波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「軽妙な戦前ブルースで一息」 MISSISSIPPI JOHN HURT/AVALON BLUES

<<   作成日時 : 2010/01/10 16:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

 3学期が始まって、こちらも一気に仕事モード(^^)!
 と言うわけで、いつまでも気持ちよくデルタ・ブルースやシカゴ・ブルース、テキサス・ブルースなんかにはまっていると、昼間の仕事に差し障りが出てしまうので(笑)、ここらでちょっと一息を(^^;)。

 しっかり社会復帰しなくてはいけませんからね(笑)。

 という訳で、今日、リハビリを兼ねて(?笑)聴いているのは、軽妙で華麗なフィンガー・ピッキングが気持ちいい、ミシシッピ・ジョン・ハートです。
 しかも、再発見前の1928年にレコーディングされてたやつ!

 いやあ、リハビリにはもってこいです(^^;)。

 歌詞のことは置いておいて(結構、卑猥なのもありますから。笑)、実に爽やか!

 音が転がるように弦を爪弾く指裁きは見事としか言いようがありません。


 黒人よりも、ボブ・ディランら後の白人フォーク・シンガーに大きな影響を与えたジョン・ハート。(日本では、高田渡も大きな影響を受けたということです。)
 所謂ブルースというよりもフォークに近い音なので、黒くて重いコテコテのブルースはちょっと苦手という人にとっても、とても聴きやすいと思います。

 いいですよ。ミシシッピ・ジョン・ハート。
 聴いていて、心が癒されます。


 それにしても、1928年って凄いですよね。そんな時代の音をこうして聴けることにも幸せを感じてしまいます(^^)。


 ちなみに、ボブ・ディランはこのアルバムの1曲目の「Frankie」を、「Frankie & Albert」というタイトルにしてカバーしています。




Frankie


Avalon Blues


Candy Man Blues


Spike Driver Blues


Frankie & Albert - BOB DYLAN


<BLUES>
MISSISSIPPI JOHN HURT
/AVALON BLUES: THE COMPLETE 1928 OKEH RECORDINGS 
(1996)

1. Frankie
2. Nobody's Dirty Business
3. Ain't No Tellin'
4. Louis Collins
5. Avalon Blues
6. Big Leg Blues
7. Stack O' Lee
8. Candy Man Blues
9. Got the Blues (Can't Be Satisfied)
10. Blessed Be the Name
11. Praying on the Old Camp Ground
12. Blue Harvest Blues
13. Spike Driver Blues
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mississippi John Hurt / Avalon Blues: The Complete...
久しぶりにブラック・ミュージックを聴いてみようと思ったのは酔っているからではありません。3学期が始まりまして、早速、奮闘中のリンク&... ...続きを見る
ぶっとばすぜハイウェイ
2010/01/10 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
自分もまだまだ冬休みモードから抜け出せませーん(*д*;)
今日は1日洋楽付けでだららん生活してましたー(´д`;)ww
そーいえば今日は成人式やってる市がほとんどですね☆★
弟も無事??成人(^ω^)ノ♪♪
いやぁー2年前が懐かしいっすーp(゚∀゚*)q
でも…未だに大人になりきれてない自分…(=∀=)ハハハッ★☆
早く大人のれでぃーになりたぃ…(;д;)ww
ちょめ
2010/01/10 19:19
仕事も始まり、気持ちが引き締まりますよね。で、夜にはフォーク・ブルースに癒してもらうと。
音楽のある生活ってイイですね!
トラックバックさせていただきます。
北沢オーストラリア
URL
2010/01/10 23:27
Mississippi John Hurt!

僕の大好きなジャグバンド系のミュージシャンが
こぞってカバーする「My Creole Bell」。

たぶんそれがキッカケで知ったはずです。

僕が持ってる彼のアルバムも
トリビュート物。

みんなに愛される歌は
時代を超えて僕らに届きます。

届ける方も幸せならば受け取る方も幸せになれる。

音楽が好きで良かったですよね。
ホルモナー
2010/01/11 10:02
高田渡好きとしては、実にいい心地で聴けます♪
素朴にして、奥いきが深いってのが名人って感じです。

波野井さんは新年早々ブルースモードばりばりですね!
私もぼちぼち聴いてみます





まり
2010/01/12 20:41
学生の時には良く聞いてましたが、その後、聞かない時期が長くあって、ここ数年、また聞き直してる状態です。
若い時には感じられなかった良さが加わってます。
オギ
ogitetsu
URL
2010/01/13 02:44
ちょめさん!
こんばんは(^^)。
弟さん、成人おめでとうございます(^^)。
最近、ずいぶんと洋楽にはまってるみたいですね!
いい傾向です(笑)。
ところで…大人と言えば、この年になって、自分もまだまだ大人になりきれていません(@@;)。苦笑
波野井露楠
2010/01/20 19:06
北沢オーストラリアさん!
こんばんは(^^)。
拙ブログを取り上げていただき、ありがとうございました(>v<)!
ただただ恐縮です(^^;)。
しかし…音楽のある生活って、本当に大切ですよね。反対に、音楽のない生活って想像できません(^^;)。
波野井露楠
2010/01/20 19:08
ホルモナーさん!
こんばんは(^^)。
そうそう!とってもジャグバンドっぽい感じ、しますよね(^^)。
なんとも言えず癒されます。
いいものは時代を越えて未来に受け継がれますね。
その恩恵を受けることが出来ている私たちは、本当に幸せだなあ…って、心から思います(^^)!
波野井露楠
2010/01/20 21:55
まりさん!
こんばんは(^^)。
素朴にして奥行きが…って、まさにそういう感じですよね!
心地よすぎます(^^)。
いやあ…ブルースにもいろいろありますが、とにかく年末年始はブルースにはまってしまいました(笑)!
波野井露楠
2010/01/20 21:57
ogitetsuさん!
こんばんは(^^)。
確かに、私も若い頃だったら、今ほどミシシッピ・ジョン・ハートのことを心地よく思わなかったかもしれません(^^;)。
「大人になれてない」とよく言われる私ですが、それなりに年をとってきたということでしょうか(笑)。
波野井露楠
2010/01/20 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「軽妙な戦前ブルースで一息」 MISSISSIPPI JOHN HURT/AVALON BLUES 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる