波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聖なる夜を熱く!」 ジェームス・ブラウン/アイ・キャント・スタンド・マイセルフ

<<   作成日時 : 2017/12/25 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 今日はJBの命日。
 2006年のクリスマスの日にJBが亡くなった時はかなりのショックを受けました。
 あれから、もう11年なんですねえ。

 今年もあっという間に12月になってしまったし…月日が流れるのは本当に速いです。

 そんな2017年の年の瀬。
 やっぱり、今日のチョイスはJBです。

 今夜聴いているのは、JBが所謂「JBスタイル」「JBファンク」と呼ばれるファンキー・ソウルを確立した頃の名盤…1968年の「アイ・キャント・スタンド・マイセルフ」です。

 初っぱなから、いきなりの3曲連続「JBスタイル」攻撃を受け、聴く方はアルバムスタートと同時にアドレナリン全開です(^^;)。
 ホーンなしのシンプルなバックがJBのファンキーさをより際立たせている「アイ・キャント・スタンド・マイセルフ (パート1)」からの、あの名ライブ盤「ライヴ・アット・ジ・アポロ」にも収録されている名曲「ゼア・ウォズ・ア・タイム」、ギターのカッティングとメイシオ・パーカーのサックスが最高なJB節120%の「ゲット・イット・トゥゲザー (パート1)」という展開はまさにパーフェクト!
 後半(アナログ盤だとB面)に入っても、2回目の「アイ・キャント・スタンド・マイセルフ」と「ゲット・イット・トゥゲザー」の登場でアルバムを盛り上げます。

 途中、南部ソウル風の「タイム・アフター・タイム」や ブルージーなバラード「ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド」、ボビー・バードとのデュエットで聴かせる…これもバラードの「ユーヴ・ゴット・トゥ・チェンジ・ユア・マインド」などの歌モノもあり、それがまた、このアルバムに味わい深さを添えているのですが…そこにまた、「JBスタイル」のインスト・ナンバー「ザ・ソウル・オブ・J.B.」と「ファンキー・ソウル#1」がスパイスを利かせ、最終的に、本作=「JBファンク」の傑作…というイメージのアルバムになっています。(ちなみに、「ファンキー・ソウル#1」では、JBはオルガンを弾いています!)

 スタジオ盤なのに、ライヴのようなJBの采配の凄さが伝わってくる本作。
 聖なる夜を熱く盛り上げるには、うってつけの1枚です(^^)♪

 JB、フォーエヴァー! 



アイ・キャント・スタンド・マイセルフ(パート1&2)


アイ・キャント・スタンド・マイセルフ(ライヴ)
※ステージが大変なことになっていますが、まったく動じないJB!カッコいい!


ゼア・ウォズ・ア・タイム(TVショー)


ゲット・イット・トゥゲザー(ライヴ)


ユーヴ・ゴット・トゥ・チェンジ・ユア・マインド(ライヴ)


<R&B>
ジェームス・ブラウン/アイ・キャント・スタンド・マイセルフ (1968)
1. アイ・キャント・スタンド・マイセルフ (パート1)
2. ゼア・ウォズ・ア・タイム
3. ゲット・イット・トゥゲザー (パート1)
4. ベイビー、ベイビー、ベイビー、ベイビー
5. タイム・アフター・タイム
6. ザ・ソウル・オブ・J.B.
7. アイ・キャント・スタンド・マイセルフ (パート2)
8. ゲット・イット・トゥゲザー (パート2)
9. ホワイ・ディド・ユー・テイク・ユア・ラヴ
10. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド
11. ユーヴ・ゴット・トゥ・チェンジ・ユア・マインド
12. ファンキー・ソウル#1
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ファンクはスタジオ音源でも、まるで生きている様に聴こえてきますよね。
生身の音そのものですから息遣いさえ聴こえてきそうですよね。
打ち合わせされた一定のリズムの音よりも泥臭い感じでダイレクトに感じます。
tkp141
2017/12/26 22:28
2017年もいよいよ押し迫ってまいりました。今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。よいお年を!
RW
URL
2017/12/28 06:11
tkp141さん!
こんばんは(^^)。

実は若い頃は、ファンクは苦手だったんです(^^;)。
でも、HR以外も聴くようになってから
ああカッコいいなあ…って、素直に
思えたときがあって、
それからはまっています(^^)。

その場その場でJBが全体を組み立てながら演奏が進んでいく感じ、ぞくぞくします(^^)。
波野井露楠
2017/12/28 23:58
RWさん!
こんばんは(^^)。

こちらこそ、お世話になりました。
来年一発目の記事、楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします!
よいお年を(^^)。
波野井露楠
2017/12/28 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「聖なる夜を熱く!」 ジェームス・ブラウン/アイ・キャント・スタンド・マイセルフ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる