「令和」になってもあらためてお付き合いの程よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック