波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「かつては聴かず嫌いだった盤でボビー追悼」 ザ・ローリング・ストーンズ/エモーショナル・レスキュー

<<   作成日時 : 2014/12/07 15:17   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 ブログ友だちのラモ兄貴のアップした記事を見て驚きました!!
 自分の知らないうちに、ボビー・キーズとイアン・マクレガンが他界してたのです(><)。

 なんということでしょう(TT)。

 高倉健、菅原文太の相次ぐ訃報にも驚きましたが、ストーンズもフェイシズも大好きな私にとっては、今回の訃報は本当にショック(TT)。
 特に、ボビーについては、今年の2月のストーンズの来日公演で元気な姿を目にしていただけに…絶句。

 これから、ストーンズのサックス・パートは誰が支えていくというのでしょう(TT)。


 なんだが、完全に訃報ブログみたいになってしまっていますが、やっぱりボビーを追悼しない訳にはいきません…(TT)。

 ということで、今日はストーンズの隠れた(?)名盤「エモーショナル・レスキュー」を聴いています。


 これは、自分にとっては究極の「聴かず嫌い」アルバムだった盤のうちの1枚で…(^^;)。
 ミックのタイトル曲のファルセットにどうしても馴染めなく、ジャケットもちょっと気味が悪く…そんなこんなで、若い頃はかなりの長い間、敬遠していた1枚(^^;)。

 でも、ある時(20年以上前ですが)、じっくり聴いてみたところ…。

 あれ?1曲目の「ダンス(パート1)」も「エモーショナル・レスキュー」もファンキーで結構いいじゃん!
 レゲエ調の「センド・イット・トゥ・ミー」も好きかも…。
 もちろん、「サマー・ロマンス」や「レット・ミー・ゴー」「ボーイズ・ゴー」などのR&Rナンバーは最高!

 …ということに、改めて気づいたのです(汗)。


 高校生の頃は、「サマー・ロマンス」「レット・ミー・ゴー」「ボーイズ・ゴー」の3曲以外はちょっと…なんてことを本気で思ってましたからね(^^;)。
 激渋ブルースナンバーの「孤独の中に」はおろか、キースの歌う名バラード「オール・アバウト・ユー」ですらスルーでしたから(^^;)!大汗


 で、こうやって、また久しぶりに引っ張り出してきた「エモーショナル・レスキュー」は、当時の自分に説教したいくらいカッコいいアルバムでした。

 諸説あるようですが、ストーンズはこのアルバムのために「75曲も録音し、最終的に10曲に絞った」ということですし、ここに収められている曲達がよくないわけないんですよね。基本的に(^^;)!


 今日は、ボビー・キーズ追悼ということでボビーのサックスに耳がいってしまいますが、特に「オール・アバウト・ユー」が胸にしみます。

 キースとボビーは誕生日が一緒で、二人は仲がとってもよかったというのは有名な話。
 キースの胸のうちを思うと、本当に切なくなります。


 たった1枚では、ボビーを追悼しきれるわけがないことはわかっていますが、今日はもうしばらくこのアルバムを繰り返し聴きたいと思います。


 ボビー、安らかに…。


オール・アバウト・ユー(1997 LIVE)


<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/エモーショナル・レスキュー (1980)
1. ダンス(パート1)
2. サマー・ロマンス
3. センド・イット・トゥ・ミー
4. レット・ミー・ゴー
5. 悲しきインディアン・ガール
6. ボーイズ・ゴー
7. 孤独の中に
8. エモーショナル・レスキュー
9. 氷のように
10. オール・アバウト・ユー
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井さん、お久しぶりです!
すっかりとご無沙汰してましたm(__)m

ボビー・キーズとイアン・マクレガンの訃報、Twitterでも割と早い段階で流れてて、凄くビックリしました!
ボビーは特に、今年のストーンズの来日公演は行けなかったので残念でなりません。

今年は本当にビックリするような訃報が多すぎますよね。
時代が変っていってしまってるって感じです。
何だか淋しいですね…。
HIRO
2014/12/07 19:03
私はストーンズは「ダーティワーク」と「ブリッジズトゥバビロン」を少年時代に聴いて全盛期と比べて今一と感じました。ナノデ他作も聴いてません。「シャインアライト」が良かったのも新曲をやらないところ勿論演奏の素晴らしさもありますが、だったりして

ボビー確かキースと同じ誕生日でしたよね。後もう少しで71歳になりところでした。惜しい。。。
耕作
2014/12/07 20:41
いやぁ遅ればせながら本日知りました・・
名演と言われるプレイをした人が亡くなっていくのは、寂しいです。僕は今日、ブラウン・シュガーをがっつり聴きましたヨ
ところで、このエモーショナル・レスキューは個人的に一番のアルバムです。理屈抜きで大好きです!!
ezee
2014/12/07 23:00
HIROさん!

復活、待ってました(>v<)!
二人の訃報は、そんなに早く流れてたんですね。
まったく知らなかったので驚きました(@@)。

寂しいニュースが続いて、本当に
肩が落ちちゃいます。。。

コメント、ありがとうござういます!
波野井露楠
2014/12/21 22:03
耕作さん!

確かに、60年代、70年代のストーンズは最強って感じですからね!!
自分も、古いアルバムの方が断然聴く機会が多いです(^^;)。

しかし…ボビーの訃報。
本当に残念です(><)。
波野井露楠
2014/12/21 22:09
ezeeさん!

本当に寂しいですね(TT)。

ブラウン・シュガー…名演(><)!
ボビーのサックスが聴けないかと思うと、残念でなりません。

「エモーショナル・レスキュー」が1番だなんて、やっぱりezeeさんは通だなあ!!
波野井露楠
2014/12/21 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「かつては聴かず嫌いだった盤でボビー追悼」 ザ・ローリング・ストーンズ/エモーショナル・レスキュー 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる