波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「岩詩人さんを思いながら…」 ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

<<   作成日時 : 2009/01/14 22:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 昨日からのジョージつながり(?笑)で、今日はジョージのソロ2作目(「バングラディシュ・コンサート」は除きます)の「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」を聴いています。

 このアルバムは、ブログ友達の岩詩人さんのお薦めで聴き始めたアルバムで、ブログを始めるまではビートルズのメンバーのソロ作品はジョンとポールばかり聴いてた私にとっては、ジョージの魅力を再発見した大切なアルバムなんです(^^)。
 いやいや…ビートルズというバンドが大好きだった私は、長いことビートルズを聴くことで満足してしまっていたんですよねえ(^^;)。だから、ジョージとリンゴには申し訳なかったのですが、二人のソロ作品にはジョンやポールほど熱心にチェックするということはしていなかったんです(^^;)。
 特に、ジョージについては「オール・シングス・マスト・パス」と「バングラディシュ・コンサート」だけで満足してしまっていましたので(汗)。

 しかし、岩詩人さんのお薦めでこれをゲットして初めて聴いた時には、「素朴な感じがいいなあ」「ジョージのスライド・ギター…カッコいいなあ」としみじみ思ったものでした。

 歌詞は、内容的に、宗教色が強いものがあったり、ビートルズ解散後の訴訟問題を歌ったものや「ジョン」「ポール」「リンゴ(リッチー)」の名前が出てきてドキリとさせられるものがあったりと、結構ヘヴィーな感じもするのですが、それをあまりヘヴィーに感じさせない曲の感じや演奏に、ジョージの人柄のよさやこのアルバムを支えているレコーディングメンバー(リンゴ、ジム・ケルトナー、ジム・ゴードン、ニッキー・ホプキンス、ジム・ホーンら)の貢献度の高さを感じることができる1枚です。

 本作は、共同プロデューサーとして予定していたフィル・スペクターがプロデュースできなくなり、結果的にジョージ自身のプロデュースになったのですが、アルバムの素朴で美しい雰囲気や佇まいを思うと、それはそれで成功だったと言えると思います。
 派手さはありませんが、落ち着いたとってもよいアルバムです。

 私のゲットしたこの通常盤には、岩詩人さんのお気に入りの「Miss O'dell」が入っておらず、それが残念なのですが、今日は一昨日見た夢(笑)や岩詩人さんのことを思い、温かい気持ちになりながらこれを聴いています(^^)。
 …随分長い間更新がありませんが、岩詩人さん、元気かなあ。。。



↑「ギヴ・ミー・ラヴ」(Live in Japan)


試聴はこちら

<ROCK>
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド (1973)
1. ギヴ・ミー・ラヴ
2. スー・ミー、スー・ユー・ブルース
3. ザ・ライト・ザット・ハズ・ライテッド・ザ・ワールド
4. ドント・レット・ミー・ウェイト・トゥー・ロング
5. フー・キャン・シー・イット
6. リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
7. ザ・ロード・ラヴス・ザ・ワン
8. ビー・ヒア・ナウ
9. トライ・サム・バイ・サム
10. ザ・デイ・ザ・ワールド・ゲッツ・ラウンド
11. ザット・イズ・オール
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
このアルバムをジョージの最高傑作と評価する方も多いですよね。私はA面1〜6曲が好きですね。
あとダークホース時代の慈愛の輝きも好きです。

ジョージは結構地味めですがいい曲残しているんですよね。
ウッドエイトのマスター
2009/01/14 23:48
こちらも大好物の音盤です。ほのぼのスワンプ・サウンドが心地いいです。
ジョージが亡くなったあとにトリビュート盤が出たのですが、このアルバムにも入っている「give me love」をキンクスのデイヴ・デイヴィスが演奏していたのを聴くことが出来まして、涙した記憶があります。二人で新しい曲を演奏する予定も本当はあったそうなのですが…
いたち野郎
URL
2009/01/15 01:28
私も時々岩詩人さんが気になります。
いい記事を書いていらしたので、復活して
もらいたいですね!

ジョージのソロはなくてバングラディシュ・コンサートしかないです。
まり
2009/01/16 22:20
ウッドエイトのマスターさん!
こんばんは(^^)!
恥ずかしながら「慈愛の輝き」は未聴なんです(汗)。
しかし、とっても評判のよいアルバムですよねえ。やっぱり、「オール・シングス・マスト・パス」と
「バングラディシュ・コンサート」だけではダメですね(^^;)。反省(^^;)。
しかし、このアルバムはいいですよねえ。じわじわと骨の髄までしみこんできます(^^)。
波野井露楠
2009/01/17 00:37
いたち野郎さん!
こんばんは(^^)!
おお!デイヴ・デイヴィスが「give me love」を!!
知りませんでした〜(汗)。
さすが、キンキー・マニアのいたち野郎さんですねえ。お詳しい!!
是非聴いてみたい1曲です!!!
波野井露楠
2009/01/17 00:39
まりさん!
こんばんは(^^)!
これは、岩詩人さんが私に教えてくれた思い出のアルバムです(^^)。
岩詩人さん、お元気でしょうかねえ。また、昔みたいにいろんな情報交換できると嬉しいですね(^^)。
それから、ジョージについては私も偉そうなことは言えなくて(^^;)。
ですが、こうやって、ブログ仲間の皆さんから私自身の音楽の幅をたくさん広げてもらっているので、本当にありがたいです(^^)。
波野井露楠
2009/01/17 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「岩詩人さんを思いながら…」 ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる