波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いくじなしな?GW後半戦(汗)」 忌野清志郎&2・3’S/GOGO2・3’S

<<   作成日時 : 2011/05/03 16:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 昨日5月2日は清志郎の命日…。
 武道館では清志郎縁のミュージシャンや清志郎をリスペクトするミュージシャンたちが集まって、大いに盛り上がったらしい。
 でも、自分は行けなかった。
 と言うか、行かなかった。

 最後に「あー、待ちくたびれたぜー!」って清志郎が出てこない清志郎のイベントは、自分にとっては悲しすぎる。だって、あの時は「あー、待ちくたびれたぜー!」というようなことを言いながら清志郎が登場したんだ。
 清志郎不在の(心の中に清志郎は生きている…ってのは、今回はあえて無し)イベントは、まだ胸が苦しくなるに決まってるんだ(><)。
 だから、チケットは買わなかった。
 
 我ながらいくじがないと思うんだけど、これが自分だから仕方ない。


 いくじなしで、強がりで、嫉妬深くて、気分屋で…。
 
 シオンの歌に「だからこんな自分が嫌いだ〜」なんて歌があるけど、今、まさにそんな気分(笑)。



 あー!!


 よくわかんないけど、「バカヤロー」って大きな声で叫びたい(笑)。
 何に対して?
 
 何でしょう?(笑)

 あ!そう言えば、昔、そんな題名の映画があったなあ…なんて、思い出してみたりして。
 主題歌はRCだったよなあ…(^^)。



 で、一日遅れの、一人きりの清志郎祭り。
 (GWに一人きり!寂しー!笑)


 聴いているのは、2・3’Sの1st。

 RCの後に、清志郎が「バンド」として活動した最初のグループ(グループって言い方、なんか変ですか?笑)が、この2・3’S。

 いろんな記事や本を読むと、「清志郎以外は演奏がへたくそで、最初のうちは大変だった」みたいなことが書いてあるけど、そういうこと書いてる人たちは、ちゃんと2・3’Sのライブを生で見たことあるんでしょうか?

 私は見ましたよ〜。
 千葉でも見たし、彼女と一緒に札幌まで追いかけてってそこでも見ました(^^)。

 ドラムの大島ちゃんは、後にハイロウズとして活躍するくらいで、その時からタイトなドラムを叩いていたし…。ギターののりをさんは、自分のバンドを放ってまで参加していた訳で、当時からギターも歌もどっしりとした安定感がありました。
 それまで、RCのスタッフだったというアッキーだって、もともとはギタリスト志望だった訳で、ベース…一生懸命頑張っていました(^^)。

 RCとは別物です。比べて批判してはいけません(^^)。


 清志郎が、当時TVで「モンキーズみないなバンドにしたい」「若い連中と一緒だと、こっちまで若くなった気になる」みないなことを言っていたのを覚えています。

 その清志郎の言葉通り、2・3’Sの曲は分かりやすく楽しいものが多かったし、フレッシュ感が溢れていました。


 いい意味での青さを感じる「Let’s GO(IKOHZE)」。カントリー調なのにも関わらず、昔の清志郎のイメージを引きずっているファンに対しての皮肉をこめた、歌詞が過激な「お兄さんの歌」。タイマーズ的で刺激的な「75日(75days)」と「現場処理の男」。清志郎以外の3人のメンバーがそれぞれ歌う「芸術家」「素敵なエンドーさん」「ハッピーバースデー」も微笑ましいし。「あの娘の神様」と「インディアン・サマー」「あの娘が結婚してしまう パート2」は切ないし(><)。言わずと知れた名曲の「いつか観た映画みたいに」と「NEWSを知りたい」。今の自分の気分にぴったりな(苦笑)「いくじなし(Bye-Bye)」(最初聴いたときはチャボのことを歌っているのかと深読みしたけど、実はリンコさんのことを歌ったっていう説もあり…思わずドキッ!)。でもって、最後にアルバム全体を明るく締めくくるR&Rナンバー「ぶっちゃけた恋」!


 みんな大好きな曲です。

 当時、夢中になって聴いていたから、久しぶりに聴いてもあののんびり気楽だった大学時代のことを、昨日のことのように思い出せますねえ(^^)。


 まあ、今の自分は、「いくじなし(Bye-Bye)」の歌詞に見事にかぶるんですけどね(笑)。
 うーん。「あの娘が結婚してしまう パート2」も切ない(><)!!
 でも、結局、「ぶっちゃけた恋」を聴いて立ち直っちゃうんですけどね(笑)。


 意味のわからないことばかり書いてしまいました(^^;)。
 
 すみません(^^;)。

 あ、ブログを書いている間に、今日の夕飯を一緒に食べてくれる人が見つかりました〜!
 よかった(笑)。




 夜まで、清志郎聴きながら、仕事します。。。


 


いくじなし(Bye-Bye)


あの娘が結婚してしまう パート2


ぶっちゃけた恋〜NEWS23インタビュー


NEWSを知りたい〜筑紫哲也コメント



<J−ROCK・POP>
忌野清志郎&2・3’S/GOGO2・3’S (1992) 
1. Let’s GO(IKOHZE)
2. あの娘の神様
3. いくじなし(Bye-Bye)
4. お兄さんの歌
5. インディアン・サマー
6. 75日(75days)
7. いつか観た映画みたいに
8. 芸術家
9. あの娘が結婚してしまう パート2
10. 現場処理の男
11. 素敵なエンドーさん
12. ハッピーバースデー
13. NEWSを知りたい
14. ぶっちゃけた恋
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
清志郎トリビュート、行かなくて正解じゃないかなァ。ところで大学時代といえばコッチ!!弘前城桜祭り真っ盛り!!今日の桜写真アップしたので見てください。サイコー。i-Podに清志郎入れて聴きながら桜見ました。
ロック仙人TF
2011/05/03 17:25
こんばんは〜。早いもので、もう2年、経ちましたね。
2・3'sの1st、僕も大好きですよ。演奏云々、色々なところの記事で見ましたけど、アルバムを聴いている限り、全然OK。
ろくにギターも弾けず、音痴な中年の僕ですが、何かの間違いでバンドを作るなら、Z・3's(じいさんズ)と、名前を決めてます。
Substitute
2011/05/03 22:27
ロック仙人さん!
正解ですかね(^^;)?
まあ、自分の場合、意気地なしってことで…。
行かれた方の多くは感動して帰ってこられたみたいです。でも、自分は、やっぱり、まだダメな気がします(@@;)。
ブログ、お邪魔しましたよ〜。
桜きれいですね!
こちらは完全に葉桜です(^^;)。
波野井露楠
2011/05/04 15:37
Substituteさん!
本当に早いですね(><)。
Substituteさんも2・3’Sが好きと知り、とても嬉しいです(^^)!!
RCとはまた別の魅力を感じます。
それから、Z・3’sっていうバンド名もいいですね!
是非、結成してくださーい(^^)!!
波野井露楠
2011/05/04 15:40
早いものですね。
急に清志郎が注目される事に違和感を感じながらも、結局サマータイムブルースを貼っちゃいました(苦笑)。
2・3’Sって実は真面目(?)に聴いた事がなくて‥。
コレから聴いてみたいと思います。
oniku大好き
2011/05/04 19:21
oniku大好きさん。
おはようございます(^^)。
原発問題は、今や日本全国民の
関心事になりましたからね…(汗)。
清志郎が生きていたらどんな活動してくれていたのかなあ…なんて、つい考えてしまいます。
2・3’S、気楽な気持ちで聴いてもらえると、楽しさも倍増だと思います(^^)。
波野井露楠
2011/05/07 06:37
タイマーズ時代に強烈にFМ東京を批判している動画を見て、権力に媚びない彼の潔さを見た気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=6-6KyKUuSqY&feature=youtube_gdata_player
匿名K望
2011/05/30 23:51
匿名K望さん!
こんばんは。
清志郎のそういうところに、
やっぱり惹かれるんですよねえ…。
生き方、と言うか…
清志郎そのものがロック!!
尊敬してやみません。
波野井露楠
2011/06/02 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いくじなしな?GW後半戦(汗)」 忌野清志郎&2・3’S/GOGO2・3’S 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる