波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポールに感謝!〜東京ドーム行ってきました!〜」 ポール・マッカートニー/NEW

<<   作成日時 : 2013/11/24 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 毎度のことながら、旬の時期を逃したブログになっていますが(苦笑)、先日11月18日(月)、ポール・マッカトニー来日公演に行ってきました!
 東京初日、東京ドーム。
 アリーナ、Bブロック(>v<)!

 今まで、「俺はジョン派」とカッコつけて、ポールのライヴには足を運んだことがなかった私ですが、さすがに今回は「何がなんでも行かねば」という気持ちになり、勇んで行ってまいりました。

 その日は、1時間年休。
 「イギリスから古い友人が来ていて…」というバレバレの嘘にも、みんな笑って「行ってらっしゃい(^^)」と温かく送り出してくれ、「職場の皆さん、ありがとう!」という気持ちで、アクアラインを渡ったのでした。

 事故渋滞に巻き込まれ、ひやひやしましたが、何とか開演前に到着。
 ものすごい人の数に圧倒され、グッズコーナーに並ぶことは諦め、急いで会場内へ。
 ドームの中でパンフレットだけ買って、いざアリーナ席へ!

 ステージ両脇には巨大モニターが設置され、客席は既に熱気むんむん!

 自分たちの席の後ろには、渡辺謙と南果歩のご夫妻、竹中直人とそのお仲間達(ドラマ「あまちゃん」の栗原ちゃん役の女優さんも一緒でした)、前の方には内田裕也がいて、そのことでも周りはみんな大盛り上がり(^^;)。
 人だかりができて、写メを撮りまくっていました(汗)。
 そんな私も、隣の席の人が「すみません。写真いいですか?」とちゃんと断った上で撮らせてもらってきた竹中直人のカメラ目線写メをいただいちゃいましたが。見ず知らずの人なのに、「わあ、いいですねえ、その写真。もらえますか?」なんて話しかけて(笑)。

 そうこうしている内に、ポールとメンバーたちがステージに現れ、ライヴスタート!!

 ああいうのを、興奮のるつぼというのだなと思わずにはいられないほどの観客達の熱狂ぶり。
 もちろん私たちも!


 1曲目は予想通りの「エイト・デイズ・ア・ウィーク」!
 予想通りとは言え、やっぱりビートルズ・ナンバーには心が震えました。

 それで、2曲目はニュー・アルバムからの「セイヴ・アス」で、「あ、もうビートルズナンバーは終わりなんだ」と思ってたら、3曲目に「オール・マイ・ラヴィング」!
 一緒に歌いながら、思わず目がうるうる(^^;)。

 その後は、ウィングスやソロ、ビートルズの曲を…超豪華なベスト選曲で次々と演奏してくれて、気づいたらラストの「ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザ・ウェイト〜ジ・エンド」になっていたという感じでした!!

 途中、「今の曲はジミ・ヘドリックスに捧げました」と「フォクシィ・レディ」を演奏したり、今の奥さんの「ナンシーのために」と「マイ・ヴァレンタイン」を歌ったり、リンダやジョン、ジョージのためにと、それぞれ曲を披露してくれたりと…ポールの粋な(?)演出に、思わずそこでも、うるっ(^^;)。
 特に、「リンダのために」と「Maybe I'm Amazed」が歌われたときには、バックスクリーンにリンダが写したポールと子どもたちのあの写真が大きく映し出され、もう本当に感動的でした。歌い終わって、「さっきの子は、今はもう4人も子どもがいるんだよ」と言うポールの顔がすごく穏やかだったのにもグッときてしまいました。
 それから、ジョンに捧げた「ヒア・トゥデイ」、ジョージに捧げた「サムシング」も本当によかった(><)。
 「サムシング」をウクレレで始めたときは「あれ?」と思いましたが、途中からバンドが加わり、超感動的な演奏に!まったく憎い演出でした(^^;)。
 ポールの「ジョンに拍手を!」「ジョージに拍手を!」という日本語のMCに、会場が割れんばかりの拍手で包まれたのは言うまでもありません。

 「エイト・デイズ・ア・ウィーク」を始め、「オール・トゥゲザー・ナウ(アルバム「イエロー・サブマリン」から!)」「ラヴリー・リタ」「ミスター・カイト」など、ビートルズ時代もその後もビートルズのメンバーは誰もライヴで演奏したことがなかったという曲も演奏してくれ…、その他も「これが聴きたい!」と思う曲はほとんど演奏してくれ…。
 本当に感激のライヴでした。

 「NEW」などの最新アルバムの曲もよかったです。

 「ジョンがいないのが寂しいな」と「レット・イット・ビー」と「ヘイ・ジュード」のとき、一緒に歌いながら…感動しながら…でも、思わずそう感じてしまったのも事実ですが、それでも、本当に最高の約3時間、37曲でした!

 71才のポール!
 こんな若々しい71才っていないです。(全曲、オリジナル・キーで歌ってたし!)

 「ポール、ありがとう!!」と心から言いたいです(><)。


 それにしても、「007死ぬのは奴らだ」の火柱も、もちろん私は初体験でしたが、まるでキッスのステージのような迫力でした!(火の量は、キッス以上だったかも(^^;)!?)

 それから、ステージ両脇の巨大スクリーンにポールのMCの日本語訳が出たのにも驚きました(^^;)。(ポールが一言「サンキュー」と言うと、「ありがとう」と出るのには思わず笑いましたが(^^;)。)



 それで、今は、そんなポールへの感謝の気持ちを込めながら、ポールの最新作「NEW」を聴いています。

 どれも、よい曲ばかりですが、自分としてはやっぱり、「まるでビートルズ!」な感じのアルバム・タイトル曲「NEW」が一番いいですね。
 ポールの弾くハープシコードも胸がきゅんときます。

 それから、その6曲目の「NEW」になるまでの、3曲目「オン・マイ・ウェイ・トゥ・ワーク」からの流れも好きです。
 後半の曲達も聴き応えがありますが、私は、この前半の4曲の繋がりがすごく気に入ってます。

 自分にとっては、ポールのステージ初体験をこれからも思い出させてくれるだろう、本作!
 ずっと、大切に聴いていこうと思います(^^)。

 「NEW」、本当にいいですよ(^^)♪
 


NEW



Live And Let Die(007死ぬのは奴らだ)
東京ドームでは、こんなに花火を打ち上げられない代わりに、火柱がボンボン立っていました!



<2013.11.18 mon>
at 東京ドーム
【セット・リスト】

1.Eight Days A Week(1965 The Beatles『Beatles for sale』収録)
2.Save us(2013 Paul McCartney『New』収録)
3.All My Loving(1963 The Beatles『With the Beatles』収録)
4.Listen To What The Man Said(1975 Paul McCartney & Wings『Venus And Mars』収録)
5.Let Me Roll It/Foxy Lady (instrumental)(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録/1967 The Jimi Hendrix Experience『Are You Experienced』収録)
6.Paperback Writer(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
7.My Valentine(2012 Paul McCartney『Kisses on the Bottom』収録)
8.1985(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録)
9.The Long And Winding Road(1970 The Beatles『Let It Be』収録)
10.Maybe I'm Amazed(1970 Paul McCartney『McCartney』収録)
11.I've Just Seen A Face(1965 The Beatles『Help!』収録)
12.We Can Work It Out(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
13.Another Day(2012 Paul McCartney『RAM[Limited Edition]』収録)
14.And I Love Her(1964 The Beatles『A Hard Day's Night』収録)
15.Blackbird(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
16.Here Today(1982 Paul McCartney『Tug of War』収録)
17.NEW(2013 Paul McCartney『New』収録)
18.Queenie Eye(2013 Paul McCartney『New』収録)
19.Lady Madonna(1973 The Beatles『The Beatles / 1967-1970』収録)
20.All Together Now(1969 The Beatles『Yellow Submarine』収録)
21.Lovely Rita(1967 The Beatles『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録)
22.Everybody Out There(2013 Paul McCartney『New』収録)
23.Eleanor Rigby(1969 The Beatles『Yellow Submarine』収録)
24.Being for the Benefit of Mr. Kite!(1967 The Beatles『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録)
25.Something(1969 The Beatles『Abbey Road』収録)
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
27.Band on the Run(1973 Paul McCartney & Wings『Band on the Run』収録)
28.Back in the U.S.S.R.(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
29.Let It Be(1970 The Beatles『Let It Be』収録)
30.Live And Let Die(1973 『Live and Let Die』収録)
31.Hey Jude(1973 The Beatles『The Beatles / 1967-1970』収録)

アンコール:
32.Day Tripper(1966 The Beatles『A Collection Of Beatles Oldies』収録)
33.Hi, Hi, Hi(2013 Paul McCartney & Wings『Wings Over America』収録)
34.Get back(1970 The Beatles『Let It Be』収録)

アンコール2回目:
35.Yesterday(1965 The Beatles『Help!』収録)
36.Helter Skelter(1968 The Beatles『The Beatles』収録)
37.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End(1969 The Beatles『Abbey Road』収録)



<ROCK>
ポール・マッカートニー/NEW (2013)
1. セイヴ・アス
2. アリゲイター
3. オン・マイ・ウェイ・トゥ・ワーク
4. クイーニー・アイ
5. アーリー・デイズ
6. NEW
7. アプリシエイト
8. エヴリバディ・アウト・ゼアー
9. ホザンナ
10. アイ・キャン・ベット
11. ルッキング・アット・ハー
12. ロード
13. ターンド・アウト (ボーナス・トラック)
14. ゲット・ミー・アウト・オブ・ヒア (ボーナス・トラック)
15. ストラグル (日本盤ボーナス・トラック)
16. スケアド(シークレット・トラック)
画像



※なんと、「カメラ、ビデオは不可。スマホはフラッシュ不可」!
 という訳で、私もパシャリ。
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
力の入ってる記事でなんと言えばいいか。とにかくポールライブ楽しんできたんですね
映像やCDでよくポールのライブはいつも最高!という印象を持っています。ポールよりジョン派僕もそうでしたが何十年キャリアのある人間と若くして死んでしまった人間を比較するのもという指摘があり、それもそうかな、と思いました。

竹中直人さん大好きですよ〜
もうちょっとゆっくり待ってコメントすれば良かったかな〜
耕作
2013/11/25 11:57
いやー、よかったですね〜。 当日の興奮がとてもよく伝わってきます。

ボクもポール派ではないので、というか金銭的に行かれませんでしたが、会社の名古屋の女性が月火と有休をとって同じステージを見に行っていました。
彼女はグッズを買うために1時間半並だのですがTシャツは買えなかったと悔しがっていました。

それにしても恐るべき老人(失礼)ですね。 これからもますます元気で活躍して欲しいです。


 
ひぐらし
2013/11/25 16:48
リンク貼らせていただきました。これからもよろしくhttp://ameblo.jp/pp6t60s/
kousaku
2013/11/28 10:55
ポールのライブ、良かったですよね。
めちゃくちゃ良い時間過ごせたなぁ、って感じで
観ている時はもちろん、
見終わった後もしばし幸福な余韻に浸っていました。
新作も良いですよね。
我が家ではまだしばらくポール祭が続きそうです。
Okada
2013/11/28 12:45
波野井露楠先生様

いやー、随分とご無沙汰致しております。もしかしたらお忘れになったかもしれませんね、僕を(笑)。

記事はずっと読んでましたよ。
実はKISSのライブを観に行ったと言う記事がございましたが、実はその時に、次はPaul McCartneyは行かないのですか?と、コメを送る予定でいたのですが、それっきりになってしまいました。

そうですか・・やはりご覧になられましたか。素晴らしいことです。

今年はKISSとPaulのライブに行き、なかなか良い年でしたね。羨ましいですよ。僕は地方住まいですし、なかなか・・(泣)。

「NEW」は最高の出来でしたよね。
ただ欲をいうと、Paulお得意のバラードが無かったのが残念かな。
そうそう、BEATLESの「BBC LIVE Vol.2」も良かったですよ。

Paulの次の来日は実現するんでしょうか・・実現すれば彼は何歳になってますかね(汗)。

あ、Paulの画像は本当に綺麗に写ってましたね。スゴいです!

何はともあれ波野井先生は、果報者だなぁ〜。

便所スリッパ
2013/12/01 20:48
耕作さん!
コメント、ありがとうございます!

耕作さんもジョン派でしたか!
でも、おっしゃる通り、そもそも比較の対象ではないんですよね。
好みの違いはあるにしても。

とにかく、ポール!
生きていてくれてるだけでもありがとう!なのに、素晴らしいステージを見せてくれて本当に感謝です!

竹中直人、渡辺謙よりもオーラが出てました!
波野井露楠
2013/12/02 13:08
ひぐらしさん!
コメント、ありがとうございます!

グッズ売り場の行列は半端じゃなかったです!
早々に諦めて、パンフレットのみにしました(^^;)。

しかし、ほんとに恐るべき老人でした!
だった、老人に見えないのですから(^^;)!

また来日してくれるかわかりませんが、
金銭的にも時間的にも無理して行って
よかったです(^^;)。
波野井露楠
2013/12/02 13:11
kousakuさん!
どもどもです(^^)。

また、たくさん遊びに行かせてくださいね。
リンク、PCじゃないと表示されないのですが、私の方でもリンク貼らせていただきますね。

これからもよろしくです。
波野井露楠
2013/12/02 13:13
Okadaさん!
大阪もよかったみたいですねえ!

ほんと、幸せな時間でした!

これからは、今までよりも素直な気持ちで
じっくりポールの作品に向き合ってみたいと
思います(^^)。
波野井露楠
2013/12/02 13:15
便所スリッパさん!
お久しぶりです!

忘れてなんかいませんよー(^^)!
いつも読んでくださっているんですね。
こんな、超不定期更新で、独りよがりのブログなのに本当にありがとうございます(><)!

ポールもキッスも最高でした。

ひさしぶりにライブに脚を運んでいます。
できれば月1のペースで行けないかなあと
画策しています。
12ヶ月連続で行けたことってないんです。
欲張りですけどね(^^;)。

ポール、また来てくれるといいですが、
70を超えてますからね…(汗)。

BBCのボリューム2はまだ買ってないので、今度ゲットしたいなあと思っています!

コメント、ありがとうございます!
嬉しいです(^^)。
波野井露楠
2013/12/02 13:20
こんばんは(^-^)

ご無沙汰していますm(__)m

コメントしようと思っていましたが、こんな時期になってしまいました。

私も実は20年?ぶりにポールマッカートニーのコンサートに行く事ができました。これを逃したら…という気持ちが強かったので…。

本当にコンサートに行けて幸せでした。こんなに感動したの初めてです。

歌って踊って泣いた1日でした。自分でも体力もつのかしらと心配でしたが、まだまだいけるじゃんと、うれしかったりして…。

コンサートの後は充実感でいっぱいで、これ以上の幸せはないのではと思ってしまう状態でした。


ただ、パンフレット買えなかった事が残念です。


また来ます…という言葉を支えに頑張ります(^-^)
のだめえみ
2013/12/30 21:32
のだめえみさん!
あけましておめでとうございます。

コメントありがとうございます(>v<)!
ポール、行ったんですね!
その感動、とてもよくわかります。
自分も泣きそうになりましたもん(^^;)。

また来てくれることを
信じたいですね!

ポール、本当に元気で
本当に最高でした!!

今年もよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2014/01/04 00:33
波野井露楠様

こんにちは。
いやいや、ビックリしましたよ!!
Paul McCartneyの再来日公演が決まったんですよね!

今のところは5月17、18日に東京国立競技場、24日に大阪長居陸上競技場で野外ライブとなってます。
追加公演もあり得るかもしれないですね。
しかしまさか半年後に再来日が実現するとは、超驚きですよね!
今回の日本公演は、「NEW」からのナンバーがメインになるだろうと、ネットでは噂になってます。

再来日に関してはPaulの熱望によってだとか・・奥様も日本は気に入られたみたいですしね。
5月だと東京両国国技館で大相撲夏場所を開催してますし、Paulはまた観に行くのでしょうか…。

さぁ、波野井露楠さんは、もう準備着々ですか?(笑)

便所スリッパ
2014/03/28 12:06
便所スリッパさん!

こんばんは。
本当に、まさかの再来日で
びっくりですね(^^;)。

今回は、チケットとってないんです(汗)。
便所スリッパさんはどうされますか?

後輩が行きたがっているのですが、
どうなることか(^^;)。

まさか、リンゴも一緒になんてことはないですよねえ…。
もしそうだったら、迷わず行くのですが(>v<)!
波野井露楠
2014/04/10 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポールに感謝!〜東京ドーム行ってきました!〜」 ポール・マッカートニー/NEW 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる