波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜中の学校で聴くベック」 ジェフ・ベック/ブロウ・バイ・ブロウ

<<   作成日時 : 2009/02/15 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

 今日は日曜日。朝からずっと仕事をしていて、家でできる仕事がやっと終わりました。これから学校に行って、家ではできない仕事をしてきます(コピー機や印刷機を使う仕事&新校舎への引っ越しの準備です。苦笑)。

 で、夜中の学校は怖いので、BGM用にこれを持って行きます!
 ジェフ・ベックの「ブロウ・バイ・ブロウ」!
 あ!
 でも、これって、発売当時の邦題が「ギター殺人者の凱旋」!?

 きゃー!こわい〜(^^;)。

 って、ふざけていると時間がなくなるので、行ってきます(笑)。

 アルバムの感想は、帰ってきて時間と心の余裕があったら書きます(笑)。ごめんなさい!では、行ってきます(^^)!
 セコムに怪しまれませんように…(笑)。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 こんばんは!
 昨夜、夜中の学校から、無事生還しました(笑)。

 「学校の怪談」ではないですが、幽霊話とかその手の噂話って、実際、結構あるんですよねえ。夕方の校舎見回りの時に「見た!!」っていう人もいるし…(@@;)。私も、教師1年目の時、放課後、誰もいないはずの階段を駆け上がっていく上履きの足音を聞いて、追いかけて行ったけど誰もいなかった…ということがありましたしね(^^;)。

 と、こう書くと、夜の学校は「かなり怖い」という感じですが、私の場合は、それほど霊感がないのか、結構平気なんです(笑)。
 それよりも、前述のセコムの警備員さんとかがいきなり、武装した格好のまま学校に入ってきて「ご苦労様です!こんな時間にお仕事ですか?」と声を掛けられる方が、ずっとビックリします(^^;)。

 昨日は、そのように驚かされることはなかったのですが、セキュリティを解除した瞬間に、そんな時間の解除を不審に思ったセコムからの電話があり、「おお!まだ、職員室の鍵を開けてないんだよ〜!電話が切れるとやっかいだから、切れないでくれよ〜!」と焦らされるということがありました(笑)。私の勤務校の職員室は南京錠で施錠してあるので、鍵を開けるのに慌てると時間がかかるのです(^^;)。万が一、電話に出られなかったりして、セコムが「怪しい!緊急事態だ!」なんて出動してきてしまうと大変ですからね(^^;)。
 でも、なんとか切れる前に電話に出ることができ、無事、仕事をしてくることができました(^^)!


 それで、せっかく持ってきたんだから…と、予告通り、この「ブロウ・バイ・ブロウ」をBGMで掛けたのですが、そこで、別のビックリしたことが起こったのです!!

 なんと!
 今まであまり好きではなかった「ブロウ・バイ・ブロウ」の曲達が、みんなカッコよく聴こえたのです!!

 あんなに、「フュージョンは苦手」とか「ベックのソロはどうも…」とか「やっぱり、歌ものが好き」なんて公言していたのに、思わずノリノリになってしまって、仕事もはかどりまくってしまったのです(^^;)。

 「あれれ〜?」という感じでした。

 昔は、「分かってくれるかい」のファンキーな感じとか、「哀しみの恋人達」の爽やかな感じとかが、本当に苦手だったのに(笑)。
 でも、それは高校生の頃の話で、大学に入った頃から、フュージョンではありませんが、ブッカー・T&ザ・MG’sとかは好んで聴くようになっていましたし、トラフィックのインプロヴィゼーションなんかも好きでしたから…いわゆる「聴かず嫌い」だったのかなあ…なんて思ってしまいました(^^;)。

 最近の「ジェフ・ベック聴きまくり」作戦が功を奏したのかも知れませんし、自分でも知らないうちに音楽の趣味の幅が広がっていたのかも知れません(^^;)。

 まあ、とにかく、今までに感じたことがないくらい、このアルバムを「カッコいい」と感じてしまったのです。

 特に、4曲目の「エアー・ブロワー」とか、そこから繋がっていく5曲目の「スキャッターブレイン」とかは、いいなあって感じました(^^)!それから、8曲目の「フリーウェイ・ジャム」も!

 まだ、「この曲のここが、こういう感じでいいんだよ!」というような詳しいことは言えないのですが、ファンキーな感じも、ジャジーな感じも、ベックの弾きまくりな感じも、全て変なこだわりなく楽しめるようになったようです(笑)。
 以前は、「ヤードバーズのジェフ・ベックはあんなにカッコいいのに、ボーカルなしじゃ、つまらないよな」なんて思ってましたから(^^;)。

 よくよく考えたら、今では、ファンクもジャズも好きですからね…。
 やっぱり、「聴かず嫌い」だったのかな(^^;)?

 とにかく、めでたいことです(笑)。2/21の公演までに間に合ってよかったです(笑)。
 これで、当日も思う存分、心から楽しめそうです!!


 ところで、ここにきて素朴な疑問が…。
 フュージョンっていったい何なんでしょう??
 とある記述に「フュージョン=ジャズ・ロック」とありました。私は、フュージョンとジャズ・ロックは別物と思っていたのですが、同じなのでしょうか。そんなカテゴリーのようなものは考えずに楽しめばいいだけの話ですが、ちょっと分からなくなってしまいました(^^;)。



試聴はこちら

<ROCK>
ジェフ・ベック/ブロウ・バイ・ブロウ (1975)
1. 分かってくれるかい
2. シーズ・ア・ウーマン
3. コンスティペイテッド・ダック
4. エアー・ブロワー
5. スキャッターブレイン
6. 哀しみの恋人達
7. セロニアス
8. フリーウェイ・ジャム
9. ダイヤモンド・ダスト
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
BLOW BY BLOW/JEFF BECK
Blow by Blow ジェフ・ベック ...続きを見る
朱音
2009/02/16 06:09
原点回帰(何度目?)、元祖「大人のロック」はジェフ・ベックのこのアルバムだ!
今夜のBGM・・・ JEFF BECK / BLOW BY BLOW ...続きを見る
音楽酒場 since 2005
2009/02/18 02:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お仕事、大変そうですね。
お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい!
肝心のジェフ・ベックは何も語れません。
(実はクラプトンもあまり語れないので、Clapton & Beckの来日について行けてません)
substitute
URL
2009/02/15 22:50
「夜中の学校」!こわい!
行く機会はないですが、肝っ玉小さいので行けませんねー(^^)
「哀しみの恋人達」って好きです♪ジェフ・ベック大好き!とかではないですが、僕も最近「ロニー・スコッツ」のCD聴いています。やっぱり、指で弾いてる音って違いますね♪
そう言えば、セコム鳴らしてしまった事、僕あるんですが(会社で)ビックリして、もう笑うしかなかったです(笑)間抜け振り、発揮しています...。
お気を付けくださいませ!
しんぼー
URL
2009/02/16 23:29
これはLPであるのですが聴けません(>_<)
B型がマニアチチックなのは百も承知ですよ!

波野井さんのそういうところは非常に魅力を感じます!!
まり
2009/02/17 07:30
substituteさん!
こんばんは!
心配していただき、ありがとうございます!
今年度から新しい学校に異動し、もうすぐ1年が経とうとしていますが、この忙しさや新しいシステムにまだ慣れずに困っています(汗)。
しかし、悩んでも仕方ないと、考え方を切り替えて頑張ることにしました(^^)。今は、3/21を糧に頑張っています!
ジェフ・ベックは、完全な初心者なので、急ピッチで聴きまくっています(笑)。
波野井露楠
2009/02/20 01:07
しんぼーさん!
こんばんは!
夜中の学校…普段は平気なのですが、たまに背筋が「ゾクッ」となる時があって、そういう時はちょっと嫌です(笑)。
ジェフ・ベックのよさ、ようやく分かってきました。そう思えるようになるまで、随分時間がかかりました(笑)。
ところで、しんぼーさんもセコム鳴らしてしまったことがあるんですか(^^)?私は、今年度の初めの方で、まだ教室で仕事をしていたのに、ロックされてしまい、職員室に降りていったら、警報に引っかかってしまったことがありました(笑)。みんな、そういうことを経験しているんですね(笑)!
あ、でも、そういう人間の方が珍しいのかな(笑)?
波野井露楠
2009/02/20 01:13
まりさん!
こんばんは!
B型は、拘るポイントが人と違う!と、よく人からからかわれますが、それも個性と前向きに捉えています(笑)。
人生で一番のジェフ・ベック三昧の毎日を送っています(笑)。
波野井露楠
2009/02/20 01:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「夜中の学校で聴くベック」 ジェフ・ベック/ブロウ・バイ・ブロウ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる