波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「超名曲が名曲をサンドイッチ!」 FREE/FIRE AND WATER

<<   作成日時 : 2006/07/06 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 12

 富士スピードウェイに行けない私の「『UDO MUSIC FESTIVAL 2006』に行ける人がうらやましいなあ」記事も、今日で3回目となりました(我ながらしつこい(^^;)。でも、まだ続きますよー(^^;))。
 
 で、今日は誰についてかと言うと、ポール・ロジャースさんです(^^)。
 クイーンのボーカルとして来日した時は、悩んだ末に観に行かなかったので、今回の来日はとっても興味があったんですよねー。私の中でのポール・ロジャースと言うのは、イコール「フリー」のポール・ロジャースなんですけど、ソロとして来日する今回のステージは、できることなら観たいなあ…って思ってたんです。「もしかしたら、『ファイア−・アンド・ウォーター』や『オール・ライト・ナウ』なんか聴けたりして!」などと思っていたので…。

 と言うわけで、今日は、バッド・カンパニーでもソロでも、もちろんクイーンでもなく、フリーの「ファイア−・アンド・ウォーター」を聴いています。

 アルバム「ファイア−・アンド・ウォーター」を初めて聴いたとき、1曲目のアルバムタイトル曲のカッコよさに思わず体が震えたのを覚えています(以前記事にした1stや2ndも勿論好きです!)。気だるいんだけど実にしっかりとしたロジャースのボーカルと、存在感のあるフレイザーのベース、コソフのシンプルでカッコいいリフとチョーキング&ビブラートで押し通すギターソロ、そしてさりげなく自己主張しているカークのドラム。もう最高!いきなり1曲目から超名曲です!
 それから、このアルバムのもう一つの目玉である「オール・ライト・ナウ」も言うまでもなく超名曲!!この曲も、滅茶苦茶カッコいいですよね〜!もう、ごたくを並べる必要がないくらいの名曲(^^)!
 こんな凄い2曲が初めと終わりに収められているんですから、本作が「名盤」と言われるようになったのは、アルバム完成時にはすでに決まっていたようなものなんですよね(^^)!

 ただ、この偉大な2曲にサンドイッチされた他の5曲だって名曲揃いで、捨て曲なんか1曲も存在しないというのも、このアルバムが名盤と言われる理由の一つだと思います(^^)。
 「Oh I Wept」にしたって「Mr. Big」にしたって、最高のブルース・ロック!聴いているうちにトリップして体が勝手にゆらゆらしてきます(^^;)。(「Mr. Big」のベースは本当にカッコいいなあ…。)

 「ファイア−・アンド・ウォーター」、5つの名曲が2つの超名曲にサンドイッチされた超名盤です(^^)!!

試聴はこちら

<ROCK>
FREE/FIRE AND WATER (1970)
1. Fire and Water
2. Oh I Wept
3. Remember
4. Heavy Load
5. Mr. Big
6. Don't Say You Love Me
7. All Right Now
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フリー 「ファイアー・アンド・ウォーター」
今日のジャケ画は Free 「Fire and Water」 ...続きを見る
昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
2006/07/07 01:18
Free - Highway
 ロック界で唯一「The Voice」と異名を取る男、ポール・ロジャース。本ブログにも何度か登場しているんだけどこの流れならばやっぱり登場してもらわないとね♪ やっぱり一番好きなのはフリー時代なので、今回はフ& ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/07/08 01:16
ポール・ロジャースが世に出たあの”FREE&quot;
Fire and Water ...続きを見る
Iron Rosary
2006/07/08 17:40
Free 「Fire and Water」(1970)
ブリティッシュ・ロックの祖、フリーの名盤 ...続きを見る
音楽の杜
2006/07/08 18:31
フリー・ライブ!!
ちょっと恥ずかしい記事がトップのまま、更新が止まってました・・・。さて今日は、男性ボーカル・オリンピックでもご紹介したポール・ロジャースの在籍していたバンド、フリーのライヴ盤『フリー・ライヴ!』のご紹介。 ライブ盤というと、スタジオ録音の演奏よりも「速く.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/08/01 20:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
「超名曲が名曲をサンドイッチ」。。。
ホント、たしかにそう思います!
富士スピートウェイのウドーイベント、ワタシも行けれないですよ( ´ロ`)
行けれる人が羨ましいです!
というか、そういうイベントって、若いモンじゃないと体力的にキツイと思ってしまいます(^^ゞ
真夏の、ただでさえ暑い真っ昼間、
野外でず〜っと混みあう場内にて爆音の音楽を聴く。。。
そんなこと今のワタシには無理です(^^ゞ爆
夏フェス、真夜中から開催っていうことになったら
行く気になるかもしれないワタシです(^^ゞ爆
もりたん
URL
2006/07/07 01:24
ちょっとだけマニアックな小ネタ♪
アメリカ盤とイギリス盤でミックスがかなり異なっているんですよね♪
フレ
URL
2006/07/08 01:15
おはよ〜ございます。昨日NHK英語でしゃべらナイトでcharが出てました。キッスも出てましたが見られたでしょうか?死ぬまで、Rockすると言ってましたね!そうゆう心意気って大事ですよね!私も死ぬまでRock聴きます。できれば 恋愛もしていたい(七夕ディナー☆来年もしたいな)
和登さん
2006/07/08 09:07
もりたんさん。
私が最後に行ったイベントは、ハノイがリボーンした時のサマソニです(^^;)。あの時以来は、私も夏フェス行ってないなあ(^^;)。
今年は、ブルースカーニバルに行く予定です。でも、ことしからブルース・ソウル・カーニバルって名前が変わっちゃったんです!!うーん。ガンバレ、ブルース!
波野井露楠
2006/07/08 09:29
フレさん。
わー!凄いネタありがとうございます!
恥ずかしながら、初めて知りました!!
やはり、本当に勉強になります(^^)!
今度、両方揃えて聞き比べなければ!って私が持ってるのはどっちなんだ(^^;)??ジャケット調べようっと(^^;)。
波野井露楠
2006/07/08 09:31
和登さん。
おー。見なかったです(@@;)。
チャーは英語ペラペラなんですか(^^)?
いいなあ。私は昨日、英語の授業できたハワイ出身の米人の先生と会話したんですけど、数個の単語しかわからないので会話にすごく苦労しました(^^;)。相手は日本語全くだめだったので(^^;)。
七夕ディナー、いいな(^^)。羨ましいです(^^)。
波野井露楠
2006/07/08 09:34
私が持っているのは、紙ジャケで、2〜3前にでたのかな?ボーナストラックで、FIRE&WATER,とAll Right Now を何回も別ヴァージョンでやっていて・・・少々飽きました(爆)
サービスのつもりで、サービスじゃないです!入れすぎ!この2つの曲は特に好きなんですよ!
evergreen
URL
2006/07/08 17:38
charは、デビューアルバムを英語で出したかったそうですが、日本語に変えられたそうです。学生の頃から インターナショナル・スクールの生徒とセッションしていたので 英語はぺらぺらでした。ジェフ・ベックのことも、charが 高校生なら、彼は中坊だと語ってました。私も、BF君も 10代の気持ちでつきあってるんですよ(汗)
和登さん
2006/07/08 18:32
小生のブログへのコメント有難うございます。
これが1970年、つまり36年前の作品とは驚きですよね。定番作品です。
それにしても波野井さんのペンネーム、いいですね〜。
240
URL
2006/07/08 18:33
evergreenさん。
サービスのつもりでサービスじゃない。
…なるほど(^^;)。
たしかに、そんなに入っているとありがたみが薄れてしまいそうですね!?(^^;)
でも、エヴァさんもおっしゃる通り、この2曲は特別ですよね(^^)!
波野井露楠
2006/07/08 23:08
和登さん。
なるほど!さすがチャーですねえ(^^)。
ところで、心はいつも10代!!
私も、和登さんを見習って、そうありたいです(^^)。(しみじみ(^^;))
波野井露楠
2006/07/08 23:10
240さん。
いいものは、どんなに月日が流れても、変わらずにいいですね(^^)!!
ところで、なんかベタなニックネームで、ちょっと気恥ずかしい私です(^^;)。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
波野井露楠
2006/07/08 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「超名曲が名曲をサンドイッチ!」 FREE/FIRE AND WATER 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる