波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「線路は続く」 グランド・ファンク・レイルロード/ベスト・オブ・グランド・ファンク・レイルロード

<<   作成日時 : 2009/03/28 14:15   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 8

 前回、「4年1組ゴール」という記事を書き、子どもたちからもらったたくさんのプレゼントを紹介しましたが、今日は、それとは別のプレゼントの紹介をしたいと思います(^^)。

 それは、先月の2月に男子二人が作ってくれたSL「波野井先生+41Rの仲間」号のプレートです。
 「先生、これ何だか分かる?SLや特急は、一番前に必ずプレートが付いてるんだ!これはSLのプレートだよ!俺とS也の二人で作ったんだ!途中まで二人で作って、残りは俺が家で徹夜で仕上げたんだ(^^)!な、S也!」「うん!苦労したよなあ、A男(^^)!」
 少し照れながら、そのプレートを渡してくれたときのかわいらしい二人の顔が今でも忘れられません(^^)。

 ちょうどその頃、私の学校の近所のJR木更津駅とJR千葉みなと駅の間を、期間限定で毎日SLが走っていたんです(試運転も含めます)。二人は鉄道が大好きで、休日SLを見に行き、クラスのプレート作りを思いついたようでした(^^)。
 前回の記事でも紹介したクラスのめあて「クラスみんなで助け合い、いつもけじめとプラス思考!スマイル1番41(フォーティワン)」と私の似顔絵が描かれた、そのプレート。それだけでも嬉しいのに、どちらかと言うとマイペースで「我が道を行く」というイメージの強かったA男が、「仲間」なんて言葉を思いついてくれたということに大感激でした。


 それで、今日はそんなことを思い出しながら、機関車のイメージでグランド・ファンクの「ロコ・モーション」を聴いています(^^)。オリジナルをより元気にした感じのグランド・ファンク・バージョン!元気のいいA男とS也のイメージにぴったりです(^^)。

 選んだアルバムは、「ベスト・オブ・グランド・ファンク・レイルロード」。
 骨太アメリカン・ロック・サウンドが売りだった初期の曲と、バンド名をグランド・ファンクに改めてからの比較的ポップな曲の両方を楽しむことができます。

 コアなファンの方からは、「このアルバムでは、GFRの表面的な部分しか分からない!」と言われそうですが、私のような後追いファンには入門的で、とても親切なアルバムです(^^)。
 曲の順番も、しっかり年代順になっており、ハードからポップへというサウンドの変化もばっちり分かりますし(^^)!

 それにしても、GFRの初期のサウンドは本当に迫力がありますね。
 「ZEPの前座をしてZEPのファンをも唸らせた」とか「後楽園でのコンサートは今や伝説となっている」といったエピソードの一つ一つが納得できます(^^)!

 元気なGFR〜GFのサウンドを聴いて、益々パワーが湧いてきました!
 4年1組は終了しましたが、子どもたちの前にも私の前にも、また新しい線路が延びています。生きている限り、それぞれの前に敷かれたレールは終わりません(^^)。
 「自分のレールは自分で敷くもの」「いや、人生のレールというのは人が敷いてくれたものなんだ。そのレールの上をいかに精一杯走れるかが大切なんだ」という「人生のレール」論争は、また別の機会に譲るとして(笑)、とにかくこれからも精一杯毎日を頑張っていこうと改めて思った私です。

 ちなみに、今日紹介したクラスのプレート(今日の記事の一番下の写真を見てください)は、私の自宅の仕事部屋に飾ってあります(^^)。 



「ロコ・モーション」


「アー・ユー・レディ」


試聴はこちら

<ROCK>
グランド・ファンク・レイルロード/ベスト・オブ・グランド・ファンク・レイルロード (1996)
1. アー・ユー・レディ
2. タイム・マシーン
3. ハート・ブレイカー
4. 孤独の叫び
5. グッド・マンズ・ブラザー
6. クローサー・トゥ・ホーム
7. フィーリン・オールライト
8. ギミー・シェルター
9. フットストンピン・ミュージック
10. ロックンロール・ソウル
11. アメリカン・バンド
12. ウォーク・ライク・ア・マン
13. バッド・タイム
14. オー・ワンダフル
15. ロコ・モーション
16. シャイニン・オン
17. テイク・ミー
18. サリー
画像

↓JR東日本千葉支社「おいでよ房総 春!さきどりキャンペーン」の一環で、千葉みなと駅〜木更津駅間を走ったSL『C57-180(愛称・貴婦人)』!
画像

画像

画像

↑見てください!このマニアの数(^^;)!!
画像

↑クラスの子が作ってくれたSL「波野井先生+41Rの仲間」号のプレート。感激(><)!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランド・ファンク・レイルロード
NO.01533 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2010/09/04 07:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!SLが走っていたんですね!!
鉄道マニアでは有りませんが、SLの写真は昔一度秩父鉄道で挑戦して失敗だったので、リベンジに行けば良かった!
グランド・ファンク・レイルロードはベタでは有りますが、ハート・ブレイカーが大好きです♪
昔バンドでも演ろうとしたんですが、他のメンバーに没にされてしまいました(苦)
HIRO@世捨て人
2009/03/28 16:05
SLとグランド・ファンク!
グランド・ファンクは‘暴走列車’でしたが、こちらのSLは‘房総列車’ですね!
懐かしい映像ありがとうございます♪
「アー・ユー・レディー」のなんと荒削りな!
グランド・ファンクは私のHRの原点、青春の1ページでした。私はライヴ・アルバムを擦り切れるほど聴きました。後楽園のずぶ濡れライヴもいい思い出です。

子供達の真心のプレゼントは一生の宝物ですね
Lily
2009/03/28 20:32
波野井さん、コメントごぶさたしてます〜
最近GFRのCDをボツボツ買ってるんですよ。
最初に聴いたのが「ライヴ・アルバム」でした。メルのブリブリいうベース・ラインにシビレたものでした(^^)
どちらかというとポップなGFRよりは、荒削りではあるけれど、群を抜いてパワフルな彼らの方が好きかな。
このベスト・アルバムの選曲も曲順も馴染みやすくていいですね。
MINAGI
URL
2009/03/29 17:36
HIROさん!
おはようございます(^^)!
SLは、最近よく走るようなので、もしかしたら来年も?なんて思っています。
マニア同士の皆さんが殺気立っていて怖いですが(笑)、その時にはぜひ、お越し下さい(^^)。
「ハート・ブレイカー」はドラマチックな曲ですよねえ!それは、残念でしたね〜(^^;)!!
代わりに何を演奏したのかが気になります(^^)。
波野井露楠
2009/03/30 06:50
SLの写真いいですね、特にマニアが群がっている写真。この目線でSLを撮るのも面白いですね。来年もぜひ写真をいっぱい撮ってください。

グランドファンクレイルロード、雷雨の後楽園ライブは話題になりましたね。ライブの放映かニュースに取り上げられたのか、記憶が定かではないですが、壮絶なライブをTVで見た記憶があります。
後日、あれはテープで実際には演奏していなかった、などといわれていますが、音はともかく実際に演奏していたのは確かのようでした。あの雷雨では楽器をアンプに通すのは危険すぎますから音はテープでも仕方ないでしょうね。

ひぐらし
URL
2009/03/31 10:01
Lilyさん!
こんばんは(^^)!
「房総列車」かあ!!!!
うますぎます(>v<)!!!
ああ、そこに気がつけば、私もタイトルに使ったのに「房総列車」(^^;)!!!
私もまだまだです(^^;)。
ところで、Lilyさんは伝説の後楽園に行かれたんですね!すごい(>v<)!!
GFRは、本当にカッコいいバンドですね!リアルタイムで体験されているLilyさんが羨ましいです(^^)。
子どもたちからのプレゼントは一生大切にしたいと思います(^^)!
波野井露楠
2009/04/01 21:15
MINAGIさん!
こんばんは(^^)!
GFRのリズム隊は強力ですよね!!
メルのうねるベースも、ドン・ブリューワーのおかずの多いドラムも、ホント最高です(^^)!
でも、GFRのアルバムはそんなに持ってないので、MINAGIさんからのコメントを読んで、私ももう少しちゃんとに揃えてみたくなりました(^^;)!!
コメント、ありがとうございました(^^)!!
波野井露楠
2009/04/01 21:44
ひぐらしさん!
こんばんは(^^)!
後楽園の映像は見たことないので、是非一度見てみたいです!!
話でしか知らないので(^^;)。
豪雨の中のライヴ!
テープだったという話は初めて知りましたが、それでも凄い迫力だったのでしょうねえ!当時の興奮を私も味わってみたいです(^^)。
SLの写真は、カメラ自体も腕もへっぽこなので恥ずかしいのですが、もし来年もまた走ったら、是非再度チャレンジしたいと思います(^^)。
波野井露楠
2009/04/01 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「線路は続く」 グランド・ファンク・レイルロード/ベスト・オブ・グランド・ファンク・レイルロード 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる