波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ソデフォルニアから愛をこめてD」 ジョージ・ベンソン/ホワイト・ラビット

<<   作成日時 : 2018/01/29 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 本日、今年度5回目の他校での校内研修講師を終え(今年度はこれでおしまい(>v<)!)、ほっと一息ついている波野井です。
 今週また関東で雪!?というような予報も出ていますが、今夜はそういうことは一切考えずにリラックスしたいと思います(^^;)。

 そんな、久しぶりにまったりできそうな今日…聴いているのは、前回のウェス・モンゴメリーからの繋がりで、イージー・リスニング・ジャズの名ギタリスト、ジョージ・ベンソンのアルバム「ホワイト・ラビット」です♪
 前回のウェスの「夢のカリフォルニア」も、今日紹介するジョージ・ベンソンの「ホワイト・ラビット」も、どちらもプロデューサーがクリード・テイラーで、アレンジャーがドン・セベスキーなんです。ピアノも、またまたハービー・ハンコックですし!

 という訳で、「ソデフォルニアから愛をこめて」の第5弾はジョージ・ベンソン(^^)。

 ウェスの後継者と評されることの多いジョージ・ベンソンですが、ウェスに負けず劣らず魅力的なギターを聴かせてくれます。
 オクターブ奏法はもちろん…なんと言ったらよいのでしょう。クリアでなめらかな音は、まるで歌っているような感じ。水が流れていくようなウルトラスムースな指使いに、思わずうっとりしてしまいます。

 スパニッシュで情熱的なアレンジの「夢のカリフォルニア」は、個人的にはウェスのバージョンよりも好きかも知れません(^^;)!
 原曲の怪しい雰囲気をうまく生かしたナイスなアレンジの、ジェファーソン・エアプレインのアルバム・タイトル曲「ホワイト・ラビット」もそうなのですが、曲が進むに従って徐々に演奏に熱が帯びてきて、最後はホーン・セクションも全開で一気に盛り上がる!という曲構成なんて、ホントしびれます(>v<)!

 曲によっては途中でハミングや民族音楽的なボーカルが入ってくる独特な展開も楽しいですし、全編でジャジーなグルーヴを生み出すロン・カーターのベースと、スネアとハイハットを細かく刻むリズムが心地よいビリー・コブハムのドラムも最高!
 聴いているうちに思わず体が勝手に動き出してしまう傑作です♪
 
 未聴の方は、この機会に是非(>v<)!


※今日のソデフォルニア画像は、「ソデフォルニアから望む東京湾 〜夕陽&観覧車&富士山〜」です(^^)。 



夢のカリフォルニア


ホワイト・ラビット(コピー) グレイト!バックの音は小さめですが…。


リトル・トレイン


<JAZZ>
ジョージ・ベンソン/ホワイト・ラビット (1972)
1. ホワイト・ラビット
2. おもいでの夏
3. リトル・トレイン
4. 夢のカリフォルニア
5. エル・マール
画像



<ソデフォルニアから望む東京湾 〜夕陽&観覧車&富士山〜>
画像




ホワイト・ラビット
キングレコード
ジョージ・ベンソン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホワイト・ラビット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョージベンソン!そいうえばこの大物を取り上げたことがなかった!そろそろ執筆候補にあげなきゃ!閃きヒントありがとうございます!
ローリングウエスト
URL
2018/01/30 07:30
ローリングウェストさん!

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
自分はジャズ初心者ですが、RWさんは
ジャズにも通じていらっしゃるのですねえ!
音楽記事、楽しみにしています(^^)!
波野井露楠
2018/02/03 19:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ソデフォルニアから愛をこめてD」 ジョージ・ベンソン/ホワイト・ラビット 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる