波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マニア万歳(^^)」 T.レックス/アンリリースド・トラックス 1972-1977

<<   作成日時 : 2013/03/03 19:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 本当にご無沙汰してしまいました。
 1週間以上、持病のヘルニアに悩まされ、今も腰痛(背骨痛)と闘いながらパソコンに向かっている波野井です(^^;)。
 一日の中で、歩けないくらいの激痛…というのが何回か襲ってくる状態にも関わらず、野外の集会に参加したり(なんの集会!?笑)…寒空の下、夜中の街を彷徨ったり…なんてことをしているので、全く回復の兆しが見えません(^^;)。

 でも、そんな中、6年生を送る会で子どもたちが劇「ごんぎつね」の発表を一生懸命頑張ったり、転校してしまうクラスメイトのためにみんなで涙を流しながら別れを惜しんだり…という、子どもたちの純粋な姿に癒され、心は穏やかな休日を送っています。

 仕事のことを思うと、穏やか…なんて言ってられないのですが(@@;)。



 ああ…大きな仕事の締め切りが三つ同時にやってくる3月…本当は、超超超不安(泣き笑い)。

 と言っても、なんとかするしかない訳で…ごたごた言っても始まらない訳で…。

 そんな訳なので、今日は気分を切り替えて、久々のブログアップです(^^;)。


 聴いているのは、T.レックスのレア・テイク、レア・ナンバー集「アンリリースド・トラックス 1972-1977」。
 完全な「マニア向け」の一枚(^^;)。

 別に「T.レックス道」を極めたいとか思ってないし…という人には、完全にスルーしていただいてもOKな一枚です(笑)。

 しかし!
 ラフな演奏、ラフな録音にも関わらず、なかなか味わい深い一枚!…というのも事実(^^)。

 ティラノザウルス・レックスのようなアコースティックなナンバー、テイクあり。
 「ズイング・アロイ」の興味深いアウト・テイクあり。
 完全な未発表曲もあり。

 しかも、録音年順に曲が並んでいるので、T.レックス…と言うか、マーク・ボランの裏の歴史をたどってる気分を味わえるのです!
 まさに、マニア向け(^^;)!

 …マーク・ボラン最後のスタジオ・ワークと言われている「ファイナル・カッツ」に収録されている曲も入ってますしね!!

 個人的には、まず題名でKOされちゃう、ティラノザウルス・レックスばりのアコースティック・ナンバー「ジェット・タンバリン」(ギター・ウルフが大喜びしそう!笑)、ボラン版ゴスペル・ナンバー「スカイ・チャーチ・ミュージック」、ギター弾きまくりの「プラトー・スカル」、超絶ファルセット炸裂の「ホープ・ユー・エンジョイ・ザ・ショー」、ジョン・リー・フッカー風男気ブギー・ナンバー「ファンキー・ロンドン・チャイルドフッド」なんかが、特にお気に入りです。

 でも、聴き込んでいくと、全部好きになっちゃうんですけど(^^;)。

 ワンコードでも、ぐいぐい行っちゃうマーク・ボラン!
 だけど、実は、ワンパターンだけではなく、いろいろ魅力的な曲を作っていたマーク・ボラン!

 ここに入っている曲が、みんなボツ曲だったり、ボツ・テイクだったりするんだから、すごいです。

 やっぱり、マーク・ボランは天才だ…って、改めて思ってしまいます。

 と、言いながらも、やはり本作は完全「マニア向け」なので、そうでない方は、「スライダー」や「ボーン・トゥ・ブギー」「電気の武者」辺りを聴いていただくのがよいかと思います(^^;)。


 T.レックス…本当に色褪せません(><)!!
 まさに、永遠のアイドルです!!



 ところで、マニアと言えば、実は私は恐竜マニアでありまして。
 家中に恐竜フィギアや恐竜図鑑、専門書が…(^^;)。

 前日、そんな私に、クラスの女の子が折り紙の恐竜をプレゼントしてくれたんです。

 下に写真を貼っておきましたが、超上手!!
 もう大感激で、早速仕事部屋のプリンターの横に飾ってしまいました(^^)。



「ジェット・タンバリン」
魅惑的なアコースティック・ナンバー


「ホープ・ユー・エンジョイ・ザ・ショー」
実際にライブのオープニングでも演奏されたことがあるという、ファルセット全開の「これぞT.レックス」というナンバー


「クリスマス・バップ」
ファンにはお馴染みのクリスマス・ナンバー


「ファンキー・ロンドン・チャイルドフッド」
黒く渋くなりきってないのがマーク・ボランらしい(^^;)、男気ブギー・ナンバー


<ROCK>
T.レックス/アンリリースド・トラックス 1972-1977 (1995)
1. イズ・イット・トゥルー
2. オーヴァー・ザ・フラッツ
3. ジェット・タンバリン
4. チルドレン・オブ・ザ・ワールド
5. ミスター・モーション
6. ホープ・ユー・エンジョイ・ザ・ショー
7. オール・オブ・マイ・ラヴ
8. サタデイ・ナイト
9. ダウン・ホーム・レディ
10. スカイ・チャーチ・ミュージック
11. プラトー・スカル
12. ボランズ・ジップ・ガン
13. マジカル・ムーン
14. バスト・マイ・ボール
15. サヴェイジ・ベートーヴェン
16. リーリン&ロッキン&バッピン&ボラン
17. クリスマス・バップ
18. ファンキー・ロンドン・チャイルドフッド
19. ラヴ・ドランク
20. フォクシー・ボーイ
21. 20センチュリー・ベイビー
22. シング・ミー・ア・ソング
23. エンドレス・スリープ
24. メッシング・ウィズ・ザ・ミスティック
画像

画像

↑クラスの子が折ってくれた恐竜たち!ありがとう(>v<)!



軌跡~ベスト・オブ・T・REX
インペリアルレコード
T.レックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 軌跡~ベスト・オブ・T・REX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振りです!腰痛は大変ですね。立ってても寝てても座ってもじっとしてる事出来ませんものね。無理なさらないように。

T.レックスは本当に色褪せないですね。貼り付けられている「軌跡」は持っているのですが(ジャケットも特典の写真もカッコイイ!)このアルバムの存在を知りませんでした。

去年、とある展示場の一画で恐竜展をやっていて、「何故に今、この場所で恐竜?」と不思議でした(笑)
lemoned
2013/03/04 01:03
lemonedさん!
お久しぶりです(^^)♪

T.レックス、本当にいいですよねえ。
キッス、ハノイ、ストーンズと同じくらい好きです(^^)。

軌跡の写真と同じポスターを部屋に飾っています(^o^)!
痺れます。

腰、ちょっと困っています(^^;)。

また、これからもよろしくお願いします(^^)!
波野井露楠
2013/03/06 01:05
先生こんにちは!腰、つらいですね…(>_<)
床に落ちたものは子どもたちに拾わせて下さいね(^^;)

Tレックス、よく聴くのは「スライダー」くらいでマニアからは程遠いですが、マーク・ボランの声を聴くといつも年甲斐もなく胸がキューンとします♪

マニアといえば我が家は折り紙マニアかも(^^;)
恐竜以外にも、魚竜や三葉虫の折り紙もあります♪
ちか
2013/03/09 16:39
ちかさん!
いつも、ありがとうございます!!
子どもたち、すごくいたわってくれるので
ありがたいです(^^;)。

マーク・ボランは、私は後追いファンなのですが、
それでもやっぱり永遠のスターだなあ…って
思ってしまいます。
男でも胸キュンです(^^;)。

折り紙、本当にすごいです。
天才です!!
三葉虫、見てみたいです(^^)!!
波野井露楠
2013/03/11 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
「マニア万歳(^^)」 T.レックス/アンリリースド・トラックス 1972-1977 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる