波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜明けのない朝が欲しい…」 Ten Years Aftetr/Ssssh.

<<   作成日時 : 2006/06/02 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

 今週は出張、出張、また出張…、しかも会議もたくさん、という厳しい1週間でした(@_@)。提出書類もたくさんあったし…。(水曜日の陸上大会は、子どもたち一人一人が頑張ったよい大会になり、とってもうれしかったのですが(^^)!)
 ふうっ。それにしても、本当に疲れた1週間でした(明日も丸一日、出張&会議なのですが。絶句)!

 しかし、そんな1週間でしたが、今週も音楽に癒され、なんとか乗り切ることができました(ほっ)。

 で、今週、車の中を中心にずっと聴いていたのが、前回のブログで紹介したマディ・ウォーターズの「フォーク・シンガー」と、このテン・イヤーズ・アフターの「Ssssh.」(邦題は「夜明けのない朝」!今の私には、そんな朝が欲しいです!毎日、仕事が終わらないうちに夜が明けてしまうので…(^^;))です。

 テン・イヤーズ・アフターはウッドストックや2ndアルバムでのライヴ演奏が最高にカッコいいので「やっぱりライヴが似合う」なんてことをよく言われますが、こういうスタジオ盤もとってもよいです(^^)。
 特に、このアルバムは、1曲目の「Bad Scene」からガンガン飛ばしていて痺れます!疾走するアルヴィン・リーのブルース・ギターとチック・チャーチルによるピアノの鍵盤連打!(カッコいいです!)
 それに、2曲目の「Two Time Mama」や3曲目の「Stoned Woman」などで聴かれるボーカルとギター、ベースとギターなどのユニゾンもGood!!
 そして、なんと言ってもお薦めなのが、4曲目の「Good Morning Little Schoolgirl」!「え!?これがあの!?」と思う程の見事なアレンジ(私は、はじめて聴いた時、この曲があのサニー・ボーイのだとは気づくことができませんでした(^^;)。…オリジナルともマディのカバーとも全く違うのです)!激しいギターソロと、そのギターに絡む速弾きベースが、この曲の一番の聴き所です!
 それから、滅茶苦茶ブルージーな7曲目の「The Stomp」と8曲目の「I Woke Up This Morning」の渋ーいギターリフも最高です。しかも、この2曲は、アルヴィン・リーのボーカルも光ってるし!(この2曲のアルヴィン・リーのボーカルはすごーくカッコよく、私は、この2曲の歌声がこのアルバムの中では一番好きです(^^)。)思わず、「ブルース・ロック万歳!」と叫びたくなる2曲です(^^)。

 本作では、これまでのアルバムで聴かれた「ブルージーな中にもジャジー」の「ジャジー」の部分が薄れていますが、十分にバンドのインプロヴィぜーションが味わえる1枚です!
 …なお、ギターの音がちょっとペケペケしてますが、そこもまた「味!」ということで、私は好きです(^^)。

試聴はこちら

<ROCK>
Ten Years Aftetr/Ssssh. (1969)
1.Bad Scene
2.Two Time Mama
3.Stoned Woman
4.Good Morning Little Schoolgirl
5.If You Should Love Me
6.I Don't Know That You Don't Know My Name
7.The Stomp
8.I Woke Up This Morning
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Ten Years After - Live At Filmore East 1970
 The Whoの勇姿を一般に印象付けたのはもちろん映画「Woodstock」でのSGぶっ壊し&客席にポイ捨て事件だろう…って勝手に自分で印象深いことを書いているんだけど、同じくとんでもなくイ& ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/06/09 00:24
TEN YEARS AFTER
Sssshブルース・ロックからハード・ ...続きを見る
朱音
2007/07/03 06:59
Ten Years After - Ssssh
 1969年ウッドストックに出演したことで一躍ヒーローの座を獲得した若き英雄アルヴィン・リー。もちろんそれ以前にアルバムデビューしており、ファーストアルバム「Ten Years After」ではまだまだサイケデリックな雰囲気 ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2007/08/18 22:10
TEN YEARS AFTER
Sssshブルース・ロックからハード・ ...続きを見る
朱音
2007/10/30 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Ten Years Aftetr!
そこが出てきました!
そう、この頃のアルヴィン・リーのブルース・ギター
良いですね!
最高です。
ギターの音がちょっとペケペケ・・・・、
これがたまりません。
この手のGに本当に弱い・・・・。(笑)
リュウ
2006/06/03 22:31
お仕事ご苦労さまです!僕が実習でお世話になっているのは高校なので、土俵が違うんですが、いやはや、教師というのは忙しいですね…授業以外の仕事が多すぎです(苦笑)! 月曜から授業なので、ドキドキです(^_^;)
元祖速弾きten years after!ギターだけでなく、個人的にはベースにも注目してます。地味ですけど、指の動きがとんでもないので、跳ねまくりなのが心地いいです。
いたち野郎
2006/06/04 00:51
リュウさん。
こんばんは!
そうなんです。元祖速弾きなんですけど、80年代以降HMのギタリストとは全く違うんですよね。
やっぱり根底にあるのはブルース!
だからカッコいいです(^^)!
波野井露楠
2006/06/04 20:26
いたち野郎さん。
こんばんは。実習お疲れ様!
いよいよ明日、授業なんですね(^^)。
頑張ってください!!私もいたち野郎さんの授業を受けたいです(^^)!
また、その報告もお待ちしてますね〜(^^)。
ところで、ベース!!
同感です。アルヴィン・リーのギターと同じくらいの存在感ですよね!!
波野井露楠
2006/06/04 20:28
ダンナは中3のとき ten years afterのLPをパクッたつもりが、まちがって こないだ和登が買った「フィルモア・イースト・ライヴ」だったんですって!!それが そっちのほうが 好きになったらしい。ウチら ワルワル夫婦ですね。昨日のことは 延長のつもりで、入ったのが、あわてて逃げるようにして 立ち去ったのが真相で、ハプニングが おきたんですよ。想像してね。プラトニックのほうが よかったかな。でも やはり好きですね。

和登さん
2006/06/04 22:07
和登さん。
なんだか、話が刺激的になってきましたね(^^;)。
それにしても、「ワルワル夫婦」って、響きはかわいいですね(^^;)。
やっぱり「ロック=ワルワル」なんですかねえ(^^)!?
波野井露楠
2006/06/08 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「夜明けのない朝が欲しい…」 Ten Years Aftetr/Ssssh. 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる