波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「和みまくってます!」 J.J.ケイル&エリック・クラプトン/ザ・ロード・トゥ・エスコンディード

<<   作成日時 : 2006/11/17 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 20

 明日は土曜日なのですが、総合学習発表会という、授業参観と地域の方を巻き込んだイベントの両方の意味合いを持った行事があり、今、その準備をしています。(学級懇談会もあるので、その資料作りをしています。)

 でも、ちょっと疲れてしまったので、この辺で、この歴史的名盤「ザ・ロード・トゥ・エスコンディード」を聴きながら一休みです(^^;)。(なんだか、先週から咳が止まらず、苦しくて仕方ないのです(@@;)。腰の方は、連日のリハビリのおかげで落ち着いていきました(^^;)。)

 さて。
 エリック・クラプトンが長年夢見てきたという、J.J.ケイルとの競演!!(J.J.ケイルは、クラプトンに「唯一、白人ギタリストでかなわない人物」と言わしめた伝説のギタリストです!クラプトンは、ケイルの「アフター・ミッドナイト」や「コカイン」などをカバーしています。2つとも本作には収録されていませんが…。)
 さぞかし、喜びを爆発させたような作品になったのだろうと勝手に想像していたのですが、聴いてみたら、全くさにあらず。
 
 14曲中11曲がケイルの曲という本作(クラプトンの曲は、「スリー・リトル・ガールズ」1曲のみ。「ハード・トゥ・スリル」はジョン・メイヤーの曲で、「スポーティング・ライフ・ブルース」はクラッシック・ブルースの名曲)。
 ケイルとクラプトンが、それぞれの自身のバンドと多彩なゲスト・ミュージシャンたちと共に、実にリラックスした演奏を聴かせてくれます(^^)。
(これが本当にリラックスしていて、そのリラックスぶりは、聴いていて思わず「うわあ…」と頬が緩んでくるくらい!他人のことなんかお構いなく、二人で和みまくってます(^^;)!)

 二人の気張らないボーカルと、円熟しまくったギター!
 ブルースもありますが、むしろカントリーな曲の印象が強い本作。
 気心の知れた大勢の仲間たちと、本当にやりたい音楽を気ままに演奏しているという感じが最高にいいです(^^)。
(一聴して彼だとわかるビリー・プレストンのオルガン!要所要所できまるデレク・トラックスのスライド・ギター!最高です。それから、「ハード・トゥ・スリル」でのジョン・メイヤーのギターと「スポーティング・ライフ・ブルース」でのタジ・マハールのハープもカッコいいです!)

 今回のクラプトンのツアー・メンバーがこぞって参加している本作。
 私のように「ライブはまだこれから」という人は、本作を聴きながら、この先待っているクラプトンの最高であろうライブに思いを馳せるというのもいいかも知れません(^^)。
 日に日に、12/6の武道館への期待が高まります(^^)。


 それでは、そろそろ仕事に戻らなければなりません(^^;)。
 明日は、わが5年1組は「お米の研究発表」と全体会での琴と合唱の発表があります。私も、子どもたちの発表を手伝ったり、全体会のセッティングをしたりという仕事をします。子どもたちと一緒に頑張りたいと思います!(お揃いのTシャツを着て(^^)!!)

 
 あ!
 最後に、本作のパーソネルと、CDの帯に書いてあったケイルとクラプトンのそれぞれの言葉を紹介して、今日は終わりにしますね(^^)。
 それでは、また。

(ヴォーカル&ギター)
  J.J.ケイル
  エリック・クラプトン
(ドラムス)
  ジム・カーステイン
  ジェイムズ・クルース
  スティーヴ・ジョーダン
  アブラハム・ラボリエル・ジュニア
(ベース)
  ゲイリー・ギルモア
  ウィリ−・ウイークス
  ネイザン・イースト
  ピノ・パラディーノ
(ハモンド・オルガン、ウーリッツァー・ピアノ&ローズ)
  ビリー・プレストン(2006年6月6日他界・享年59歳)
(アコースティック・ピアノ、ウーリッツァー・ピアノ&ローズ)
  ウォルト・リッチモンド
(キーボード)
  J.J.ケイル
(ギター)
  ドイル・ブラムホールU
  デレク・トラックス
  ジョン・メイヤー
  アルバート・リー
(アコースティック・ギター&バッキング・ヴォーカル)
  クリスティン・レイクランド
(パーカッション)
  デヴィッド・ティーガーデン
  ジェイムズ・クルース
  ジム・カーステイン
(ハーモニカ)
  タジ・マハール
(フィドル)
  デニス・カプリンガー
(ホーンズ)
  ブルース・ファウラー
  マーティー・グレッブ
  スティーヴ・マダイオ
  ジェリー・ピーターソン

「エリックと私は長年の友人だが、ようやく一緒にアルバムを作ることができて嬉しいよ。すばらしい経験だった。偉大なミュージシャンである彼と、親密に仕事ができてとても楽しかった。」
J.J.ケイル

「僕の究極の目標は彼と仕事をすることかもしれないということが分かったんだ。彼は僕が生涯に渡ってずっと影響を受けてきた男だ。音楽的にも人間的にも彼が僕に与えてくれたものは、言葉では言い尽くせない。すでに僕はアルバムをまた一緒に作りたいと思っているんだ。」
エリック・クラプトン


ケイル&クラプトンによる「アフター・ミッドナイト」(←本作には収録されていませんが)のライブ映像 最高!

試聴はこちら

<ROCK>
J.J.ケイル&エリック・クラプトン
/ザ・ロード・トゥ・エスコンディード 
(2006)

1. デンジャー
2. ヘッズ・イン・ジョージア
3. ミッシング・パーソン
4. ホウェン・ディス・ウォー・イズ・オーヴァー
5. スポーティング・ライフ・ブルース
6. デッド・エンド・ロード
7. イッツ・イージー
8. ハード・トゥ・スリル
9. エニウェイ・ザ・ウィンド・ブロウズ
10. スリー・リトル・ガールズ
11. ドント・クライ・シスター
12. ラスト・ウィル・アンド・テスタメント
13. フー・アム・アイ・テリング・ユー?
14. ライド・ザ・リヴァー
画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JJ CALE & ERIC CLAPTON / THE ROAD TO ESCONDIDO
(前回から続きます) JJの過去作品を久々に聴いてから、JJ+ECの新作を聴いてみました。 01 Danger 02 Heads in Georgia 03 Missing Person 04 When This War Is Over 05 Sporting Life Blues 06 Dead End Road 07 It's Easy 08 Hard to Thrill 09 Anyway the Wind Blows 10 Thr... ...続きを見る
芸術的生活、
2006/11/18 23:07
The Road To Escondido / JJ Cale & Eric Clapton
  1970年の1st SoloAlbumで「Aftermidnight」を演ってから、36年!60歳を過ぎて、ついにClaptonがJJ Caleとの共演盤を作りあげた。今までLive等で共演はしているようだが、本人にとっては、まさに大願成就とも言うべき出来事であろう。 ...続きを見る
From The Saturn Hote...
2006/11/19 11:27
J.J.CALEと常識力
J.J. Cale, Eric Clapton The Road to Escondido ...続きを見る
Hiddy&#39;s
2006/11/20 00:46
エリック・クラプトン 5
NO.00578 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/11/21 13:25
Eric Clapton, J.J. Cale New Disc!!!
J.J. Cale is back!! ...続きを見る
Dennyの音楽旅日記
2006/11/22 09:24
男のブルーズって・・・JJ CALE&ERIC CLAPTON
クリスマスに正月と・・・年間でここまでだらける時期はない。 Bluesがここまで... ...続きを見る
仙台ブルース化計画 音楽でこころの叫びを...
2006/12/31 03:45
Slowhand
といえばいわずと知れた、泣く子も黙るギターの神様のあの人の冠名。彼の77年のアル ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2007/01/27 03:31
エリック クラプトン (ERIC CLAPTON) ; Sign Language
このSign Language(Bob Dylanの作)はEric Claptonのアルバム「No Reason To Cry」の中でBob Dylanと一緒に演奏されています。 ...続きを見る
イルカちゃんの楽しく英会話
2007/08/14 20:55
ジョン メイヤー(John Mayer); ワイ ジョージア(Why Georgia)
Room for SquaresAny Given Thursday (Dol) ...続きを見る
イルカちゃんの楽しく英会話
2007/09/08 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
うっわー!来ちゃいましたね、遂にコレ!今一番気になって気になって仕方が無いアルバムですよ〜。いいな〜。もうあきらめて(何を?)買っちゃおうかな〜。小さなバーでこの二人の演奏を、ビール片手に聴きたいものですね〜。
T-BONE
URL
2006/11/18 01:04
本日からまりです(;^_^Gさんは75年以来のベストアクトだといってます。3年前より今回のほうが断然よかったし、デレク・トラックスのギターはデュアンと重なったそうです。私のほうは、クラプトン・グッズに一万円以上使ってしまい アルバムまで手が廻りませんでした。
まり
2006/11/18 07:36
おはようございます。
見てきました。よかった〜。
なんか2人とも、かっこいいね〜。
クラプトンのギターが、いつになく喜んでいて
いいですね。笑顔も素敵でした。
有難うございます。コンサートもいよいよですね。
私は行かないのでまたご報告お願いしますね。
あと、お体お疲れないように。
evergreen
2006/11/18 11:08
T-BONEさん!
こんにちは(^^)。
私は、lonehawkさんからの情報で知ったんですが、フーの新作を我慢して、こちらを買いました(^^)。
昨日は、最後は安いウィスキーをちびちびやりながら聴いて寝ました(^^)。
小さなバーでこんなのかかったら最高ですね(^^)!
波野井露楠
2006/11/18 16:47
まりさん!!
わあ。まだ緊張しますね(^^;)。
でも、そのうち「和登さん」でなくて「まりさん」の方に慣れるのでしょうか(^^)。
これからも、よろしくお願いしますね(^^)!
クラプトングッズ、気になります。
こないだのチープトリックは、お金がなく(一人だったので借りることもできす)Tシャツ1枚だったので、今度のクラプトンの時は気をつけようと思っています(^^;)。
いやあ。本当に楽しみです(^^)。
波野井露楠
2006/11/18 16:50
エヴァさん!
こんにちは(^^)。
ユーチューブ見てくださったんですね!
すごくいいですよね(^^)。
アルバムの方は、さらに和んでいて、別のよさがあります(^^)。
コンサートも楽しんできますね(^^)!
体の方は咳が止まらなくて参っています。
総合発表会は無事終了して、ホッとしています。今、車を置きに一度家に帰ってきたところです。またすぐにでかけます。同じ学校の先生が永年勤続で表彰され、その祝賀会です。でも、調子が悪いので一次会で帰ってくる予定です(^^;)。
ああ。でも、また一つ山を越せたので本当にホッとしています(^^;)。では、いってきます(^^)。
波野井露楠
2006/11/18 16:54
波野井露楠さん、こんばんは〜。
このアルバム気に入って頂けたようでよかったです。
近頃はワタシもコンサートに向けてすっかりクラプトン色に染まっておりますが、今回は久々に演奏するような曲が多いので、今から楽しみです。
ちなみにワタシは23日に武道館に行ってきますよ!
lonehawk
URL
2006/11/18 23:14
トラックバック&コメント、それから収録アルバムのご教示(笑)ありがとうございました。
波野井(ハノイロックス!)さんのブログも覗かせていただきましたが、守備範囲が広い中にもしっかりと1本筋が通っていらっしゃる内容で楽しく読ませていただきました。
お見受けするところ、お仕事柄、大変な時代(なんだか成立しちゃいましたねえ)になったと思いますが、ブルース、スワンプ、南部もので良いのが出たらまた、教えてください。よろしくお願いします。
garson
2006/11/19 11:08
波野井さん、こんばんは。
この記事読んでたら、このアルバムがスゴく聴きたくなりました。
買おうかな〜(笑)
散歩猫
2006/11/19 18:57
こんばんは!
ボクもこのアルバムの記事書いたのでトラックバックさせてもらいました。和みますね。
ヒディ
URL
2006/11/20 00:52
lonehawkさん!
情報、ありがとうございました!
それにしても、クラプトン効果すごいです!J.J.ケイルもデレク・トラックスもすっかり有名人(^^;)。嬉しいことです(^^)。
とことで、23日ですか?もうすぐですね!ライブレポも楽しみにしてますね(^^)!
コメントありがとうございました!!
波野井露楠
2006/11/20 03:15
garsonさん。
こんばんは!
お越しいただいてありがとうございます(^^)。
こんなブログですが、よろしければ、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)!!
…成立してしまいましたが、御上からの締め付け(?)に負けずに、目の前の子どもたちをしっかりと守り、育てていきたいと思います!
コメント&TB、ありがとうございました(^^)。
波野井露楠
2006/11/20 03:26
散歩猫さん!
こんばんは(^^)。
スゴク聴きたくなった…だなんて、すごく嬉しいです!
買ってくださいとは言えませんが、是非聴いてもらいたいです(^^)。
散歩猫さんにも、きっと気に入ってもらえると思いますよ〜(^^)!!
いつも、ありがとうございます!
波野井露楠
2006/11/20 03:29
ヒディさん。
TB&コメントありがとうございます!
きっと、ヒディさんも記事にするはずって思ってました(^^)!
是非、遊びに行かせてもらいますね(^^)!!
波野井露楠
2006/11/20 03:30
TBありがとうございました!

こちらからも返杯したのですが、反映されてないすね。

それにしてもこの組み合わせは不思議な魅力ですよね。
OZZY
URL
2006/11/21 13:26
TB&コメント、ありがとうございます。
日月と仕事で外出していたため、今気付きました。
2日合わせて10時間近くバス移動したんですが、iPodに入れたこのアルバム、ずいぶん聴きました。やっぱりいいです。
オルスコ
URL
2006/11/21 18:13
OZZYさん。
TB&コメント、ありがとうございます!
スパムTBの量がすごすぎて、いったん保留という設定にさせてもらってます(汗)。
ご迷惑をおかけしてます。
先ほど、反映させていただきましたので、またよろしくお願いします(^^)。
この組み合わせ…、不思議と言うか、絶妙と言うか、本当に最高の組み合わせですよね(^^)!
クラプトンのケイルへの敬意がすごく感じられます(^^)。
波野井露楠
2006/11/21 20:30
オルスコさん。
こんばんは!
いえいえ、こちらこそ、お出でいただきありがとうございます(^^)。
10時間バスというのは大変でしたね(汗)。
でも、十分にアルバムを堪能できたのでしょうね(^^;)。
なんか、聴けば聴くほど、味わいが増してきますね!
これkらも、どうぞよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/11/21 20:34
私もトラックバックをしました。
昨日吉祥寺のCDショップでもでかでかと
2ショットのプロモ用ポスターがありました。

名前の順序が逆転してなくて安心しました。

あくまでもJJケイルがクラプトンと共演したアルバ
ムですね。笑


最高です♪


これからも宜しくお願いします。
Denny
URL
2006/11/22 09:29
Dennyさん
おはようございます(^^)。
お越しいただきありがとうございます!
名前のこの順番、大切ですよね(^^)。
本当に名盤だと私も思います!
こちらこそ、これからも
よろしくお願いします(^^)!
波野井露楠
2006/11/23 08:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「和みまくってます!」 J.J.ケイル&エリック・クラプトン/ザ・ロード・トゥ・エスコンディード 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる