波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世界一『ご機嫌』という言葉が似合うバンド」 FACES/LONG PLAYER

<<   作成日時 : 2006/11/11 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

 みなさん!
 前回のストーンズの記事では、大勢の方に遊びに来ていただき、ありがとうございました!!しかも多数のコメントまで!!とっても嬉しかったです(^^)。
 これからも、マイペースで更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします(^^)。

 さて。
 今日は、所用で群馬の親戚の家に来ています。
 そして、ずうずうしくも、そこのお家のパソコンを借りて、こうして更新しているという訳です(汗)。

 そして、今、聴いているのは、ベートーベンの交響曲第7番です(あの「のだめカンタービレ」で一気に有名になったクラッシックの名曲です(^^)!)。
 本当は、今日、紹介するフェイシズの「ロング・プレイヤー」を聴きたいところなのですが、このお家は完全なクラッシック一家なので、そこまでずうずうしくはなれない私です(笑)。

 でも、「ロング・プレイヤー」は、このところ、通勤の行き帰りに毎日聴いていたので、それを思い出しながら、記事を書きたいと思います(^^)。

 さて(←今日2回目(^^;)。)。
 フェイシズですが、私は、世界で一番、「ご機嫌」という言葉が似合うバンドだと思うのですが、みなさんは、どう思われますか(^^)?

 ご存知、スティーヴ・マリオットが抜けた後のスモール・フェイシズに、ロッド・スチュワートとロン・ウッドが加わり、息を吹き返したのがフェイシズ!
 ロッドとロンの明るい性格が、見事にほかのメンバーにもプラスの影響を与え、それは、フェイシズの曲の感じにも如実に表われました!
 ブルージーな曲もあるのですが、決して重くならない。
 シンプルでストレート!!
 なんだか、どの曲も聴いていて、気分が明るくなってくるんですよねえ(^^)。もう、まさに「ご機嫌」としか言いようがありません(^^)。

 それは、フェイシズのどのアルバムにも当てはまり、当然、この「ロング・プレイヤー」もそうです(^^)!

 ご機嫌なR&Rナンバーの「Bad 'N' Ruin」。ロッドの甘い歌声にメロメロになる「Sweet Lady Mary」。ロンのスライド・ギターが味わい深い「Richmond」(←ロニー・レインのボーカルがまたいい。ちょっと、デヴィット・ボウイっぽいと思うのは私だけ(^^^;)?)や「Jerusalem」(ロンのソロがまたいいんです(^^)!)。
 そして、「Maybe I'm Amazed」(ポール・マッカートニー作!)と「I Feel So Good」(ビッグ・ビル・ブルーンジーのカバー)のライブ音源も貴重!(なんと言っても、ロニー・レインが参加のライブ音源です!)

 ただでさえご機嫌なフェイシズ!まだまだ、この頃のフェイシズ(フェイシズとしては2枚目)は、ロッドばかりが目立つという感じもないし、本当にご機嫌なアルバムです(^^)。

 今日は、この「ロング・プレイヤー」も実は、こっそりカバンに入れて持ってきたので、家の人たちが寝てしまったら、こっそり聴かせてもらおうかなあなんて思っている私です(^^;)。

 それでは、今日はこの辺で(^^)。

「Bad 'N' Ruin」の映像

「Maybe I'm Amazed」の映像

試聴はこちら

<ROCK>
FACES/LONG PLAYER (1971)
1. Bad 'N' Ruin
2. Tell Everyone
3. Sweet Lady Mary
4. Richmond
5. Maybe I'm Amazed [Live]
6. Had Me a Real Good Time
7. On the Beach
8. I Feel So Good [Live]
9. Jerusalem
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Faces!
 Faces!もう語ることの無いくらい、メジャーなBandですが、この人たち!たらって言う組み合わせが、Art Woodでもふれた通り、その頃からしっくりきてたのかな?というくらいはまってます!  Ron&Rodのコ& ...続きを見る
その日暮らしの音楽日記
2006/11/11 22:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
結局Facesはどれも好きだということに
今更ながら気がつきましたよ。(笑)
この、ご機嫌渋い感じが、味わいタップリで♪
そう、Bandらしい感じの曲は最高ですよね!!
リュウ
URL
2006/11/11 22:19
はは、親戚の人達が寝静まったらこっそりフェイセズですか。良いですね。このあたりのフェイセズは荒々しくて良い感じですね。それにしてもフェイセズにはもう少し長く活動して欲しかったなぁ。あと2、3枚位アルバムを残してくれていたら…、なんて思ってしまいます。
Okada
URL
2006/11/11 22:42
フェイセズいいですよね〜!!クラプトン行ってきました。TIMEPIECESからの曲とブルースが主体でした。なんと、「サンフランシスコ湾ベイブルース」もやってくれました。もちろんカズーもはいり楽しくです。初日なのかクリームの曲はなかった。アンコール曲が「クロスロード」一曲のみで前回はクリームの曲をたくさん弾きまくってくれたので ずい分あっさりです。席のほうはスタンドでしたが、前のほうでかなり近くで見ることができました。初日はやはりこんな感じなのかと 少し肩透かし。今夜は ブルースっぽいクラプトン聞きます。
和登さん
2006/11/11 23:08
ジョージアサテライツがカバーでさんざんやるんですよ、フェイセズ。それで聴くようになりました。ロッドはその前から好きだったんですけど。演奏があんなにガチャガチャして、悪く言えば「へたくそ」なのに、なんでこんなにいいんでしょうね!?世界最高のロッケンロールバンドのひとつですよね。DVD「LAST CONCERT」はうちではかなりのヘヴィーローテーションです!
T-BONE
URL
2006/11/12 00:49
確かに「ご機嫌」という言葉がピッタリですね!
家の人たちが寝てから、こっそりってのがいいですね(笑)
因みに自分はベートーベンも大好きです♪

散歩猫
2006/11/12 09:16
リュウさん!
コメント&TB、ありがとうございます!!
ただいま群馬より戻ってまいりました(^^)。
(疲れました(^^;)!)

ところで、フェイシズ。
リュウさんのおっしゃる通り、ただ「ご機嫌」なだけでなく、「ご機嫌渋い」という言い方がしっくりきますね(^^)!
さすが!リュウさん!
フェイシズを理解しきっていますねえ(^^)。
フェイシズの記事、少しずつ、アップしていってみますね(^^)。
波野井露楠
2006/11/12 16:46
Okadaさん。
こんにちは!!
>あと2、3枚!!!
本当にそう思いますね(^^)。
特に、ロニー・レインがいるラインナップで、長く続いていたら、また伝説の数も増えていたんでしょうね!
ロッドのバック・バンド…みたいな状況と言われるような時でも、バンドは最高だったのですから…。
しみじみしてきました(^^;)。
波野井露楠
2006/11/12 16:50
和登さん。
ただいま戻りました(^^)!!
コメント&クラプトン情報、ありがとうございます!!
随分あっさりということで意外です(汗)。
でも、サンフランシスコ湾ブルースやったんですね!しかもお約束のカズー付きで(^^)。そちらは、とても楽しみですね(^^)。
私は12/6なので、まだですが、今からとーっても楽しみです(^^)。
波野井露楠
2006/11/12 17:00
T-BONEさん。
こんにちは!
コメント、いつもありがとうございます(^^)!
ジョージア・サテライツ!そうなんですね。私は、ジョージア・サテライツは初心者なので、フェイシズのカバーをたくさんやってるとは知りませんでした(^^;)。
ますます近いうちにじっくり聴かねばという気持ちが高まりました!!
ところで、フェイシズはビデオしか持ってないんです。DVDかあ。羨ましいです(^^)。山内テツさんのベースもカッコいいですよね!同じ日本人として尊敬します(^^)!!!
波野井露楠
2006/11/12 17:12
散歩猫さん。
さっき、帰ってまいりました(^^)。
昨日は、こっそり聴かせてもらいました。1回だけ(^^;)。
ベートーベン、私も好きです。「のだめ」の影響で7番も好きになりましたが、昔から6番が好きな私です(^^)。
いつも、コメントありがとうございます(^^)!
波野井露楠
2006/11/12 17:14
こんにちは。
「Maybe I'm Amazed」はとっても好きな曲。思い出すだけでドキドキする。洋楽を聴くようになった時に最初に夢中になってたのがウイングスだったので。
その後、「Foot Loose & Fancy Free」でRodを聴くようになって、その流れでFacesも、FMでチェックしては聴いてました。
Rodの「Maybe I'm …」もカッコイイんだろうな…と、またもや ドキドキ。
で、クラプトン、友人は3公演に行くよと言ってました。私はといえば、U2に行く予定であります。
タキ
2006/11/13 00:31
タキさん!
またまた遊びに来ていただき、ありがとうございます(^^)!!
なるほど!
タキさんは、ウィングス→ロッド→フェイシズという流れなんですね(^^)。
ロッドの「Maybe I'm Amazed」。ロニーの歌声と共に、とってもセクシーな曲になっています(^^)!
カッコいいです(^^)。
ところで、タキさんはU2なんですねえ!
よかったら、またそのご感想も聞かせていただけると嬉しいです(^^)。
よろしくお願いします(^^)。
ではでは(^^)。
波野井露楠
2006/11/14 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「世界一『ご機嫌』という言葉が似合うバンド」 FACES/LONG PLAYER 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる