波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ダブルで泣けた日(TT)」 SION/I DON’T LIKE MYSELF 

<<   作成日時 : 2009/11/06 03:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 ああ、自分は未熟者だ(><)。
 こんな自分が嫌いだ(TT)。
 今日は、ギターを壊してしまった(TT)。泣けた…。
 そして、クラスの子どもたちのかわいさにも泣けた…。
 で、結果的に、またへこむ私(><)。


 今朝の話…。
 現在インフルエンザが大流行中。そのため、毎朝、欠席の電話連絡の対応でてんてこ舞い。

 そのせいで、どうしても、朝、教室に行く時間が少し遅れてしまう。

 今朝も5分ほど遅れて教室へ。

 すると、私を見つけた音楽係の女子二名が駆け寄ってきて、「先生、男子の何人かが朝の歌をふざけてうたってくれません〜(><)」「みんなも二番に入ったら歌うのをやめちゃったので、まだ一番しか歌えてません〜(><)」と訴えてきました。

 そこで、「遅れてごめん。何で音楽係さんに協力しないんだ?しっかり歌おうよ!ほら!気を取り直して!」とギターで伴奏を始めた私。

 しかし!
 ギターを弾きながら子どもたちを見ると、中に、まだ歌わずおしゃべりをしたり、イスに座ったまま読書をしていたりしている子たちが!

 音楽係の子たちがあんなに「歌ってください」と協力を求めているのに…(怒)。

 と、カッとなった私は、「いい加減にしろ!」と、ギターを弾くのをやめ、そのままギターを教卓に縦にゴン!

 「あ!」と思った時には、時すでに遅し…。ギターのボディがバキッと(TT)。
 ちょっと力が入りすぎたとは言え、取り返しのつかないことを(><)。
 安物ではあったが、10年分の思い出のつまったギターが一瞬で使い物にならなくなってしまったのだ(TT)。

 そのまま平静を装って子どもたちに静かに、「こんな自分勝手なことでいいのか?」「音楽係さんや一所懸命歌っている人の気持ちを考えなさい」「こんな状態なら、もう朝の歌は歌わなくていい」「先生ももうギターは弾かない」と説教する私。

 でも、冷静になるにつれ、大きくなる後悔…。
 子どもに対しては毅然とした態度を取ろうとするのと裏腹に、気持ちはどんどんブルーに(><)。


 すると、次の休み時間、子どもたちが私に見つからないように何かコソコソとやり始めているのを発見。見ると、複数の男女が、木工用ボンドを手に手にギターの修理を試みているところ。
 私が「ボンドじゃ無理だよ」と言っても、「もしかしたら治るかも知れないから!」と作業を止めず…。

 で、さらに次の休み時間、職員室から戻ってきた私が教室に入ると、授業開始の気を付けをしたと同時に、学級会長の子が「先生、先生にお話があるんです。聞いてください!」と言い出し、全員が起立。そして、声を合わせて、「先生…朝ごめんなさい。明日から全員でちゃんと歌うので許してください。またギターを弾いてください!」。

 いったい、いつの間に、そんな「謝り」の相談をしてたんだ(^^;)?

 実は、後輩の「がちゃぴん先生(本人が命名)」が壊れたギターを見て、「あー!どうしたの?波野井先生、毎朝ギター弾いてみんなと歌を歌うのを楽しみにしてたのに!波野井先生、かわいそう…」と、子どもたちにさりげなく反省を促してくれてたようで(^^;)。

 子どもたちのかわいらしさと、後輩の優しさに、少し癒された私…。

 ふう(しょぼん)。
 今日は、「ギターを壊した悲しみと自分の未熟さ」「子どもたちのかわいらしさと後輩の優しさ」に、ダブルで泣けた一日だった(><)。



 で、今、聴いているのが、シオンの「I DON’T LIKE MYSELF」。
 1曲目「だからこんな俺がきらいだ」の歌詞が胸に突き刺さる(><)。


「だからこんな俺がきらいだ」

髭なんかはやして大人ぶって 世の中わかった様な口を利きやがる
偉そうに何もないくせに だからこんな俺が嫌いだ

好きで気を遣ってよけい気を遣わせて ドアを閉めたらタメ息なんかついてる
疲れてんのはお前一人じゃないんだ だからこんな俺が嫌いだ

気分のいい夜は外に出て 誰に会ってもニコニコ
いいかげんなことを喋りまくり うなだれて帰ってきやがる
わかってんのか 優しいって事は 機嫌のいいこととは違うぜ

なんでもかんでもふざけて笑って その蔭でみっともなくシクシクシク震えてる
そしてまた話は自分の事ばかり だからこんな俺が嫌いだ

気分のいい夜は外に出て 誰に会ってもニコニコ
いいかげんなことを喋りまくり うなだれて帰ってきやがる
わかってんのか 優しいって事は 機嫌のいいこととは違うぜ

気分のいい夜は外に出て 誰に会ってもニコニコ
いいかげんなことをわめきちらし うなだれて帰ってきやがる
わかってんのか 優しいって事は 機嫌のいいこととは違うぜ
 

 うーん。きつい(><)。


 でもって、「どうもありがとう」「ありがてぇ」「お前といこう」に癒され、「水の中にいるようだ」で心静かになり、「もう寝なきゃだめだろ」で泣かされる(><)。


 昨日に続いて、今夜もシオンにやられっぱなしです(^^;)。


 ああ…。
 ギターに心があったら、「何で?何で?痛いよー!」って泣いてるだろうなあ…(TT)。ごめん(><)。涙



だからこんな俺がきらいだ


ありがてぇ


水の中にいるようだ


<J−ROCK・POP>
SION/I DON’T LIKE MYSELF (1993)
1. だからこんな俺がきらいだ
2. あそこへは
3. 月が一番近づいた夜
4. しろながすくじら
5. どうもありがとう
6. ありがてぇ
7. お前といこう
8. 水の中にいるようだ
9. もう寝なきゃだめだろ
10. ガード下
11. なんとかしなきゃ
12. えらいこった
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハスキーだけど 暖かい真摯な声ですねえ、、、
先生の怒りにふれ、反省した子供たちが可愛いですね。

昔、星一徹のお悩み相談室というのがあって人気があったそうです。
お父さんが仕事が忙しくて遊んでもらえないとう悩みの男子小学生に「ばっかもん!お父さんは外で7人の敵と戦っているのだ。家にいるときぐらいしか休めないし、ゆっくりさせてあげるのが親孝行というものだ」とか手厳しいことばかり答えてました。
でも人気があるということは、怒られたいという欲求もあるのではないでしょうか?

いつも恐い先生は嫌ですけどね(笑)
まり
2009/11/08 20:28
まりさん。
おはようございます!
子どもたちは、本当にかわいいです(><)。
私の方が子どもの時があったりして(苦笑)。

かなりへこみましたが、今回のことで、クラスのまとまり、私と子どもたちの結びつきは、これまで以上に強まった気がします(^^;)。

シオンの歌に癒され、今は、毎朝、また全員で歌を歌っています(^^;)。
波野井露楠
2009/11/15 09:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ダブルで泣けた日(TT)」 SION/I DON’T LIKE MYSELF  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる