波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「バイオリズム修正中…」 ザ・バーズ/ディランを歌う 

<<   作成日時 : 2009/01/20 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 うーん。調子が出ません(××;)。
 今日も、ハードなロックは「×」!!
 「病は気から」と言いますが、なんとかバイオリズムを修正して元気を出さないと、本当に病気になってしまいそうです(汗)。

 そんな訳で、今日はザ・バーズのコンピレーション盤「ディランを歌う」を聴いています。

 バーズを一躍有名にした名曲「ミスター・タンブリン・マン」を始め、「ディラン作品をこうやって料理しますか!」というような爽やかで斬新なアレンジに、聴いていて思わずニンマリです(^^)。
 だいたい、ディラン本人の「『ミスター・タンブリン・マン』で踊れるとは思ってなかった」とか「これが自分の曲だとはわからなかった」といった言葉も残っているくらいですからね(笑)。

 ここまで、ディランにこだわると言いましょうか…ディランを敬愛していると言いましょうか…とにかく、こんなにたくさんディランの作品ばかりを取り上げたということに感服してしまいます(^^;)。

 ディラン・ファンの方からは「邪道だ」と言われてしまいそうですが、今日のようなテンションの日には、ディラン本人の歌声よりも、これらバーズの演奏の方がすーっと心に入ってきます(^^;)。

 ロジャー・マッギンのボブ・ディランへの師弟愛、そして頑固なまでのこだわりがひしひしと伝わってくる1枚。これだけ愛されたら、ボブ・ディランもミュージシャン冥利に尽きますね!

 私の持っているのは1994年に再発されたものですが、現在はさらに曲数が増えたものが店頭に並んでいるようですね(ジャケと曲順が変わっているらしいですが…)。気がつくと、疲れた時にはいつもバーズを聴いている私です(^^;)。



「ミスター・タンブリン・マン」(1965年)バーズのTVデビュー映像!


「 マイ・バック・ペイジズ」バーズによるディランのカバーの中で、私はこの曲が一番好きです(>v<)!


<ROCK>
ザ・バーズ/ディランを歌う (1980)
1. ミスター・タンブリン・マン
2. オール・アイ・リアリー・ウォント
3. 自由の鐘
4. スパニッシュ・ハーレム・インシデント
5. 時代は変る
6. レイ・ダウン・ユア・ウィアリー・チューン
7. マイ・バック・ペイジズ
8. ゴーイング・ノーホェア
9. なにも送ってこない
10. 火の車
11. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ,ベイビー・ブルー
12. レイ・レディ・レイ
13. 寂しき4番街
−ボーナス・トラック−
14. 女の如く
15. 勝利の道
16. 天国の扉
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ロジャー・マッギンの12弦、バーズの歌のハーモニーはいいですよね♪きっと軌道修正ばっちりです
僕は代わりにマイケル・モンローの「ノット・フェイキン・イット」で熱くなろうかな!!
と、思いました!
ホントに「病は気から」ですよー(^^)
音楽で乗り越えましょ!
しんぼー
URL
2009/01/20 23:32
じつはバーズのほうが先に聴いて「ミスター・タンブリマン」大好きだったんですよ。
ディランのほうを後できいたのでこっちのほうが思いいれあります。
このアルバム欲しい〜☆
まり
2009/01/22 20:20
しんぼーさん!
こんばんは(^^)。
ロジャー・マッギンが大活躍の曲は、一番バーズらしいと思うのですがどうでしょうか(^^)?
美しいハーモニーと12弦ギターにすっかり癒されました(^^)。
ところで、「ノット・フェイキン・イット」ですか!
懐かしいなあ(>v<)!
最近聴いていません(^^;)。ハノイのライヴの前には景気づけに一度聴かないといけませんね(^^)!
波野井露楠
2009/01/22 22:09
まりさん!
こんばんは(^^)。
ディランは、重いと言うか、渋いというか、やっぱり格のようなものを感じます。。。
バーズ・バージョンは、爽やかで本当に聴きやすいですよね(^^)。
このアルバム、本文にも書きましたが、
曲数を増やして再発中みたいなので、是非聴いてみてください(^^)!
波野井露楠
2009/01/22 22:12
ミスター・タンバリン・マン、ディランよりバーズを先に聴いたクチです。
このアルバム、知りませんでした。火の車や、レイ・レディ・レイなんかも、バーズは演ってるんですね。面白そう。欲しいですが、たった今、某オンライン販売にCDを大量注文したばかり。。。
substitute
URL
2009/01/24 17:01
substituteさん!
こんばんは(^^)。
これ、結構楽しめますよ〜(^^)。
バーズのことはかなり知っているつもりだったのですが、「へえ、こんなのまで!」と意外と知らない曲もあったりして(^^)。
次の御注文の際には、是非当商品も(笑)!
波野井露楠
2009/01/24 20:41
ボブ・ディランの曲をバーズがカヴァーする時は必ずと言ってよいほどロジャー・マッギンが歌います。声質が似ているんですね。
バーズの「マイ・バック・ペイジズ」のカヴァーは出色の出来だと思います。でも歌詞の内容が未だによく分かりません。

Backstreets
URL
2009/01/27 19:35
Backstreetさん!
こんばんは(^^)。
「バーズ−ディラン」という図式は、
言い換えると「マギン−ディラン」という図式ということですからね(^^)。
ディランの歌詞は詩的と言うか、難解と言うか、奥深いものがありますね(^^;)。
コメント、ありがとうございます!
波野井露楠
2009/01/27 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「バイオリズム修正中…」 ザ・バーズ/ディランを歌う  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる